生化学会の話ー雑感ともいえない

On 2012/12/16 日曜日, in books, hypoxia reseacrh, by bodyhacker

金曜日生化学会に参加の為福岡入りしました。

カメラロール-2113

主目的は,シンポジウム 「低酸素応答が制御する多彩な生命現象 -生理機能の解明から疾患に迫る-」とその後の打ち上げへの参加です。

会場の福岡国際会議場に到着して,まずシンポジウムの会場を確認して, その後マリンメッセ福岡に向かいました。DBCLSのブースに立ち寄るためです。

カメラロール-2112

@iNutさんがTシャツだったのにはびっくりしました。実は地下鉄でも半袖で汗かいている人を見つけて福岡の奥深さを思い知りました。

 

初日は分子生物学会と併催で会場にはおびただしい数のポスターが展示されていました。

カメラロール-2106

会場にはなぜか高校生が大勢いてなんなんだろうと思っていたら高校生によるプレゼンテーションコンクールが開かれていたのでした。

その後梅ヶ枝餅を食べながらシンポジウムの準備をしてその後会場に向かいました。

カメラロール-2109

今回の演者は発表順に

  • 冨田 修平(鳥取大学)
  • 今岡 進(関西学院大学)
  • 広田 喜一(京都大学)
  • 坂本 毅治(東京大学)
  • 中山 恒(東京医科歯科大学)
  • 鳥居 暁(東北大学)
  • 井上 正宏(大阪府立成人病センター)
  • 南嶋 洋司(慶應義塾大学)

の先生方でした。

ぼくにとっては久しぶりの顔もありオーガーナナイザーの中山さん,南嶋さんの人選はとてもよかったと思います。

坂本さんがどう考えても大学院の学生さんにしか見えなかったのが印象的でした。

低酸素研究の現代化にはHIF研究が重要な役割を果たしてきたと思いますがさらに進化して多様なものになってきていると思います。

皆さん口演巧者で見事なまでに時間通りに進んでいき適当量の質問も出てシンポジウムとしては成功だったと思います。 立って聴いておられる参加者もいらっしゃいました。

7月には東京で「低酸素研究会」が開催されるそうです。 興味のある人は,早稲田大学の合田さん,東大の武田さんに連絡を取ってみてください。

シンポジウムが終わると大雨に変わっていました。

会場前のタクシー乗り場には長蛇の列ができていたのですが,田久保さんのアイデアで会場隣のホテルのフロントからタクシーを呼んでもらい-田久保さんは体育会系クラブの出身者なのでしょうか-打ち上げ会場に向かいました。以前麻酔科学会で訪ねたことがあるお店で今回も料理と酒がおいしく大満足。Andyありがとう。奥さんにはいろいろな事は黙っておきます。

カメラロール-2120

鳥居さんが柏崎の人で長岡高校の卒業生であることを知ってびっくりしました。どうせぼくは六日町高校ですけど…

カメラロール-2139


これで来年まで出張はありません。 未完成な原稿の完成に取り組みます。

というわけで今日も午前中から研究室で仕事しています。月曜日は当直なので今日中に目処を付けておく必要があったのです。何とか目標は達成できたと思います。


帰りの新幹線で 文藝春秋に掲載されている沢木耕太郎さんの「キャパの十字架」と吉成真由美さんのインタビュー集「知の逆転」を読みました。

二つともmust-readと掛け値無しに言えると思います。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License