「反面教師」を目指しています

On 2014/5/11 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

動物実験や遺伝子組み換え実験を行おうとすると研究機関が行う講習会に参加して認定してもらう必要があります。その上で申請書を提出し承認されてはじめて実験を遂行できる条件が整います。勝手にマウスを200匹実験に使うなどは許されません。

ぼくらの大学でも二回に分けて4月に講習会が開催されました。

昨年異動してきたときに遺伝子組み換え実験の講習を受けたと思い込んでいたのですが実は受講していないことに10日ほど前に気づきました- その代わり動物実験の講習を二回も受けていました-。その場合、学内の規定では「当日の講習会の内容を含んだビデオを教材とした臨時講習会を各講座で開きその受講証明を持って担当責任者の面接を受け試験合格の後に受講終了と見なす」ということでしたので麻酔科でビデオ講習会を開いてそののち主任を務めている微生物学講座の藤澤先生の面接を受け試験を受けて晴れて合格となりました。

院生の話を聞くと当日の問題は難しかったとのことだったし、藤澤先生は三人落ちたとおっしゃっていたのでちょっとびびっていました。

 

面談の折りに藤澤先生と30分ほどいろんな話をさせていただきました。

藤澤先生は一貫してHTLV-IとATLの発症の関連の研究を続けておられます。 以前に書いたことがあるかもしれませんがぼくもHTLV-I関連の研究に関与していた時代がありました。 話を伺うと藤澤先生は吉田光昭先生の研究室でTaxの研究をされていたということで、研究を始めたばかりの大学院生時代のことを思い出してちょっと気分が高揚するような体験をしました。ぼくもTaxを扱っていました。TaxってNF-kBを活性化するんですよ。(参照:藤澤研のページ

大学院時代はthioredoxinという蛋白質の研究をしていて麻酔科に戻った後も機嫌良くこの蛋白質の研究をしていたのですがあるとき当時の教授に「お前、そんなthioredoxinなんて蛋白質は麻酔科で知っている人はいないのだからいい加減止めてもっと解りやすいことをしたらどうか」といわれてそれもそうだなと思って今の低酸素の研究をはじめたのでした。それでその出来事の少し前に慶応大学での某meetingで話したGLSさんの事を思い出して彼に取ってもらいました。特に特別な戦略があった訳ではありません。 それでもぼくのやっていることは麻酔科医には解りにくいと思うのですが「酸素」というキーワードでなんとか許してもらっています。(この分野もセントラルドグマの定立のあとは諸説出過ぎて何が何だか解りにくくなりそろそろ潮時ではないかと考えています。)

自分のアタマの中では一貫して「ぼくはredox biologyの研究を転写因子の制御を題材に行っているのだ」とは思っていてその考えをまとめたこともあります。

「周術期医学としてのハイポキシア生物学の探究」 

残りの研究人生-実際いつまでできるかわかりません-は原点に戻っての仕事もやっていきたいと思っていてthioredoxinという名前をすべての麻酔科医とか集中治療医が当たり前に知っているという状況を作るような仕事をこれから目指そうかと思っています。 これはなんとかいけるのではないかと思っています。 引用回数500回超の「三塁打」を目指します。

という訳でこれからは「無駄な事」は極力しないという方向性で学会の出席も意味のあるものだけに限っていこうと思っています。実際忙しいし来週の某学会も欠席です。

IMG_7577

IMG_7576

 


小保方晴子さん(以下、オボちゃん)問題は大きなところは残りはオボちゃんの学位問題を残すだけになりました。論文自体はNature誌によって取り下げられるのではないでしょうか。

今まで生物学の実験をして論文を書いたことなどない人まで「再現性」とか「切り貼り」とか言い出して空前の騒ぎになりました。

日本分子生物学会の理事長は会員に向かって

「 理事長からのメッセージ(2014年初夏)「科学」という手続き」

というような訓辞を送りまた自身のブログでは

「「切り貼り」の一人歩きを憂う」 

というような主張を「あくまで個人の意見」として開陳しております。

今さら何なんなんでしょうか。自分の研究室院生とかにちゃんと話していなかったのでしょうか。

一応書いておきますが、ぼくはあくまで研究は「信じる」ことから始めています。信じる対象はさまざまですけど。

 

