Ketamine-Induced Loss of Phenotype of Fast-Spiking Interneurons Is Mediated by NADPH-Oxidase — Behrens et al. 318 (5856): 1645 — Science
麻酔薬のケタミンがニューロンに作用するとNADPH oxidaseに依存した活性酸素の発生を促し、脳内の抑制性インターニュロンの機能不全を促し、特に長期連用では精神状態の変容をもたらす可能性を示唆した報告です。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
 
madeonamac.gif Creative Commons License