Shake It !!

On 2015/5/2 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

研究室の皆と隔週でジャーナルクラブを開いています。(参照)

3月までは3人でしたが4月からは7人に増えました。順番が廻ってくる頻度が減ります。

この前の回はY口さんが担当でした。 4/18-4/22までフィラデルフィアで開催された“AACR Annual Meeting 2015”に参加されたのですが、いくつかトピックスを紹介してくれました。 その中で、強調していたのは癌の免疫療法でした。

ここ数年というかほんの少し前から爆発的に進んでいる癌の免疫療法がいよいよメインストリームに乗ってきているという話です。 癌の免疫療法といえば少し前までは結構いかがわしい感じを醸し出していたものでしたが今では全く様相が異なります。

5年もしないうちに現在行われている癌治療は全ての癌で根本的な見直しをうけることになると思います。

これは明確な革命だと思います。

ご老公に某N賞いくかもしれません。

すべての写真-1765


Precision Medicine

Nature誌に Personalized medicine: Time for one-person trials というタイトルの文章が掲載されていました。

Precision medicine requires a different type of clinical trial that focuses on individual, not average, responses to therapyという内容なのです。

著者が”Imprecision medicine”と呼ぶものの代表として様々な薬剤のNNT(number needed to treat)が取り上げられていました。

例えば胸焼けというか逆流性食道炎に対するesomeprazoleのNNTは25です。また喘息におけるfluticasone propionateのNNTは20です。 フルタイドでさえNNT=20 !!

多くの患者は本人にとって効果の薄い薬剤を投与されているという現実があるわけです。

Precision medicineが真により精密になりある特定の個人にとって無意味な処方を含む療法があると解かるようになればそんな療法は止めてしまう方が良いことになります。

ある薬剤の効果を患者集団で比較して有効性を判定する従来型の臨床トライアルと並立して個々人に焦点をあてたN-of-1 trialsがもっと推進されるべきだというわけです。 主張には十分説得力があると思います。

麻酔科の医者が使う薬は、NNT=1かつ5分以内に効果が現れるというストロングディシンがほとんどなのですがステロイド剤、ニコランジル、シベレスタットなど効いているのかどうなのかよく解らん薬もいまだ結構使われています。最もこれらは麻酔のためというより広い意味での周術期管理のために使われている薬剤なのでどうでもいいともいえるのですけど…

症例報告が結構好きです。皆がもっと気軽に自分が臨床現場で経験したことを明らかにしたらよいと思います。某学会は症例報告は原則受け付けないのですが麻酔記録ベースのケースカンファレンスを20名くらいのグループで行うようなセッションをいくつも作ったらどうかと思います。 朝7時くらいから朝食付きでやるのですが結構集まるし盛り上がるのではないかと思っています。

しかしこういったことも英語でして少なくとも検索にかかる形で公表しないと折角の価値が下がると思います。


プロポフォールの使い方

今日麻酔をしていてある事に気づきました。 Diprivanというpropofol製剤があるのですが、添付文書や箱に「使用前にアンプル又はバイアルを振盪すること」とあったのです。

最後に追加した項目-499

ちょっと気になったので別の会社が出している別のpropofol製剤の添付文書を確認するとやっぱり「使用前にアンプルまたはバイアルを震盪すること」とありました。

今まで「震とう」など意識的にしたことは無かったのですが用法を誤っていたことになります。あくまで「震とう」なのでshakeするのではないとは思います。

とにかく添付文書が絶対だとしたら… これが原因で、特定機能病院を取り消されたらどうしよう。


評判の「進化の謎を数学で解く」を読み始めました。明日の朝の出勤の電車で読み終わる見積もりです。 確かにこれは面白いしタメになります。

書店で山下和美先生の「ランド」が単行本で出ているのを発見しました。最近コミック雑誌をフォローしていないので見落としです。

進化の謎を数学で解く  ランド 1 (モーニングKC) (モーニング KC)

 


MacBookのキーボード

ちょっと前に思い出したようにMacBookを触りにApple Storeに出かけました。

新型のキーボードはぼくには良さそうです。ぼくは手が小さいのでしっかり押し込まないといけないキーボードでは抜けてしまうストロークがあるんです。触る感じで確かに反応してくれるこのキーボードは合っている様な気がしました。

今のところMacBookは必要が無いので今回はパスですがキーボードだけ発売してくれたら買います。


今日も出勤で明日もまる24時間病院に滞在です。 落ち穂拾いするしか能がないので仕方ありませんね。

 

すべての写真-1761

こよりのどらやき です。阪急百貨店の9階にあります。

Similar Posts:

Print Friendly

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License