「宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃」

京都大学の望月新一先生といえばABC予想を証明した人としてニュースになりましたがぼくはその内容を理解しようとは思っていませんでした。多分理解できないだろうと考えていたからです。

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃はちょっと話題になっていたので、本屋で見かけて立ち読みをしてみました。何とかなりそうな気もしたので買って挑戦することにしました。

 

「宇宙と宇宙をつなぐ数学」です。まず「宇宙」って何だよと思います。「宇宙」とは「宇宙際タイヒミューラー理論」の「宇宙」の事なのです。最後まで読むと「宇宙」という意味が何となる解ります。

 

目次は以下の通りです。

  • 第1章 IUTショック
  • 第2章 数学者の仕事
  • 第3章 宇宙際幾何学者
  • 第4章 たし算とかけ算
  • 第5章 パズルのピース
  • 第6章 対称性通信
  • 第7章 「行為」の計算
  • 第8章 伝達・復元・ひずみ

第一章の前に、望月氏による「刊行によせて」という文章がついています。

この「刊行によせて」ははじめ読んでも全く意味が理解できませんでした。普通には悪文だと思いました。

しかしこの本を最後まで読んだ後に読み返してみると理解できるのでした。つまりこの本はこの「刊行によせて」を解題する内容となっているのだということが理解できます。

 

この本は、IUT理論つまり宇宙際タイヒミューラー理論, Inter-universal Teichmüller theoryの解説書という体裁をとっています。 第1章と第2章が一種のイントロダクションです。用語の解説の他に数学者の生態などがエピソードとして挿入されていきます。 第3章からがIUT理論の解説となっています。

美味い比喩を駆使して取りあえず最後まで連れていってくれます。

数学の予備知識は高校を卒業した位の人には必要はないと思いますが途中すこし難しい所があります。我慢して読み進めてください。

途中登場する、「ABC予想が正しいとするとフェルマーの定理が解けるとする説明」のその筋道が簡潔でしかもぼくでも理解できたのでびっくりしました。

最後までたどりついてちょっと感動しました。自分の専門領域の論文と小説を読んで得られる感動とは少し異質です。

 

著者の加藤氏と望月氏は二人の勉強会の後百万遍の焼肉屋でお疲れ会を毎回開いたそうです-その時期ぼくは京都のあの界隈にいましたがパッとその焼肉屋が思いつきません-。

しかし、百万遍の北東に広がる地区には15年くらい暮らしましたが学問をするのに世界で最も適した地域だと今でも思っています。

 

MATH POWER とうイベントがありMATH POWER2017での講演がきっかけでできた本のようです。

講演の様子は 【MathPower2017】 07_講演「ABC予想と新しい数学」 で視聴することができます。

 

ポアンカレ予想グリゴリー・ペレルマンによって証明されたと考えられているようです。

  • arXivにupされた以下の3つのpreprintでポアンカレ予想が証明されたとのことです。 The entropy formula for the Ricci flow and its geometric applications
  • Ricci flow with surgery on three-manifolds
  • Finite extinction time for the solutions to the Ricci flow on certain three-manifolds

surgery on three-manifoldsってやっぱり独特のタイトルですよね。

 

とにかく学問をこのように進める事ができる特権的な能力を持って生まれた人は幸せだと思います。

 

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License