東京

On 2017/2/19 日曜日, in book, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

東京

火曜日から二泊で東京出張をしてきました。

要件は詳しくは書けませんがすごく珍しい体験でした。会う人会う人に聞いてもらいたいのですが語れないということでフラストレーションが溜まっています。

水曜日に知り合いの先生に神楽坂に連れて行っていただきました。 ああいう風情の場所は大阪にはありません。

 IMG_3919

総武線と中央線の違いがやっと解りました。

間違えると秋葉原にたどり着けないのですね。

 

梅田駅では考え事をしながら歩いていても他人とぶつかることはほとんどないのですが東京ではそうはいきません。

怖いところです。

 

IMG_3909 

 


しんせいかい

芥川賞の受賞作は雑誌文藝春秋で読むことにしています。

今回の「しんせいかい」も読みました。 あらすじ,批評はいろんなところで紹介されています。 

ぼくには十分おもしろかったです。

「長い時間がたち、あのときの自分に対して肯定的でも否定的でもない境地になれたから執筆できた」と作者も話しているようにホントの意味での一種の青春小説です。

 

【谷】の生活って【研究室】とか【医局】の生活と共通の部分がたくさんあります。【先生】がいてすごく理不尽な制約を課せられます。

 しかし,【研究室】と【医局】で違うところもあります。

 

研究はこれを生活の糧として行うのと一種の趣味として行うのでは大違いです。

趣味にできたら「普通の人」にとってはある意味幸福なのかも知れません。ここでいう趣味とはおもしろいと思った事だけをおもしろくやることです。これだけやるだけならそうお金がなくとも十分にやっていけます。生活のタメでなく研究をやっていてそれを楽しめなかったら最低です。

結局,才能の問題に帰着します。

 

一方【医局】では才能が問題になることはありません。方法をよほど踏み外さなければ誰でも所期の目的は達成できます。

 IMG_3922

選考委員の吉田修一は「胸ぐらをつかんでもらえる期待感を持って【谷】に行ったのに、そうはならないという『空振り感』が主人公にある。王道の青春小説」と評したとありますがこれはうまいこと言うなと思いました。

 


レジデント初期研修用資料 医療とコミュニケーションについて

先日「死にゆく患者と,どう話すか」を紹介しましたが本棚をながめていたらmedtoolz氏の「レジデント初期研修用資料 医療とコミュニケーションについて」を見つけました。

名著です。

この本はまさに実践的な本で読んだことがない人は一度は読むべき本です。

このエントリーを見た人はラッキーです。 2011年の本ですが,Amazonに二冊残っています。中古もあります。

IMG_3920

自分のmacからUSBメモリ経由で他人のWindows機にファイルを移そうとしてできないという現象に見舞われてしまいました。すこし前にはできていたのに変だなと。 今までfileはmailで送ったりgoogle driveで受け渡しをしたりで事なきを得ていたのですが先週それでは困るという事態に陥り問題の打開に取り組みました。

まずうまくいかないUSBメモリを再フォーマットすることにしました。

macの付属ソフト「ディスクユーティリティ」でUSBを選択して「MS-DOS(FAT)」でフォーマットをしたのですが状況は変わりません。

ここでググると「方式」を「マスター・ブート・レコード」にしてから行わないとうまくいかないことが解りました。

こんなことで20分くらい時間を費やしてしまいました。

 


日当直

朝から日当直です。今までまったく麻酔していません。

このまま残り10時間で朝までたどり着けばいいのにと思っています。

IMG_3917

 

今日の午後大学院生がいつの間にか全員集合していました。

ぼくも結構いろんな事をかたづけました。論文の「寄せ」もできたので大満足です。

 

【谷】からの脱出にはdataが必要です。いくら趣味でできたらと思っても博士号は取りましょう。

 

【追記】よく眠れました 

Similar Posts:

Print Friendly

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License