学位講演会

1/19(木曜日)の夕方に研究室の岡本くんの「学位申請者公開講演会」が開かれました。 ディフェンスです。

某先生の引っかけに引っかからず何とか満足のいく質疑応答ができていたと思います。

講演会も審査委員とケンカできると上出来なのですけど。審査員が絶対的に正しいということはありません。「専門」以外は結構あやふやです。

あまりにも基本的な事項について正面切って聞かれると戸惑ってしまいます。

 

学生が話すのを聴いているのはすごく緊張します。ホント精神衛生上の観点からは寿命が一ヶ月くらい縮んでいる感じです。

 

とにかく,3年間で博士課程を終えることができました。これからも研究続けてください。

残った人たちもこれに続いて欲しいと思います。


研究結果の再現性の検証

生命科学の分野で研究結果の再現性が低く過ぎるのではないかという問題があります。 (「医学生物学論文の70%以上が、再現できない!」 とか「「再現性」の記述「ほぼすべてに欠陥」な記事があります)  

 

2013年位に”The Reproducibility Project”というプロジェクトが立ち上がって雑誌”eLife“でその検証結果が発表されているのに気づきました。

 

以下の論文が対象となっていたようです。

  • BET bromodomain inhibition as a therapeutic strategy to target c-Myc Cell
  • Coadministration of a tumor-penetrating peptide enhances the efficacy of cancer drugs Science
  • Discovery and preclinical validation of drug indications using compendia of public gene expression data Science Translational Medicine
  • The CD47-signal regulated protein alpha (SIRPa) interaction is a therapeutic target for human solid tumors PNAS
  • Melanoma genome sequencing reveals frequent PREX2 mutations Nature

新聞やテレビは上記を含むprestigiousな雑誌に研究が掲載されると大々的に報道しますが再現性が無いというか不完全な場合もあるわけです。

再現性がないからウソだという訳ではないのですが再現性のない研究結果はやっぱり困るよね。

ここまでやっているのを目の辺りにするとやっぱり考えさせられます。

というか一つ検証実験を計画しています。


「昭和元禄落語心中」

Amazon Prime会員なのですが映画とかTV番組とかをタダ(というかそれ込みの会員料なのだろうけど)で見せてくれるということに気づきました。

「昭和元禄落語心中」のアニメ版を全部観ました。 今度コミックも買って読もうと思っています。

これ名作ですよ。

 

ついでに「クズの本懐」も観てます。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License