「仮病の見抜き方」

On 2019/7/5 金曜日, in book, books, by bodyhacker

Apple WatchにSuicaを入れて使っています。

財布はもちろんiPhone出すのも面倒です。

どこでも使えるようになってきてもうこれでいいのではと思っています。


無給医

無給医問題があります。

ぼくは25年くらい前大学院に入る少し前、当時の教室の教授とこの問題について激論して一度破門になったことがあります。

その後また戻してもらってある時に、「あの時は俺が間違っていた」、と謝っていただきました。

嫌なら無給で働かなければいいのだというのがぼくの答えです。


仮病の見抜き方

影響を受けやすいタイプです。

をみて早速本を読んでみました。紀伊國屋にはなくてAmazonで注文をしました。

10のエピソードのうち5つくらいはぼくにも判りました。 多分AIにも分かったと思います。

 

「Episode6」についてちょっと書いてみようと思います。

以前こんな症例報告をしたことがあります。

Ectopic ACTH syndrome revealed as severe hypokalemia and persistent hypertension during the perioperative period: a case report.

 

ある年の4月、新研修医と一緒に麻酔をするのが嫌だったので自分一人で麻酔を担当することにしました。当時手術室の症例はぼくがあてていました。

入室時血圧が少し高いと思いましたが「別に」という感じで硬膜外チューブを留置して麻酔をはじめました。

縦隔の再発腫瘍切除でしたが、血圧の管理に結構苦労しました。

硬膜外麻酔がうまくいっていない感じでぼくにも「焼きがまわったな」と思いながら麻酔をしてました。

抜管してガス分析をすると、K+=1.6 mmol/lだったので焦りました。2回くらい測り直しました。

pH 7.549でHCO3-も46.9 mmol/lだったのですがこの時は低カリウム血症以外は考慮の外でした。

Kの補正を開始して担当医と相談の上、病棟に移動としました。

心電図以上やその他の症状はありませんでした。

ちなみに硬膜外はよく効いていました。

 

病棟で色々と話を聞くと甘草を服用していることが判り「なんだ」ということに一旦はなりました。因みにこれって国家試験レベルのネタです。

 

ここで内分泌の医者ーぼくの同級生のT村くんーが登場して検査の結果ACTHがすごく高い事が判りました。6年前の腫瘍がACTH産生腫瘍に形質を変えていたのですね。手術侵襲が加わって急速に症状が出てきたと考察しました。

その後、ICUに入ったりとか精神状態が変動したりとかこの病気で起こりうるほぼ全ての症状が出現して最後はカリニ肺炎も起こりました。

やっぱりこれは症例報告だろうと研究室で当時院生だったK本くんに話したらまだ英語で症例報告をした事がないという事で書いてもらいました。

と言う訳でちゃんと医者らしいこともしています。

因みに症例報告も出来が良いと結構頻回に引用されます。でも自分で良いと思っている報告がたくさん引用される訳ではありません。

この報告も英語は良いなどと査読コメントに書かれたような気がします。そんなのわかってるって、言われなくとも。

 

「Episode6」的な「落ち」もある非常に優れた症例報告だと自負しています。一種の「名作」です。

「Episode9」も判りました。なぜかというと今、某ホルモンの研究をしているから。

この本のepisodeは無いようで結構有る症例を集めてあるのだと思います。

 

値段も医学書と思えば安いです。

時間がなくとも一つのepisodeだけなら短時間で読みきれます。

仮病の見抜きかた

 

ところでぼくの上半期のベスト本

 

 新記号論 脳とメディアが出会うとき (ゲンロン叢書)

ありがとうを言えなくて 

ぼくは家内より一秒でも長生きしようと思っています。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License