某年中行事に片をつけたあとは学会にも行かず手術室(麻酔)と研究室(今月は実験を諦めて論文執筆)を行き来だけしていました。 これが一番効率が良いわけです。

とはいえ、学内では結構いろんな活動をしていてかなりの時間話したりする機会が複数回ありました。

今後も基本的には内向きの活動を続けていこうと思っています。


本「フランシス・クリック: 遺伝暗号を発見した男」

少し前にMatt Ridley によるフランシス・クリック博士の評伝”Francis Crick: Discoverer of the Genetic Code“の邦訳「フランシス・クリック: 遺伝暗号を発見した男」が出版され新聞各紙で書評が出ていました。英語版は2006年に出版されていました。ぼくはKindle版が出た時点で英語で読みました。ちなみにクリック博士は2004年に死去しています。

クリック博士というとDNAの二重らせんモデルの提唱が有名ですが彼がなした最大の業績は遺伝子暗号の解読だとぼくは思っています。

そこら辺の記述に大きくスペースを割いた興味深い評伝だと思います。

日本経済新聞には 長谷川 英祐さんの書評が掲載されていました。

科学とは、仮説の提示とその検証によって進む。そこでは、まだ誰も気づいていない事実を見通し、的確な仮説を見いだす能力が必須である。同時に、証拠から仮説の正しさを検証する。この繰り返しで科学は進むのだ。クリックは、まだ見えない真実を説明する仮説を考えだす能力に秀でていた。そしてそれを産み出すことの知的興奮こそが、彼を科学に駆り立てる原動力であった。

とあります。

第五章は”Triumph“というタイトルです。Watson & Crickが例の二重らせん構造に到達した自分を記述した章です。

Watson either could not or would not get the point, so while Watson was playing tennis one afternoon. Crick rebuilt the model himself and left a note on it: “That is it– 36 degree rotation.” This was as close to a “eureka moment” as they had had, and it was all Crick’s.

この”eureka moment“について長谷川さんは

正しい仮説を思いつく瞬間は「ユーレカ・モーメント(わかった! と思った瞬間)」と記述されているが、これが訪れる瞬間のために科学をやっているというのは、自身の経験を顧みても、真実である。いや、むしろ、そのためではなく科学をやっているというならば、何のためなのか理解できないほどだ。

と書いています。全面的に賛成します。

第7章は”Brenner“というタイトルでSydney Brennerと出会い遺伝暗号の解明の仕事にとりかかった当時のクリックを描いています。

二人がいる研究所にJacobがやって来てセミナーをするのですがその折りの描写が次の通りです。

He found a sceptical audience. ” Francis and Sydney made me take a veritable examination! With questions, critisms, comments. A pack of hounds racing around me nipping at my heels.” Jacob held his ground. He described new evidence that very soon after a gene was deliberately destroyed by the decay of radioactive phosphorus, protein manufacture ceased. Then suddenly Brenner let out a “yelp”. He began talking fast. Crick began talking back just as fast. Everybody else in the room watched in amezement. Brenner had seen the answer, and Crick had seen him see it.

クリックは後にその時のことを

Crick later wrote of the moment of insight: “It was so memorable that I can recall just whrere Sydney, Francosi and I were sitting in the room when it happened.

とどこかに書いていたのだそうです。

これも「ユーレカ・モーメント」ですね。

その後ノーベル賞を受ける訳ですがその居りにカードを作って皆に配ったのだそうです。

Dr F. H.C Crick thanks you for your letter but regrets that he is unable to accept your kind invitation to:

Send an autograph

Provide a photograph

Cure your disease

Be interviewed

Talk on the radio

Appear on TV

Speak after dinner

Give a testimonial

Help you in your project

Read your manuscript

Deliver a lecture

Attend a conference

As as a chairman

Become an editor

Contribute an article

Write a book

Accept an honorary degree

とそのカードには記載されてあったそうです。

Francis Crick: Discoverer of the Genetic Code”は日本語版でもよいと思いますので一読をお勧めします。


本 “Ending Medical Reversal”

Ending Medical Reversalという本が出ていたのでのKindle版を入手しました。

まだ半分くらいしか読んでいませんがこれは医学部の授業で使ったら良いような良書ですね。

Medical Reversalというのはつまりこういうことです。

以前に書いたこともありました。

 


 

本「京都ぎらい」

京都ぎらい」 も読んでみました。

ぼくは高校を出て京都に住み始めて滋賀県の病院に勤務していた3年間以外を除いてかなり長い期間京都に住んでいましたがまったく京都を理解できていません。 大学・病院と自宅を往復するだけの生活でしたから。 大学は京都の論理とはまったく異なる原理原則で動いていてそれは京都の論理とは似ても似つかないものなのです。

この「京都ぎらい」にはなかなかおもしろいいろんなエピソードがあるのですが、一番嗤ったのは、山科在住の男性からの縁談があった女性が「とうとう自分も山科の人からの話が出るほど落ちぶれてしまったのか。だって山科って東山が西に見える場所でそこは京都ではないではないか」と嘆く場面です。

東山が西に見える場所」は「京都」ではないというのは今まで聞いたなかでもっとも説得力のある理由です。

山科を京都だと思っていない京都の人は実際には多いと思います。 よそ者のぼくでも山科は京都ではないと思っていましたから。

 


 

RachmaninovのVesper (Op.37)

月曜日の朝起きてテレビをつけるとラフマニノフVespers OP.37を国立モスクワ合唱団がやっていました。(参照) (この「クラシック倶楽部」いろんな演奏家の結構珍しい曲を放送するのでよいです。朝5時からというのが難点とも言えるのですがぼくは普通この時間に起きるのでぼくには何の苦もありません)

番組では「徹夜禱」とタイトルが付いていました。

しかし、この曲普通は「晩檮」というタイトルが付いていると思います。

大好きで何枚かのCDを持っていますが一番のお気に入りは スヴェシニコフ指揮、ソビエト国立アカデミー・ロシア合唱団 のものです。 録音は1958/8/8となっています。

とてもそんな昔のものとは思えない臨場感あふれた名盤です。 すごく頻繁に聴きます。iPhoneにも入れてあります。

VESPERS op 37

こんなジャケットです。

 

Amazonで探しても同じものはもう売っていないです。 でもApple Musicで探すと同じ演奏家のものが見つかります。

 

聴きましたがたぶん同じ演奏です。

サービスを契約している人は全曲聴けます!! これを聴くために一ヶ月契約しても損はしないと思います。

最近、松田聖子さんの曲がApple Musicで聴けるようになっているのに気づきました。全部聴いてしまいました。

Taylor Swiftもはじめて全部聴きました。

最大の発見はtofubeats大原櫻子です。

Apple Musicすごいです。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License