今回の騒動でぼくが感じた違和感の元は以下の二つくらいにまとめられるかも知れません。

 

  • 「再現」ってたぶんそんなに単純でない

以前にも書きましたが論文を発表する場合は 

自分の研究室で妥当な量的な振れの範囲で定性的に実験結果が再現されることが確認できれはそれでOK

ということにしていますというかこれ以上責任取れません。

今現在例えば10年前に発表した自分の論文の実験結果を再現してみろといわれてもどれだけの精度で再現できるかはちょっと解りません。

実験によっては10µlが11µlになっただけで結果が異なってくるような実験もあります。再現、再現と皆簡単にいいますがちょっと大丈夫かなというような気もします。

研究者の世界で主張が受け入れられれば論文の引用回数が上がるというくらいの指標で自分らの発見・報告のインパクトを忖度しています。

MUSE 細胞ってどうなんでしょうか

論文1  引用回数82回(web of science)

論文2  引用回数41回(web of science)

です。二つともPNASの論文ですが微妙な回数ですね。これってご自身のものはよいとして他の研究者による「再現性」ってどうなんでしょうか。

 

自分たちの手で再現できないことが明かな実験結果を含む論文を平気で投稿している例などいくらでもあります。

–これから20行くらい実例が入ったちょっとすごい内容だったのですが「血」出ても困ると思い「自粛」することにしました–

 

  • 切り貼りって不正のごく一部

オボちゃんが「やった」とされたのはホントに初歩的な切り貼りでガチに不正をやる人たちは「切り貼り」なんてしないと思います。最初から蛋白質の量や核酸の量を欲しいだけ電気泳動して結果を出されたら少なくとも論文の査読のレベルでは気づかれることはありません。今回のNature論文だってもっと巧妙にやることはできたはずでそうすれば「不正」は不正かどうか判定できなかったはずというかこんな調査にならなかったのかもしれません。ただ単に「再現できない」結果を含む論文となっただけかもしれないのです。 画像の切り貼り以外のもっと本質的と思われる問題点については今回は調査の対象にならなかったしたぶん永久に封印されるのだと思います。 つまり「わかりやすい」不正以外は「不正」として「有罪認定」されません。

 

社説:STAP調査 これで幕引きは早い


 「全貌解明」を主張する人がいてもそれはそうだろうと思います。 

 

オボちゃんの一連の出来事と平行して高血圧治療薬のディオバンをめぐる研究不正も追及されていました。

多くの大学病院の医師達が適当にデータをいじくって都合のよい結果を導いていたのがバレて製薬会社にその責任を丸投げしようとしているという事件です。国民の健康に直結するこの事件の方がオボちゃんの一件より重大だという人もいてそれはそうなのだと思います。

こういった事件が起こる背景には一旦論文が出ると、NNTの計算もせずに「有意差がある」という結果を学会や製薬会社のプロモーションで聞いただけで、どんどん薬剤を処方するわかりやすい医者がいるということがあると思います。データをいじって妙な論文をでっち上げる奴らも悪いのですがいわれるがままに処方をする医者も悪い。 ここら辺の解決がない以上こんな問題はまた起こるような気がします。

要するに日本では医者の「頭」も前近代的なのかも知れません。

そもそも論文をきちんと読まない。誰かがどこかにまとめてくれた「要約」で結論だけ受容してしまうというようなことはそこら中で起こっています。

 

村上春樹氏の小説,「ねじまき鳥クロニクル」の34章にあるエピソードがあります。シベリアの強制収容所の支配者ボリスが間宮中尉に話す台詞です。

我等がレーニンはマルクスの理屈の中から自分に理解できる部分を都合よく持ち出し、我等がスターリンはレーニンの理屈の中から自分の理解できる部分だけーそれはひどく少ない量だったがー都合よく持ち出した。そしてこの国ではな、理解できる範囲が狭い奴ほど大きな権力が握れるようになっているんだ。それは狭ければ狭いほどいいんだ。

