マスク

On 2009/5/21 木曜日, in 未分類, by bodyhacker

〆切りのある仕事は土曜日には終わる見込みとなりました。

これが終われば論文の作業再開できます。

R0011991.JPG
マスクが足りないのだそうです。病院にあるマスクの自動販売機でも数日前からマスクが売り切れています。
 確かにテレビであれだけ煽ればマスクをしないと感染必至と考える人もいるのもうなずけます。効果を疑問視する論調もありますがマスクの装着が感染に対して不利だと言う研究結果もないのであれば個人的な判断の範疇かも知れません。季節性のインフルエンザと対して変わらないから過剰に反応する必要はないのだという意見もありますが、そうはいっても普通の市民は少しでも感染の機会を減らしたいというのも人情だろうと思います。休校期間がすこし位伸びても中学生、高校生の人生にとってはほとんど影響の無いような長さだと思います。
 どこでも同じようなことが起こりますFlu Closings Failing to Keep Schoolchildren at Home

とにかくインフルエンザは感染症なのですから個人のレベルでできる感染予防はしたほうがよいに決まっているとぼくは思います。といってもぼくは普段出歩くわけでもなく徒歩3分くらいの距離で病院とアパートを往復しているだけだし登院すればすこし陽圧がかかりマスクとキャップを皆がつけて外部の人は勝手に入れない奥の院にいるだけなので何も感染予防はしていませんけど。
とにかく、この時期に、神戸市にわざわざ数千人の麻酔科医を集めて学会を開かなかった学会の指導者をぼくは支持しています。学会が予定通りに開かれていたらぼくは〆切りに押しつぶされていましたから。

 Region-specific adaptations in determinants of rat skeletal muscle oxygenation to chronic hypoxiaAm J Physiol Heart Circ Physiol (May 8, 2009). doi:10.1152/ajpheart.00272.2009
少し怪しい感じもしますが興味深い論文です

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License