「聴診器賦」

On 2015/1/17 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

昨日は寝る直前に1時間ほど働いたほかは、平和な当直でした。

今日の午前は故あって麻酔をしたのですがいわゆる会心の麻酔でした。

ぼくなど特別な技もないので落ち穂拾い稼業を行っているだけの人間なのですがちょっと本気を出すと結構行けるかもと錯覚します。

 

集中治療領域での人工呼吸にはいろんなモードが存在しますがどれがどうなのかというようなことについての知識には直ぐに遅れを取ってしまいます。今日の医局の会ではその中の一つについてのミニレクチャーを聞きました。


聴診器賦

雑誌New Yorkerに面白い記事がありました。 ”Ode on a Stethoscope“というタイトルで、日本語にするのは簡単ではないのですが「聴診器賦」とでも訳せばいいのでしょうか。

医学雑誌は、研究結果や症例報告を掲載するのが主目的で発行されていますが多くの雑誌が「詩」を掲載しています。こういった”poem”についての考察を展開しています。

New Yorkerの記事は、呼吸器関連の専門誌に掲載されたAn Intern’s Recollection of a Night at the V.A., July 2004というタイトルのpoemの引用から始まります。

無料で公開されていますので全文を引用します。 つまりこんな”poem”です。

After the code,

a perfusing rhythm back and a new

chest tube to suction, my chief offered

some feedback on

my central line:

the needle was

in the wrong place,

just like me.

作者は当時麻酔科のレジデントだったそうです。

 

この記事、なかなか良い着眼点だと思いました。

POEMS synderomeという疾患単位があるのですがそれについてのPOEMもあるのだそうです。

 

麻酔科領域の専門誌であるAnesthesiologyにも”MIND to MIND”というシリーズタイトルで このようなコーナーがあります。

”Creative writing that explore the abstract side of our profession and our lives”なのだと謳っています。

例えばこんな感じです。

 

医者も職業の一つでその部分集合である麻酔科医にも専門誌で普通に議論されるような論点とは異なる職業人としての哀感があってそのようなものを表現してるのだと思います。一応毎回眼は通しています。

 

そういう眼で医学雑誌の”POEM”を眺めると面白いと思います。

医学雑誌以外にこういうコーナーってどれくらいあるのでしょうか。

 

雑誌の表紙

雑誌といえばその表紙が時々話題になります。Cellとその関連誌の表紙は毎号気合いが入っていて時々業界で話題になります。tumbrでなんどもreblogされる表紙もあります。 例えばこれ

表紙といえば日本分子生物学会の雑誌”Genes to Cells”の表紙も素晴らしいです。ギャラリーがあります。これだけなら完全に「世界制覇」を果たしています。【作品」はどれも甲乙つけがたい力作です。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License