20180618の地震

On 2018/6/18 月曜日, in news, 関西医科大学, by bodyhacker

今日(2018/06/18)8時前大阪北部で結構な大きさの地震がありました。

ぼくは研究室でパソコンの前に座っていたのですが「ガツン」という衝撃を感じました。

研究室の机の上のモニターなどが揺れて「おおー」という感じになりました。

研究室の本棚なの本が20冊くらい床に落ちていましたがそれ以外は本棚も自立していました。

 

重要なMacとかは全て頑丈なテーブルの下に移動したりの作業をしました。

リュックに重要な物件を詰めて廊下に出て研究室の測定器具などを巡回してみましたが台から落下しているという物はありませんでした。

院生くん二人も駆けつけてくれてました。ぼくが本棚の下敷きになっているかもということで見に来てくれたようです。

 

 

病院に行ってみようと廊下に出てる掃除のおばちゃんがいたので情報を交換したのですがエレベータの中で地震にあったらしく相当ビビっていました。 かなりの部屋で本棚などが倒れたようでした。

病院はなんてこと無い感じでしたが断水が生じているということでした。

とりあえずは予定手術は中止となっています。

 

その後院生さんからPHSから連絡があって今やりとりしている論文の件で相談に来たりして今に至ると言う感じです。 腹が減ったのでどん兵衛食べました。

京阪は止まっているし歩いて帰るとしても高槻を通る事になるので交通機関が復旧するまで研究室に留まる事にしました。

食料も十分あるので数日泊まることもできます。

 

池田の自宅も本棚から本が飛び出たくらいで電気・水道・ガスは問題なく供給されているようです。

 

現在は本棚から距離を置いて自分の部屋にいます。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License