奈良東大寺

On 2014/5/18 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

朝から日当直です。

午前中にいろんな事ができて今日の予定を順調に消化して疲れたのでぼっとしています。

いつもの日曜日当直なら今の時間(午後3時)くらいにはお呼びが掛かって麻酔をしている場合が多いのですが今日は今現在何もありません。いつもと違うのでこのまま行くかもしれません。

6時くらいになっても何もなければ河川敷に出て夕日をながめようかと思っています。

【追記】

結局「出動」してしまい夕日を観ることはできませんでした。


連休の真ん中5/3に家内と東大寺を訪ねました。関西に30年以上いて一度も訪れたことがないことに気づき思い立ちました。 朝起きると雨だったのどうしようかと思いましたが結局出かました。難波で近鉄線に乗り換えて近鉄の奈良駅に到着です。 県庁前を通って直ぐに東大寺の境内に到着です。

小林秀雄に「」という随筆があります。

小林秀雄は1928年の約一年間を奈良で過ごしたことがあるそうで約20年後に奈良を再訪して東大寺の二月堂でボッとしていると「失われた時間」を読んだ事を想いだしそこから「時間」についてとりとめもない概念がうまれてきた、ということをつづったごく短い文章です。

二月堂ー大仏殿ー正倉院ー転害門を経て海龍寺まで彼は歩くのですが地図で調べるとものすごい距離になる事がわかり転害門-正倉院-大仏殿-二月堂と歩くことにしました。

脇道にそれて、大仏殿を表に回り込むと雨にも関わらず大勢の観光客で道があふれていました。修学旅行生も大勢いて修学旅行のメッカなのですね東大寺は。ぼくの高校時代の修学旅行は京都・奈良でしたが東大寺でなく薬師寺を訪ねたのでした。

小林秀雄は湧いてくる観念から逃れるように西に向かって早足で歩きながら 「私が信じているただ一つのものが、どうしてこれ程脆弱で、かりそめで、はかなく、又まったく未知なものでなければならないか」などと考えたのです。同行した家内はもちろんこんな事は知りません。呑気に鹿にエサをやっていました。

この随筆は「小林秀雄全作品 第17集 私の人生観」に収録されているのですが文庫本としては「Xへの手紙・私小説論」に入っています。 ほぼ同じころやはり奈良を舞台とした「蘇我馬子の墓」とうタイトルの随筆を発表していてこっちにも心引かれます。 こっちは「小林秀雄全作品 第17集 私の人生観」と文庫本の「モオツァルト・無常という事」に収録されています。去年訪れました。

奈良は遠い場所だと思い込んでいたのですがえいやっと思えばごく短い時間で訪ねることができる場所です。


今朝の日本経済新聞の「日曜に考える」で「科学研究 公正さどう保つ」というタイトルで日経の記者が大隅典子さんと北沢宏一さんに科学研究のあり方について「聞いた」という記事が掲載されていました。(参照:購読権が必要です)

生命科学分野は研究不正が起きやすいそうですね。

「日本に限らず欧米でもそうした傾向があるようだ。実験などに多くの人がかかわり、労働集約的な面があるのが一因かもしれない。新しい解析技術が次々に導入されて電子データを扱うことが一般的になり、パソコンによる画像加工などが容易になったのも背景にあるだろう。」

ぼくはもし生命科学で起こりやすいとしたらそれは生命科学のあり方に内在するものだと思っています。 つまり学問が民主的であるという事に。

数学とか理論生物学は学問として遂行するために特別な能力が求められます。ぼくが考えるにそれは努力でどうにかなるという類いのものでなく生まれつきのものだ。そのような特権的な学問領域に参入できる人の数は限られていて妙な過当な競争は起こりにくいのではないか。それに比べて生命科学では「学位論文をコピペ」したり「研究熱心で寝食を忘れて没頭」したりでなんとかなる場合がある。ついでに「「美味しいそばが食べたい」と実験の空き時間に「そば打ち教室」に通ったり、仲良くなったケーキ屋さんに突然弟子入りしたり」でもOK。(参照

論文はどの程度、重要ですか。

「有名誌に論文が載るかどうかはいわばいっときの出来事。後々まで自分の足跡として残るのは、長い研究の歩みの中で何を明らかにできたのかということではないか。評価する側もそこを見なくてはならない。英誌ネイチャーや米誌セル、米誌サイエンスなどに載るのがそれほど大事なのか。私は既に教授の地位にあるのでこんなことが言えるのかもしれないが」

医師免許を持って研究をしている人の中にはバットをぶるんぶるん振り回してどこかで当たればホームランというような研究スタイルを採っている人がいます。ハイインパクトな論文を出すのが目標であり継続して研究を続けていくという意志をはじめから持っていない人もいます。

山中さんでさえ 「医師免許があると普通の基礎科学者より給料が少し高いですし、いざとなったら臨床に戻れるという逃げ道があるから生活の心配をしなくてもよい。大胆なことができるし、留学もしやすい。僕自身がそうでした」といっておられたのです。(参照

ぼくにもその側面がある事は否定しません。

 

なかなか闇は深いと思います。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License