これって重要な指摘です。

 

オボちゃんって一体どんな人なのでしょうか? 一度でも話したりするとイメージがつかめるのですが皆目見当がつきません。厳しい箝口令が引かれているのか彼女の人となりについてまったく情報がありません。 ピンクの研究室で一緒に実験をしていた人がいるはずですがどこで何しているのでしょうか? 不思議です。 同じ建物で研究していたら廊下ですれ違うだろうし交流する機会もあるだろうし何かあると思うのですがそういった話が表には出てきません。 新聞・雑誌記者は何しているのかなと思います。

彼女の理研への採用の経緯などは若い研究者としては是非ともしっかりと知りたいことなのではないでしょうか? 誰の推薦状を持ってどのようなプレゼンテーションを行って採用に至ったのかとかそんなことです。

すごく昔ぼくも産業技術総合研究所の主任研究員になるとき面接を受けましたー就職で面接を受けたのはこれが初めてでしたー。 霞ヶ関の経産省の建物にある産業技術総合研究所の理事長室での理事長面接とその翌日につくばの本部で10人くらいの理事面接を受けて就職させてもらいました。特に厳しい質問などはなく理事長室を退出する際には「がんばってください」と声を掛けていただきました。握手もしてもらいました。 理事面接が終わったときには京都大学の出身の工学系の理事さんから「君は京大か。産業技術総合研究所では少数派だよ。ともにがんばろう。」と言われこれまた握手をしてもらいました。結局一年半でやめちゃいましたけど…

ちなみに産業技術総合研究所をやめるときには大学に戻すが医員になれといわれました。大学院生を四人抱えていたので丁重にお断りして北野病院に院生と共に異動しました。ここは実は田附興風会医学研究所の病院で医者は日本学術振興会の科学研究費の申請資格があります。

コネって重要なんです。どんな業績があろうが講座の主宰者に嫌われたらそれでお終いです。

 

オボちゃんの動機-というかこんな大それた事の筋書きをすべて彼女が書いたのかどうかさえ不明なのですが-はよく解りませんが「人を出し抜きたい」とか「脚光を浴びたい」というようなことは人間の根源的な欲望でこういったことからなかなか人は自由になれないと思います。どんな「方策」を講じてもより巧妙な手口でこいうことは何度でも繰り替えされると思います。 ディオバン事件も本当の理由はこういったことではないかとぼくは思っています。

どうであれ人前にでることを目指す人は確実にいるのです。

 

といわけで、取りあえずぼくらも“RESEARCH LAB NOTEBOOK”使うことに決めて10冊ほど買い込みました。先日藤澤先生に訊いたのですが実は大学でもロゴ入りの同じものが買えるのだそうです。 

IMG_7636

IMG_7624

 


PeerJというon-line open journalがあります。昨年ぼくらの論文をここから出しました。

その折りに「reviewerのコメントを公開するオプションがあるがどうするか」という問い合わせがあったのですがちょっとひるんで断りました。 PeerJではこの査読者のreviewにDOIを付与して一つの出版物として扱うことにしたようです。

PeerJ Peer-Reviews Now Have DOIs いい制度だと思います。

<blockquote class=”twitter-tweet” lang=”ja”><p>Peer-reviews at PeerJ now have DOIs <a href=”http://t.co/hdWo0REkGL”>http://t.co/hdWo0REkGL</a></p>&mdash; PeerJ (@thePeerJ) <a href=”https://twitter.com/thePeerJ/statuses/463584936793243648″>2014, 5月 6</a></blockquote>
<script async src=”//platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

肯定するにしても批判するにしてもreviewerは一貫した節度あるコメントを責任を持ってする必要が出て来るのですが一方無償であるとか時間を取られるなどとかく問題の多いこのような査読が一つの業績として認められるという事にもつながります。

 


 

こんなのあるんですね。 ぼくなんて完全に「デキナイ上司」ですよ。というか日本一の反面教師をぼくは目指しています。

IMG_7463

IMG_7461

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License