大学院コースセミナーの憂鬱

On 2013/1/30 水曜日, in book, hypoxia reseacrh, Lifehacking, by bodyhacker

すっかり間が空きましたね。とち狂っていたとか身体的な病気だったというわけでなくさぼっていただけです。

某論文の”discussion”が一応最後まで書けたのですこしホッとして精神的な余裕ができたので久しぶりにと思いました。

 

大学院コースセミナーの憂鬱

来月になると一番怖れている大学院コースセミナーがあります。これは以前にもしたのですがすごく緊張します。自分の大学の大学院生の前で英語で1時間は拷問です。せっかくの「尊敬」などがヘタな英語へ地に落ちてしまう可能性を秘めているます。しかも今回は「ガン」のコースでタイトルが”Critical involvement of hypoxia-inducible factor in Cancer Progression”。興味を持っても学生さん以外は絶対に来ないでください。ぼくタダの極東の一麻酔科医ですよ。

しかしこのセミナー教員でもやっていない人がいるようです。どういうことなんでしょうか。腹が立ちます。助教でも教員なんだから全員やれば良いと思います。

ちょっと気の利いた話をしようと”The EMPEROR OF ALL MALADIES-A biology of cancer“と”The Immortal Life of Henrietta Lacksを読み返したりし始めてまたまたどつぼりかけています。

HeLa本には邦訳があります。「不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生

The EMPEROR OF ALL MALADIES-A biology of cancer“は名著なのでガン研究者は一回は読んでおくのが身だしなみというものだと思います。でもたぶんどなたかが訳しているとも思います。

 

こう書くのですがうまくやってやろうというささやかな野望は持っています。といいつつコケたらどうしようかと考えるとやっぱり憂鬱だ。

 

ホラ吹きは成功のはじまり

「デキるふり」からはじめなさい 本屋で見かけてつい買って読んでしまいました。

「デキるふり」なら今日からできる

はじめからスゴい人などどこにもいない。どんな偉人だって、最初は背伸びをしていたものなのだ。デキる人になるためのいちばんシンプルな方法は「デキるふり」からはじめること。自分の尊敬する人のマネをしているうちに、いつしかそれは「本物」になっていく。本書では、デキるふりをするノウハウとともに、多くのエグゼクティブと接してきた著者が実践してきた「デキるふり」を披露。デキる人もモテる人も頭のいい人もすべて「ふり」から始まった。成長したいならまず背伸びをすることだ。少し枠をはみ出さないと現状は何も変わらない。今日から猫背はやめて、胸をはろう。まずは「デキるふり」からはじめよう。

かたち」から入るのも一つの方法です。「デキる」研究者になるために,iPhone, iPadはもちろんとしてプレゼンテーションはMacBookでキメてみてはどうでしょうか? 「おっ, iPadか」と思っていたらプレゼンテーションはWindow machineでPowerPointというのはどうもいただけません。どうせならiPadのままでやってみてください。

ぼくも明日から「デキる」ふりを演じてみようかと思っています。

この「デキふり本」,54個の箴言で構成されているのですがNo.1は「自分の師匠を見つける」です。誰か見つけてまねする事から始めてみるというわけです。

論文

一月になって論文が二つアクセプトされました。今年が「当たり年」になると良いです。

 

IMG_2367

もう春です

 

デスフルレンのセミナー

月曜日に札幌医大の麻酔科の平田直之先生の講演会が京大病院でありました。テーマは「デスフルレン」でした。昨年の臨床麻酔科学会のシンポジウムでの講演を聞いておもしろかったのでお願いしました。質問もけっこうたくさん出てよい講演会でした。質問が出ないと味気ないし全然おもしろくありませんよ講演会は。

平田先生はるばるありがとうございました。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License