土曜日術後インタビューを終えて久しぶりに映画を観るために「新梅田シティー」を訪ねました。(そういえばtaroと待ち合わせたのもここでした)
阪急梅田駅の茶屋町側の改札を出てヨドバシカメラの横を歩くのですがほんの二ヶ月ぶりのはずなのに景色が全く変わっていました。建築ラッシュです。
「新梅田シティー」につくとドイツ祭りをやっていました。映画のチケットをとってなお時間があったのでぶらぶらしました。
店がたくさんででいてグリューワイン,ビール,ソーセージなど売っていました。

カメラロール-1063

カメラロール-1059

映画館は「るろうに剣心」が大入り。アニメが好きそうとは思えない普通の女子で満員でした。ーちなみにぼくと家内は別の映画を観ましたー。
映画の最中に下痢になり10分ほど退場。何だったんだろう。グリューワインの呪いかもしれません。

カメラロール-1076

カメラロール-1080

上の階の映画館では「サルトルとボーヴォワール 哲学と愛」をやっていたようです。
その影響でもないのですが,帰りに立ち読みしたのが

普通のダンナがなぜ見つからない?」です。

オーネットという結婚相談所の重役さんが書いた本です。その意味では,
婚活したらすごかった」とはだいぶ趣が異なります。

「普通のダンナ」ってなかなかいないのだそうです。存在率0/8%。
〈会話普通50%×身長普通50%×清潔感普通50%×ファッションセンス普通50%×学歴普通50%×年収50%≒0.8%〉
オーネットってすごいですね。入会に10万9800円かかりますし、月々1万4280円も掛かるのだそうです。

ぼくも今年でもう22年以上結婚が続いています。家内は「ぼくを拾ってやった」と今でも言い続けています。

カメラロール-1089

カメラロール-1087

これまた土曜日の朝に,仕事をしていて淀井淳司先生が現在の所属をどうされているか調べるためにpubmed検索していたら日本血液学会の英文雑誌に

The discovery of ATL: an odyssey in restrospect.

Int J Hematol. 2011 Nov;94(5):423-8.

というエッセイが出ていることを発見しました。
早速読みました。
淀井さんが高月先生らと後にATLと呼ばれることになるT-cell lymphocytic leukemiaの二症例をNew England J Medに発表したのが1974年です。
吉田光昭先生らがウイルスを単離したのが1982年でIL-2 receptorのalpha chain (Tac抗原)のcDNAが単離されたのが1984年です。
内山卓先生はすでにお亡くなりになっていますが,高月清先生をはじめとしてこのエッセイの多くの登場人物に実際に会って話をしたことがあります。淀井さんからよく聞かされた話ばかりで知らないことは何も書いていないのですが文章となって並ぶと感慨深いものがあります。
初めて読む人には登場人物が多くてすこしと思います。なんでこの人とこの人が関係あるのとかも思うかもしれません。でも関係があるのですね。

淀井さんは結局このATL研究からADF(ATL-derived factor)を経てThioredoxinと来てTXNIPにたどり着かれました。留学中にやっていたCD23とかGIF研究も結局TRX研究に収斂していくのですからすごいとしかいいようがありません。
この物語の最後の15年くらいついてはぼくも生き証人です。
ぼくが淀井研に参加した時の話題の一つにNF-kBのレドックス制御という問題がありました。結局この問題の延長線上にぼくの学位論文も存在して院を終わってからしばらくはこのラインの仕事をしていました。ぼくは,ここから派生して低酸素の研究に移行しました。この間の事は
「麻酔」という雑誌の特集号「周術期医学としてのハイポキシア生物学の探究」としてまとめてみました。

淀井さんのエッセイの最後は

I hope this essay will give encouragement to young generations to not simply follow contemporary paradigms or dogmas, but challenge them with one’s own wild ideas.

こう締めくくられています。淀井さんがいつも話していたことです。ATLの臨床からTXNIPまでつながる研究は確かにまったくもって淀井さんのオリジナルな研究のラインだと思います。その意味で天才です。(今日はすこしほめすぎました)

カメラロール-1175

最後に久々に今日のtweetです。

ぼくは実験を始めて数年は全然データが出ませんでしたが,そのうちにすごく実験がうまくなりました。ネガティブデータはでるが実験を失敗するということが無くなったのです。たまに失敗すると誰かが邪魔しているんじゃないかとか思ったりしました。実験なんて右のモノを左に移しているだけですから極めたらほんと極まるわけです。何事も精進です。
< 追記>
すごい先生方はここに「祈る」というステップが加わります。
「—夢みて行い,考えて祈る—」です。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License