「神」と再会

On 2017/3/21 火曜日, in book, hypoxia reseacrh, by bodyhacker

例年この時期は花粉症の症状はきつくないのですが今年はひどい。

来年も今年並みになるのであれば何か根本的な対策を講じる必要があるという位ひどいです。

生産性がガタ落ちです。

IMG_4428


「神」と再会

ぼくは大学を卒業後4年間臨床麻酔だけをした後,大学院に入学しました。 どこで何を研究するか当時まだ健在だった森先生と激論の末,ウイルス研究所の淀井淳司先生の研究室に「わらじを脱ぐ」ことになりました。

当時淀井先生の研究室ではいくつかのプロジェクトが動いていたのですがぼくはthioredoxinという蛋白質の細胞内での機能の解析をテーマとすることになりました。

最初の三年くらいはデータらしいデータも出ず,しかし,それを軌道修正してくれる人もいないという状況で孤軍ではないまでもとにかく奮闘をムダに続けていました。だからといって放置されていたわけでもなかったのですが…

意地で頑張っていたら,三年目くらいからデータが出始めて四年目にはたぶんこのまま続けていれば論文になるだろうというところまでようやく到達しました。

 

淀井先生の研究室に伝説の研究者がかつて在籍していました。ぼくが淀井研に参加した当時は米国で研究を開始していたので直接の交流はなかったのですがそれ故伝説化というか神格化-まさに神格化という言葉がぴったり-されていました。

そもそもthioredoxinも「神」がADFとして単離に成功した蛋白質でした。

 

今となってはよく覚えていないのですが何かの機会に「神」にお会いしたときに淀井先生から促されてぼくの研究の紹介をしたことがありました。

その時に「これは細胞内のレドックスシグナルにカスケードが存在しているということを主張しているのだね」というようなコメントをもらって「はっ」と蒙を啓かれたという体験をしたことを今でも覚えています。

ホントに今も研究続けている理由の一つと言ってもよいかも知れないほどの体験でした。

今でもdataさえ積み上げれば解ってくれる人は解ってくれると思ってはいるのですが論文には物語はやっぱり必要だろうとおも思っています。

少ししてその論文は出版されてぼくの学位論文になりました。

ぼくの25年ほどの研究人生での最高傑作だと現在でも思っています。留学の時応募した奨学金に2年連続通ったのもその論文のお陰です,きっと。

発想がすばらしいのです端的に。

 

その「神」が日本で開催された学会に出席の為一時帰国されて先週の月曜日に淀井研縁の7人で酒を呑みました。

初心に戻る事ができました。

 

「神」語録をもう一つ。

医学部を卒業して国家試験に合格した能力がある大学院生に4年で学位を取得させられなければそれは指導者の責任だ

聞いたときギョッとしました。

指導者がアホだと院生が学位を取得できない!! つまり院生が学位を取れないとうことは指導者がアホ!!

 


悪魔の勉強法」に参考文献として取り上げられていた「伊藤君AtoE」を読みました。

おもしろいしタメになります。

梅田の紀伊国屋でも一冊しか置いてありませんでしたけど。

A 伊藤に長い間片思いするが、粗末に扱われ続けるデパート勤務の美人

B 伊藤からストーカーまがいの好意を持たれてブチ切れる、バイトに身の入らないフリーター

C 伊藤の童貞を奪う、男が切れたことのないデパ地下ケーキ店の副店長

D 処女を理由に伊藤にふられるも、売れっ子放送作家を初体験の相手に選ぶ大学職員

E 伊藤が熱心に勉強会に通う、すでに売れなくなった33歳の脚本家

AからEの5人が伊藤君と関わっていく小説です。

Apple Musicで「三番目の風」という曲を聴いてこれは名曲だと思ったのですがPVを見てぼくの思ったのと違ってびっくりしました。

でも「名曲」です。


有識者会

土曜日にいつもお世話になっている有識者とカンファレンスを開いて次のprojectへのアドバイスをいただきました。

このprojectは何とか成就したいです。

IMG_4452

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License