停職って?

On 2015/5/7 木曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

ちょっと前に

こんな報道がありました。

どこがどう「倫理的な問題」なのか詳細が解らないのですが以前にも停職処分を二人とも受けていたのですね。

調べると公務員なら「停職」だと給与が支払われないようです。北海道大学ではどうなのでしょうか?

また実際には停職中って研究室にも出入りできないのでしょうか?

 

しっかりと研究活動を行っていても任期に阻まれる場合もあるのに一度正式に採用されるとその地位は強いのですね。

ある意味感心します。

IMG_5681


研修医への推薦図書

毎年研修医の先生が麻酔研修をするときに読んでおいた方がよいと思う本を推薦しています。

ワニコ書店に行ってもなにか雑然と本が積んであるだけで要するにどれが一押しなのかの情報が全くありません。-あそこももう少し何とかなりませんかね-

というわけで何冊か推薦します。 去年と一昨年の研修医の皆さんに推薦したものとほとんど同じですが今年は絞り込みました。

まず

麻酔科臨床の書

日本語で書かれた麻酔の本の最高峰です。英語で書かれた本でもこれを凌駕するものは無いと断言できますので世界最高峰ということになりますね。 なので読んでください。これだけ絶賛してもこの本を持っている人が増えないのは七不思議です。というかぼくのいうことが全く信用されていないと云うことなのもしれません。

 

ウエスト呼吸生理学入門:正常肺編」または 「人工呼吸に活かす! 呼吸生理がわかる、好きになる〜臨床現場でのモヤモヤも解決!

どっちを読んでも同じだと思いますがどちらかは読んでください。

後者はぼくの学生講義でも参照しています。

妙な呼吸管理の本を読む前にまずどちらかを読みこなして呼吸生理の基礎知識をしっかり身につけてください。 

酸素化が悪い患者さんがいたとしてPEEPを掛ける前に考える事がいくつもあることが解ります。

ウエストさんの本は翻訳です。読んだ事がありますが全く日本語にはまったく問題が無いと思いました。

“Respiratory Physiology: The Essentials “ がオリジナル。版も新しいです。

 

臨床にダイレクトにつながる 循環生理〜たったこれだけで、驚くほどわかる!

この本に書いてある以上の蘊蓄を身につけても実際には役に立たないのではという位の良書。

こちらの原書は” Cardiovascular Physiology Concepts

実はぼくは翻訳は読んだ事がありませんが多分大丈夫と思います。英語の勉強をするのが目的ではないと思いますので好きな方をどうぞ。

 

この4冊を理解していればそうそう困ることはないと思いますというかこの4冊の内容を理解し活用できなければ、麻酔の医者として独り立ちはできませんし医者としてやっていくのも困難が伴うと思います。

それではgood luck !!

 

自分のフォトストリーム-192

 [追記]

 ぼくが研修医の皆さんに「教えられることは」以上の本に書いてある程度です。それ以上をぼくに期待されても困ります

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License