昨日は日当直でした。

満0日児の麻酔はいつやっても緊張します。

 


STAP問題オボちゃんが「再現」実験に参画することが決まったようです。(参照

やっぱり割烹着着るのでしょうか? 全てがビデオ撮影されるのだそうですからわかっちゃいますね。

診療録ってどんどん電子化されてきています。一度書き込んだ記述は消えません。訂正の履歴が全て残る仕様となっています。手術もほとんど全てビデオ撮影されています。その意味では医者も結構な環境下で仕事をしています。

 

さて東京大学の佐倉統さんが6/26に日本記者クラブで行ったセミナー(日本発の研究は信頼回復できるか」2の全部がYoutubeに上がっていました。

STAP細胞をネタにした研究論です。

これにまつわる話はもうイヤになるほど見聞きしましたがこのセミナーはホント良くまとまっていると思います。 とくに「オボちゃんによる再現実験には意味がないのだ」という主張にはそれなりの説得力があります。

極端に走らずバランス良く今回の出来事をレビューしてそこから研究・科学のあり方の「現在」を解説されておられたと思います。

 

論文-その分野の基準書-一般向け標準書ときて高校の教科書に載ったらさすがにその発見は「正しい」と皆に思われていると考えてもよいのではないかという言い方はそれはそうだと思いました。

 

科学の駆動原理は市場化しているのに、理念型は無償の公的奉仕という19世紀モデルのまま」「現代の科学者は行動規範としてダブルスタンダードを強制されていて」というのはなるほどそうだとこの言い方に感心しました。(55分頃)

 

92分の長尺ですがぜひ時間を見つけて視聴してみてください。画像付きなのですが「音」を聴くだけでも十分内容をフォローできます。 ぼくは土曜日の帰宅時に全てを「聴き」ました。

「日本発の研究は信頼回復できるか」2の「2」って何だと思ったらこれは「日本発の研究は信頼回復できるか」というセミナーシリーズの第二回目だったのですね。

第一回目は山崎茂明(愛知淑徳大学教授)さんが担当されたようです。(参照


帰りの電車で

基準値のからくり (ブルーバックス)

を読みました。

 

全ての国民必読というか高校生の授業で使ったらどうかなというような内容です。

一読するとあなたも「基準値博士」になれます。

 

研究室の冷蔵庫に賞味期限が 6/23のヨーグルトがあったので迷ったあげくに食べました。味も変わらずお腹も壊しませんでした。

阪急電車での携帯電話の使用基準が7/15から変わるそうです。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License