研究室の人数が増えた

On 2015/4/20 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

 

金曜日に朝まで麻酔をして—時々忘れた頃にこういうことになりますね—ヘトヘトになって昨日も日当直でどうなることかと思っていたら何も無く予定通りに原稿と査読の作業が終わりました。


研究室の人数が増えました

4月になって研究室への参加者が増えて、ぼくと関連のある人は結局総勢7.5人となりました。0.5人分は学部二回生の学生さんです。

今日全員集まったlab meetingをはじめて開きました。

ジャーナルクラブも参加者が増えて担当頻度が減ることになりました。

これで一年どれくらいまで行けるかですね。

 

 

以前に”How to write a lot“という本を読んだことがありました。 内容は”A Practical Guide to Productive Academic Writing”の指南です。

 

最近翻訳が出て翻訳も買って読んでみました。(「できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか」)

“たくさん”書く為にはそれなりの方法があるのだという内容なのですが、村上春樹氏がいうこところのチャンドラー方式と通じるところがあります。

 

ぼくも文章は毎日結構大量に産み出しているのですが論文とか一冊の本にならないということろに問題があるのです…

目次は解説担当の三中信宏さんのページでご覧頂けます。

 

できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License