NHKで「細雪」のTVドラマを放送していてとりあえず観ています。これすごく良くできていると思います。

ついでに小説も読み始めてようやく読み終わります。 下巻の冒頭付近で、三姉妹が岐阜の大垣に蛍狩りに出かけるエピソードが描かれます。

・蛍狩りがてら大垣で雪子の見合:沢崎(傲慢めな金持)by辰夫の姉

↑先方から断られる

逗留先の旧家には頼山陽と江馬細香の書画があるわけです。

林真理子氏が日本経済新聞の朝刊に連載中の「愉楽にて」でも彼女の漢詩が重要な役割を果たすスキットがありました。


HHKBとKarabiner Elementの話

iMacとMacBookを普段使っています。

MacBookは最新のOSで使ってきましたが、母艦であるiMacはアプリの互換性問題を中心とした作業環境の継続のため二ヶ月前までEl Capitan で運用していました。MacBookで使い始めた日本語変換が余りに便利なので母艦のiMacもと考え後先考えずにHigh Sierraにアップグレードしてしまったのです。

キーボードはHHKB Professional JPを使っていましたー以前はHHKB Professional 2 USを使っていたのですがいろんな事情でMacBookがJISキーボードとなって以来HHKB Professional JPを使っています)。

Karabiner-Elements を使って「英数」を「left_command」に「かな」を「right_command」にリマップして

Karabiner

さらに「コマンドを単体で押した時に英数・かなキーを送信する」の設定を追加して使っていました。

Karabiner+

親指が最下の列のどこを触っても確実にcommandキーを押すことができるようにするためです。

MacBookの内臓キーボードはmacOS High Sierra 10.13.2にしてもこの設定がワークするのですがiMacではEl Capitanでは上手くいっていたものがHigh Sierraでは想定通りに作動しないのです。

Karabiner-Elements をuninstallするとHHKB Professional JPで想定された通りに動くのですがKarabiner-Elements を戻すと挙動が全く不審となり満足に使えないという状況-スペースキーの横の「英数」「かな」として作動するはずのキーを押しても入力モードが切り替わらない-になっていました。

情報を求めてググったりしたのですが「ぼくの症状の報告」は見つかりませんでした。ぼくのローカル環境に問題があるのかもしれないのですがそのためにクリーンインストールをするとかの面倒なことはしたくなかったので、 結局HHKB Professional JPを使うのを諦めてApple純正のJIS キーボードを使って運用していました。

木曜日にちょっと思いついてググるとこんなページが見つかりました。 今までこれを見つけることができなかったのですね。

HHKBキー(キーボードの左下にある)は、公式ドライバであればCapsLockとして機能する。 しかし、Karabiner-Elementsを入れた後はCapsLockではなく、グレイヴ・アクセントが入力されることが分かった。 よって、grave_accent_and_tilde(`)をCommandキーに置き換えた。

とありました。

つまり純正ドライバーをインストールしている状態でKarabiner-Elementsをインストールしてしまうと想定されたように挙動しないのだということが解ったのです。

それが解ってから各キーがどうなっているのか少し調べてぼくが思う通りにリマップしたら想定通りに動くようになりました。 という訳でHHKB Professional JPを再び使えるようになりました。

現在

Hhk

こんな感じで使っています。

やれやれです。


呼吸抑制のない麻薬を作る

今日は麻酔に関係のある話題を提供します。 知らない人もいるかもしれませんがぼくは麻酔の医者をやっています。

麻酔には麻薬を使います。

全身麻酔下で手術を受けている患者さんは意識がないことになっているので自分自身では「痛い」とは思っていないことになっているのですが、手術の侵害刺激は様々な経路を伝わって脳に入っていってそこからいろんなアウトプットを出して身体の状態を変容していきます。

そこで麻薬です。手術の侵害刺激が脳に入るのを阻害したり入ってもそれによる応答を抑制する作用を持ちます。

麻薬がこのような性質を持つので患者さんの全身管理に麻薬を澪ちいる場合が多いというか現代的な麻酔管理法の実践には必須の薬剤です。

しかし、この麻薬は鎮痛効果をもたらすという作用の他に呼吸を抑制するなどの副作用を持ちます。 全身麻酔中は人工呼吸器によって呼吸が管理されているのでこの呼吸抑制は大きな問題となりませんが、手術後に大量の麻薬を患者さんに投与すると呼吸が抑制されるという副作用が出てしまう可能性があります。

このせいで手術後患者さんへの麻薬の投与が慎重になり結果として十分な鎮痛が得られない場合もあります。

 

呼吸抑制の無い、あっても臨床上問題にならない程度に弱い麻薬が開発されればーつまり麻薬の受容体に結合して鎮痛効果を発揮するのだけれど呼吸抑制は無い小分子化合物-みんなうれしいわけです。

皆がうれしいと思うような研究・開発には多くの研究者が参入しています。

雑誌Natureに

解説記事がありました。

ここで紹介されているSR-17018という化合物がすごいんです。

Cell誌に掲載されているBias Factor and Therapeutic Window Correlate to Predict Safer Opioid Analgesics31257-6)という論文でで検討されている化合物です。

マウスを用いたfigure 3の結果を観るとちょっとびっくりします。

Fentanyl(今現在手術室で日常用いられている麻薬)とSR-17018を比較します。 鎮痛作用の検討によく用いられるホットプレートテストで25%まで抑制するdose同士で呼吸に対する抑制作用を比較するとFentanylは酸素飽和度が25%まで低下するのですがSR-17018は90%程度までにしか下がりません。 呼吸回数の試験や循環動態の試験も行いSR-17018の優位性を確認しています。

こんな「麻薬」が使えたら良いと思います。

もっと詳しく知りたい人ーつまりなんでこんなことが起こるのか知りたい人ーは論文読んでください。 今日一緒に麻酔を担当した研修医さんには解説しましたけど。

それじゃね。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License