UCPな研究者とは

On 2014/7/14 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

 

金曜日当直で日曜日は日当直。中の土曜日は朝から学生さんも巻き込んだ医学教育ワークショップに出ていたので某原稿の作業が進みません。

ちょっとどうなるのか自分でもわからなくなってきました…

IMG_8921

研究室を出たところから 夕焼けがきれいです

 


継続して論文を出す

PLoS Oneに”Estimates of the Continuously Publishing Core in the Scientific Workforce”というタイトルの論文が出ていました。

出版社のElsevierが運営してるScopusというデータベースがあります。それを用いた研究です。

まず、研究者(Scopus author identifiersで区別します。なので場合によっては同姓同名の別人に同じauthor identifiersが振られている場合もあるかもしれませんし同一人物に別のIDが振られている可能性もあります)のうち1996年から2011年までの間に年に少なくとも一つの論文(item)を途切れなくpublishしている人が何人いるかを調べました。 この期間にScopusでインデックスされた研究者(Scopus author identifiersが異なる「人」)は15,153,100人いて1996年から2011年までの間に年に少なくとも一つの論文(item)を途切れなくpublishしていた人(person with UCP:uninterrupted, continuous presence in the literature, 「UCPな研究者」)は150,608人いました。つまり1%以下です。

この「UCPな研究者」は引用数の41.7%を占めていて、さらに引用回数が1000回より多い論文の87.1%は「UCPな研究者」が著者の一人になっていました。

 

「UCPな研究者」のこの期間中における論文数の平均は122.7篇で中央値は94篇でした。また「UCPな研究者」のH-indexの平均は23.1で中央値は21だったという事です。

一方UCPでない研究者の同時期の論文数の平均は4.9で中央値は1でした。H-indexの平均は1.8で中央値は1でした。

open journalなのでtableの一部を引用しておきます。SkipとかSkip-1とかありますねよく読むと結構おもしろいです。一度どうぞ。

Journal pone 0101698 t001

 

1996年ってぼくの名前が載った論文が世の中に出始めた年で1996年から2011年というのはぼくの研究歴そのもです、つまりぼくも15,153,100人のうちの一人です。

調べたらぼくは「UCPな研究者」でした。 つまり1996年から2011年まで途切れなくぼくが著者として入っている論文が出続けていました。ぼくが第一著者の論文もあるしコレスポンディンク著者の論文もあるしその他の共著者の論文もありました。

ぼくのH-indexは40ですが、論文数としてはぼくは122篇も論文はありません。多産ではないのです。

 

15,153,100人の中には例えば大学院生で一篇だけの論文に名前が出て以後研究活動を行っていない人も含まれているはずですのでUCPな研究者が1%位というのはあながち間違えではないかもしれません。

 

研究を継続するためには研究費が必要でその為には申請書の文献リストに論文が一つという訳にはなかなかいきません。 確かに毎年一つくらいはあった方がいいなという気もしますがいくつあったらよいのかについては誰も知りません。non-UPCであっても年に一報出ていれば研究活動の継続はできそうです。

日本では科学研究費の申請でその研究者の今までの研究ヒストリーが過去5年間の業績以外に正面切って問われることはありません。

つまりどこでまたは誰にトレーニングを受けて今までどのような職についてどのような研究をしてきてどのような論文を発表してきたかについては不問です。

「申請書が全て」が建前。でもぼくは実際はそうではないと思っています。

 

藤田保健衛生大学の宮川さんが安定した基盤的研究費をという提案をされています。大賛成です。

IMG_8836

 


最近、本をほとんど読んでいません。電車の中でもひたすら論文を読んでメモを取ったりしています。

残り2000語くらいとfigureをいくつかで取りあえずdraftができるのですがそこから「寄せ」があって…と考えるとこんなブログエントリーを書いている場合ではありません。

今日大学で科学研究費の内部監査大会がありました。某K大にいたときに一回「時計台」から人が来て一時間以上いじめられたことがあったのですがそれ以外はこういう監査はありませんでした。結局5分で終わりました。きちんとやっているという証拠を取っておくことが重要なのかも知れません。とにかく私立大学はイジメの対象になりやすいです。

大それた悪い事をやっているのは断然旧帝大だと思うのですが…

 

 

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License