Iron as Soul of Life on Earth Revisited: From Chemical Reaction, Ferroptosis to Therapeutics

昨年総説を書きました。

この総説を含むFree Radical Biology and Medicine誌の特集号が正式にpublishされました。

特集号のタイトルは

Iron as Soul of Life on Earth Revisited: From Chemical Reaction, Ferroptosis to Therapeutics

です。

鉄が生体に与える影響を網羅した特集です。

  • Chemical Reaction of Iron and Iron Metabolism
  • Molecular Regulatory Systems on Iron Metabolism
  • Ferroptosis, A Novel Concept
  • Pathology of Iron Dysregulation
  • Therapeutics

のセクションに分かれて全部で32の総説です。

圧巻ですね。

興味があれば是非とも目を通してみてください。ぼくはいままで10篇は読みました。


「生き物とはなにか 世界と自分を知るための生物学」

本川達夫さんの「生き物とはなにか 世界と自分を知るための生物学」を前回紹介しました。

第一章 生物という呼び名

 いきもの=息をするもの

を読んでびっくり。

生物は、あたかも続いていくという目的をもつかのようにふるまうもの

と仮に考えてそれを説明していくという趣向です。

ちくまプリマー新書は最初の新書、ヤングアダルトを対象とした新書で,普遍的でベーシックなテーマを解説する事を目的に創刊されたそうです。

Wikipediaによれば創刊ラインアップは以下の通りでした。

  • ちゃんと話すための敬語の本(橋本治)
  • 先生はえらい(内田樹)
  • 死んだらどうなるの?(玄侑宗久)
  • 熱烈応援!スポーツ天国(最相葉月)
  • 事物はじまりの物語(吉村昭)

つまり中学生、高校生向けの新書なのですが「生き物とはなにか」は大学生、生物学研究者が読んでも十分に読み応えがあると思います。


いい話と悪い話

があって良い話は論文のrevisionが二つ終わったことで悪い話は投稿していた論文がrejectされたことです。

雪かきは続くよ


@oumed_python

@oumed_python の勉強会に参加させていただきました。

ぼくだけで平均年齢を6歳ぶんくらい押し上げていたような気もします。

また参加させてくださいませ。

しかし某阪大病院って何であんな不便な場所に建っているのですかね…

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License