がんとハイポキシア研究会の世話人をやっています。

バイオストレス研究会の世話人もやっています。


“Figure1”

すべての写真-8011

Harvard大学にDr. William G. Kaelin Jr.という研究者がいます。

腎癌とか副腎腫瘍の研究ですごく有名人ですがその研究から細胞の低酸素感知機構の分野の研究に展開してこの分野での貢献が認められ他の二名の研究者とともに昨年のAlbert Lasker賞を授賞しました。 このようなエラい人なのですが,一度某meetingで吠えていたのを目撃して以来なんか怖い人ではないかという先入観をぼくは持っていました。ちなみに,日本から彼のlabに留学した人は結構多いです。

最近啓蒙活動をしているらしく “Common pitfalls in preclinical cancer target validation” なども最近出版していました。

今日紹介するのは Nature誌に発表された Publish houses of brick, not mansions of strawという論説です。

Papers need to include fewer claims and more proof to make the scientific literature more reliableという主張が展開されています。

 

最近科学論文特に生命科学分野の論文の再現性が大きな問題となっています。 捏造とか改竄は置いておくとしてもある論文の結果を定性的かつ定量的に再現することができないという事態がそこここで起こっているわけです。

そもそも高価な測定機器や特殊な遺伝子改変マウスを用いた研究は機器・マウスを利用できない環境にある研究者は再現を試みることもできません。

 

そうこうしているうちに,Like the proverbial boiled frog that failed to leap from a slowly warming pot of water, biomedical researchers are stuck in a system in which the amount of data and number of claims in individual papers has gradually risen over decades という事態に陥っていると主張しています。

つまりこの事態は The danger is that papers are increasingly like grand mansions of straw, rather than sturdy houses of brick. だというわけです。

Kaelin氏はLasker賞を授賞する位ですから,細胞の低酸素感知機構研究の分野で大きな仕事をいくつもしています。

Negative regulation of hypoxia-inducible genes by the von Hippel-Lindau protein. O. Iliopoulos et al. Proc. Natl Acad. Sci. USA 93,10595–10599; 1996HIFalpha targeted for VHL-mediated destruction by proline hydroxylation: implications for O2 sensing. M. Ivan et al. Science 292, 464–468; 2001は今でも読み継がれているこの分野の正典です。読んでいない奴はモグリだという様な意味です。

しかしこの二つの論文もあわやrejectという状況だったのだそうです。

前者は,” failing to include a clear mechanism and animal experiments”という理由で後者は”because we hadn’t identified the enzyme responsible”という理由で。

しかし”Fortunately, an experienced editor intervened, arguing that publication would open the search for the enzyme to other groups”という事で日の目を見たのですが “such reprieves seem less common today”だと。

そうですよね。結構おもしろくとも純粋な現象の報告はいわゆるprestagiousな雑誌に掲載されることはありません。

 

という訳でKaelin氏は論文とは”Figure1″で提示されるobservationを強固に補強するようなものであるべきだと主張します。 この”Figure1″という言い方というか概念は,大学院生だったときに指導してくれた先生にも何度もいわれた概念です。 現在の査読制度では,主主張から解離した些末な追加実験などが要求されすぎているという訳です。

一昔前は例えば “an entire paper could consist of the detection of two proteins that bound to one another and the follow-up experiments to establish that binding occurred in living cells”なのに しかし今や”Figure1″どころかSupplemental Figure1まで繰り出さないと収まらないほどのdata量が要求される時代になってしまいました。

 

今回おもしろいと思った点はもう一つあります。Kaelin氏のような臨床出身(彼は泌尿器科医だったはずです)の研究者が,”We need to stop telling basic scientists, especially trainees, that their work’s value lies in its translatability“と述べていることです。” We must return to more careful examination of research papers for originality, experimental design and data quality, and adopt more humility about predicting impact, which can truly be known only in retrospect.” だということです。 これはぼくのもう一人の師匠から随分といわれた事です。

「あなたの研究が臨床に役に立つとか人を救うとかそんなことをあんたのような頭の悪い人間が考える必要はないのだ。そんなことよりとにかくよいサイエンスを行いなさい」というアドバイスです。

よい論文は他人に引用されていつか世界を変える世界は変わらなくとも他人の世界観を変えるはずたという訳です。

彼の文章は The main question when reviewing a paper should be whether its conclusions are likely to be correct, not whether it would be important if it were true. Real advances are built with bricks, not straw.

と結ばれています。

ちょっと勇気つけられました


Powers of Two

かくて行動経済学は生まれり」という本が出版されました。

これは,“The Undoing Project: A Friendship That Changed Our Minds”の邦訳です。多分一年経っていません。

内容は,書評を参照してください。

心理学者ダニエル・カーネマンと共同研究者エイモス・トベルスキーの評伝です。エイモス・トベルスキーはすでに無くなってしまったのでノーベル賞を受賞できませんでした。

ぼくは邦訳を読んでいませんがとてもおもしろくて感動的な物語です。

POWERS OF TWO 二人で一人の天才」という本もありこの二人も取り上げられています。

すべての写真-7966

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License