2018年のベスト本をやってみたいと思います。 今日はノンフィクション篇です。

ノンフィクション本はたくさん読みました。 キリがないので5冊に絞ります

論文を正しく読むのはけっこう難しい: 診療に活かせる解釈のキホンとピットフォール

医学界新聞というのがあるのですがそこでの連載(26回!!)をまとめたものだと思います。

連載の初回に

ランダム化臨床試験は,本来内的妥当性の高い結果を提供できるはずですが,実に多くのバイアスや交絡因子が適切に処理されていない,あるいは確信犯的に除 去されないままです。したがって解釈に際しては,“ 騙されないように” 読む必要があります。本連載では,治療介入に関する臨床研究の論文を「読み解き,使う」上での重要なポイントを解説します

と書かれています。

内容はこの要約につきるのですがぜんぶ読むでとてもタメになりました。

商売で大量の論文に目を通しますが気合いを入れて「読む」-印刷して赤ペンで印をいれて場合によっては参考論文まで読む-の数はそう多くありません。一日1篇あるかどうかです。忙しい臨床の合間に「読む」のは大変なので方法論を持つのがよい。そういう方法論を提示してくれる一冊だと思います。

本として手元に置くのをお薦めしますがまず内容を確認したい人は「新聞」を読めばよいかもしれません。

26回分すべてどなたでも読むことができます。

 

不確かな医学

以前にここでも紹介しました(参照)。

 

どもる体

これまた医学書院の雑誌「看護教育」の連載「リズムとからだ」を加筆してまとめたものです。

職場では「看護教育」が毎号読めますので連載はfollowしていました。

看護関連の雑誌ってどう考えても看護と関係ないだろうという話題を無理繰り関連つけたりする記事があって面白いです。

ぼくもその昔は「どもり」でした。成績はよかったのですが「どもり」で「チック」だったので母はたいそう心配して祖母にもいろいろと云われていたようです。とにかく勉強ーぼくは勉強をしているつもりはなくただ単に本を読んでいただけなのですが母には区別がつかなかったのですーをするのを止めろといわれていました。なので大学院に入ったと連絡したときは絶句されました。とうとう本当におかしくなったと思われたようです。 そのうちに表現系としてのどもり」や「チック」は抑制されたのですがこの本を読むとそれは表現系が抑制されているだけであると言うことが納得できました。

 

さよなら未来――エディターズ・クロニクル 2010-2017

雑誌Wiredの日本語版の編集長をされていた若林さんのWiredの巻頭言をふくむ文章をまとめたものです。岩波書店から出ています。

梅田の蔦屋書店での対談イベントにも参加しました。

 

トマス・アクィナス――理性と神秘

2017/12/20の出版ですが今年読んだのでよいでしょう。 岩波新書の一冊です。

「哲学者であり神学者であるトマス・アクィナスの哲学の根本を理性と神秘の相互関係に着目して読み解いた一冊」ということになっています。

こういう本を読んでいつも驚くのは今日的な問題がすでに十分に考えられていると云うことを知るということです。

「理性」「知性」「神秘」とかぼくが普段取り組んでいる「研究」ってどんな営みなのかを考えるのに手掛かりとなります。 いまだによく解っていないのですが…

 

 

とはいえ

齋藤は「好きな本を聞かれても人によって答えるパターンを決めている」とし「本当に好きな本は誰にも言わない」という

という事もあって本当はぼくも本当の事を書いているわけでは無いかもしれません。

その他「今週の一冊」に選んだ本はまとめてあります。(参照)

トマス・アクィナス――理性と神秘 (岩波新書)

さよなら未来――エディターズ・クロニクル 2010-2017 どもる体 (シリーズ ケアをひらく) 不確かな医学 (TEDブックス) 論文を正しく読むのはけっこう難しい: 診療に活かせる解釈のキホンとピットフォール

-追記-

読んでいただいたようです 

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License