ザ・フォーミュラ 科学が解き明かした「成功の普遍的法則」

ザ・フォーミュラ 科学が解き明かした「成功の普遍的法則」を紹介します。

著者は、アルバート=ラズロ・バラバシ

ネットワーク理論の専門家です。研究論文に加えて一般啓蒙書も何冊も出版されていてこれもその一冊です。

出版社のページにある内容紹介は以下の通りです。

やりとげたことが成功に結びつかないことはままある。懸命に働いても昇進できず、自分が最初に立てた手柄は後から来た人に横どりされる。才能と真面目さが合わさったときに道は開けると確信していても、どういうわけか結果が出せない……。そんな現象に気づいた著者と高名な研究者チームが、膨大なデータと最先端の分析システムを駆使し、これまでつかめなかった「パフォーマンス」と「成功」の関連を解明する。あなたの成功を裏づける科学的・数学的法則を紹介しつつ、以下について私たちの理解を一変させる――。

・なぜ業績は成功の必要条件であり、十分条件ではないのか? ・なぜ専門家たちはあなたに誤った評価を下すのか? ・何歳までに、成功を収めるべきなのか? ・成功を収めるためにどんなチームをつくればよいか? ・人脈を最も効率良く活用する方法とは?

体裁としては以下の五つの成功の法則を実例を挙げて科学的に解説していきます。

  1. パーフォーマンスが成功を促す。 パーフォーマンスが測定できない時には、ネットワークが成功を促す。

  2. パーフォーマンスには上限があるが、成功には上限がない。

  3. 過去の成功X適応度=将来の成功

  4. チームの成功にはバランと多様性が不可欠だが、功績を認められるのは一人だけだ。

  5. 不屈の精神があれば、成功はいつでもやってくる。

 

ライフサイエンスの世界でもどう考えても大した研究成果とは思えないものが巷でバスっているというような不可解な現象はあります。

その前に自分は頑張っているのに全然ダメという現実にもぶち当たりますがこの本を読むとその理由がなんとなく分かります。 しかし、ではこうすれば万事解決という方法が提示されている訳ではありませんけど。

 

第九章の「見過ごされた科学者を探し出すアルゴリズム」が面白かったので紹介します。

ノーベル賞の受賞は科学者の成功の頂点の一つでしょう。その意味ではノーベル賞受賞者は成功者といえます。

故に、ノーベル賞を誰が受賞するかは多くの科学者のその後の運命に大きな影響を与えます。

1984年のノーベル物理学賞はカルロ・ルビアとシモン・ファンデルメーアの二人に、「弱い力を媒介するW粒子、Z粒子を発見」した功績で授与されました。この受賞は1983年に彼らが発表した論文が直接の契機になっているのですがこの論文には著者が137人もいてルビア氏とファンデルメーア氏は著者の順番ではそれぞれ105番目と126番目だったという事です。 ではどうしてこの二人が受賞者となるのか。

これがバラバシらの疑問でした。

研究は以下の論文にまとめられました。

Collective credit allocation in science.”

このアルゴリズムによると確かにこの分野でノーベル賞が出るとすると先の二人が受賞者になるのだそうです。

 

このような解析をいろんな年のノーベル賞について加えていくと受賞者の選定がどうしても彼らの理屈に合わないcaseが出てきました。

The Nobel Prize in Chemistry 2008 – NobelPrize.org

の場合です。

この年のノーベル化学賞はGFPの研究について贈られました。

受賞者はOsamu Shimokura, Martin Chalfie, Roger Tsien の3名でした。

 

しかし、彼らのアルゴリズムによればDouglas Prasherは受賞者であるべきでした。

Prasher氏はGPFのcDNAのcloningを最初に行った人です。

Green fluorescent protein as a marker for gene expression | Science

所属していた研究所のテニュア審査に落ちて科学者としての人生を諦めて2008年当時にはアラバマでトヨタ自動車販売店の送り迎えの運転手をしていたのです。

彼が研究を諦める時にとにかく今後のこの分野の発展の為を思ってGFPのcDNAを「純粋な友情から生じた、まったく利他的に」Chalfie、Tsienの両氏に郵送し彼らは16年後にノーベル賞を受賞したのです。

 

このように「実作業に汗を流した者と栄誉を授かる者とは別」であるという現実があります。

よく業績があればなんとかなるとか言いますがぼくの実感でもそれは「真」ではありません。

とりあえず出世したければ「パフォーマンス」をあげる以外にする事があるだろうとは思います、特に日本では。

この本にはこんな話が満載で「成功」するためには「パフォーマンス」を出す以外に考えるべきさまざまなことがあるという事が科学的な解析結果と共に解説されています。

一読をお勧めします。

自己啓発本と見紛う表紙は派手でこんな深淵()な内容だとは思えません。

ザ・フォーミュラ 科学が解き明かした「成功の普遍的法則」


セミナーをホストします

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License