日本の麻酔科医が発表した数多くの論文についてその正当性が疑問視されて当該麻酔科医が所属する日本麻酔科学会が5月に調査委員会を立ち上げて一連の問題について調査を行いその結果を先頃発表した(参照)。不正論文の「世界記録の樹立」ということで多くの一般報道もなされた。ぼくも日本の麻酔科医の一人なので自分のメモも兼ねて少し書いてみる。

報告書に依ればこの麻酔科医の発表した論文のほとんどに不正が認められたと結論している。

5月に麻酔科学会が調査委員会を立ち上げたと聞いたときまず考えた事はこの委員会の調査権限のことだった。

当該麻酔医は日本に住んでいるので学会が調査委員会を立ち上げて聞き取り調査などを行うとしてもそれは可能かもしれないが,本人が学会による調査を拒んだ場合はどうなるのだろうかとナイーブに考えてた。
結局本人と関係者の多くが麻酔科学会の調査に応じたようだ。
また本来この調査は該当麻酔科医が所属した研究機関や病院が行うものだと思った。実際4/6付けの23の雑誌の編集長による共同声明の宛先は各大学の医学部長,病院の院長,麻酔科の主任教授となっていた。学会の調査が,大学,病院から委託を受けての調査なのか公益法人たる責任上行った調査なのか不明だった。この部分についてもっと丁寧な説明をすべきだと思った。

麻酔科学会は以下の再発防止策を提案しているがこれが有効かどうかはわからない。

  • 国内外ジャーナルの査読機能を高めることに資するべく,本件の全容を日本語および英
    語で公表する.
  • 医学研究施行と報告上の倫理規定について学術集会,セミナー等を毎年開催し,周知す
    る.
  • 研究施設の責任者,筆頭著者,共著者の医学研究施行の責務について改めてガイドライ
    ン等でまとめ,周知する.
  • 疑わしい論文に関して,情報提供を受けつけ,調査する体制を学会内で作ることを検討
    する.

いろんな「研究」がある。学会などで質問しても答えをはぐらかされたりするとその研究の当否については自分で追試を行う以外判断の基準がない。しかし,自分で追試をして同じ結果が得られなくともその研究で提示された結果や結論が間違っているとは言えない。ぼくが再現できなかったというだけである。
査読でもその度にその研究者の論文を10編も20編も読み込んで査読をするわけにはいかないのだから論文の審査の段階では詳細なチェックは無理だ。
手口も,馬脚を現さないような巧妙な不正もありうる。逆に,画像を使い廻すなどの単純な場合はほんとうにタダの取り違えではないかと思うほどだ。

専ら研究者の倫理に訴える基礎研究に較べて,臨床研究には厚生労働省から研究者が遵守すべき倫理指針がある意味明確に示されている。(参照:「臨床研究に関する倫理指針」)
つまり患者さんにちゃんと説明して同意してもらう必要があるとか試料の取り扱いには気をつけてくださいという内容である。
今回の一連の論文の多くは臨床研究であったしきっかけはいくつかの論文は研究施設の倫理委員会から適切な了承を得ていなかったという点で論文が雑誌から撤回されたことであった。

一方先に報道された慶応大学の呼吸器外科での医療倫理違反行為事例(参照:本学医学部・病院で発生した医療倫理違反行為についてのお詫びならびに対応と再発防止策に関するご報告)では,患者の同意無く手術中に骨髄から髄液を採取したという事実が大学の調査によって認定されこれが倫理違反行為とされたようである。
関与した慶応大学の教員が二名おそらく引責辞任をしている-もしかしたらタダの一身上の理由の辞任かもしれませんが-。
倫理委員会の承諾を得る前に患者から試料を無断で採取すれば後に倫理委員会の承諾を後付で得ようとも「有罪」となる。明快である。

この事件は海外でも報道されている。
Report: Japanese Anesthesiologist Fabricated Data in 172 Studies“と題された文章は経緯や背景についてうまくまとまっていると思った。
しかしすごい事が書いてある。

Dr. Steen has been considering a formal study of whether anesthesiology is more vulnerable to fraudulent research, but has not yet launched such an analysis. One possibility, he said, is that anesthesiologists who conduct randomized controlled trials may have less oversight than other specialists, such as cardiologists or neurologists. If so, those who want to fabricate their results would have an easier time doing so, he said.

(太字はぼく)

New record for faking data set by Japanese researcher“においても

Assuming all of the fraudulent papers get retracted, Fujii will set a new record for the most retractions ever, more than doubling his closest competitor. At Retraction Watch, where they follow these issues closely, they’re pondering whether anesthesia itself has a problem . Of over 2,000 papers that have been retracted over the last four decades, a full 13 percent have involved anesthesiologists.

(太字はぼく)

などと言われていてまるで「麻酔科医」は「バカ」扱いであるがそう言われるとそう思えてくるから不思議だ。

麻酔科学会は今回の調査を受けて麻酔科医個人への何らかの対応を行うようである。
もっとも程度の高い処分は「除名」である。学会の認定では共著者の責任もゼロではない。これも含めてどうなるのでしょうか?

ある新聞報道には

「昇進して教授を目指していたのではないか」。29日の会見で、調査特別委員長の澄川耕二・長崎大教授は捏造の動機をこう分析した。大学に勤める医師は教育・臨床に加えて研究も重要な業務で、論文はその結晶だ。
ある麻酔科医は「教授選では多くの人が、その人物より論文が載った雑誌のインパクトファクター(IF、雑誌の影響力を示す数値)を基準にする」と語る。
IFは雑誌によって1未満~30以上とばらつきがあるが、藤井医師が論文を投稿していた専門誌のIFは5~3と「それなりに一流」(澄川教授)だった。だが200本以上の論文を量産しながら、藤井医師が教授になることはなかった。
「一流誌に載れば周囲からほめられる。(藤井医師にとって論文投稿は)麻薬のようなものだったのでは」と語る関係者もいる。

とある。

このあたりからはすごくいやらしい印象を受けた。調査には相当の労力が掛かったと思うが,このような感想みたいなものが出てくると気持ちが悪い。
日本の麻酔科の「教授」ってこんなこといえるほどエライ先生ばっかりなんでしょうか。研究を行っている人が皆「教授を目指している」って本当なの? それでは麻酔科学会は全ての大学の麻酔科関連教授の全ての研究についてその正当性と有用性の証明を当人に行わせてみたらどうだろうか?
「教授選では多くの人が、その人物より論文が載った雑誌のインパクトファクター(IF、雑誌の影響力を示す数値)を基準にする」ってウソだよね。正当性は本人してもらうとして有用性は今の時代大学で契約している値段の高いサービスを用いなくともgoogleで論文の引用回数などを調べることが簡単にできるから麻酔科学ではいかに「インパクトファクター」が反映されていないかが解るのでは。

 ,というようなことを考えてみたくなる。

Similar Posts:

Print Friendly

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License