Checklistとは

On 2015/7/30 木曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

前回からだいぶ間が空きました。

実験も自分でしているのでまとまとまった時間が取れないのです。

IMG_7636


“Checklist”が雑誌Natureで取り上げられました。

 

この”Checklist”は一般名詞のchecklistではなく、外科手術のおりに手術室で使う”Checklist”なのです。

WHOが推進している安全な手術のための一つの方策です。

手術室で麻酔の前、手術の前、手術室から患者が退室する際に手術に関わる医療スタッフでこのChecklistに記載されている事項を確認する目的の為に使用されています。

Atul Gawande氏の”The Checklist Manifesto: How to Get Things Right”はこのChecklistの啓蒙書です。読んだ事はありませんが邦訳もあるようです。

こんな単純なことを確認するだけで手術に関連した死亡率が1.5%から0.8%に下がったり、手術関連の合併症の発生率が11.0%から7.0%に下がったりする魔法のリストとして少なくとも日本のある程度の規模の病院ではどこでも利用されています(というか利用していないといろいろと不利な扱いを受けます)。(参照1)

そんな上手いことがあるのかと思う人がいてカナダのオンタリオ州の人たちが調べてみたところ’死亡率にも合併症の発生率にも差が無かった’という論文が出たりもしています。(参照2)

 

そもそも発展途上国ではパルスオキシメーターはおろか抗生剤も使えない場合もあります。その状況でパルスオキシメーターはおろか抗生剤が使えるとすればこれはいろんな改善があると思いますが、日本の様な国では改善の伸び代が少ないのは考えれば解ることです。

Natureの記事ではこの辺の事情が良くまとめられています。

その上で、Checklistはちゃんと使われていず、ちゃんと使えばやっぱり効果があるのだという最近の研究結果が紹介されてちゃんとChecklistを使おうよという「結論」が導かれています。

 

このChecklist使わないという選択肢を選ぶことが日本ではできない状況なのでなんともいえないのですがこれを使ったから何かを回避できたという経験はぼくはしたことがありません。またこいう運動の唱導者は妙な使命感に駆られテイル場合が多くぼくはどは「意識が低い」人間だと批判されます。手術をめぐる分野ではこのChecklistの他にERASというようなモノもあってこれまた熱心な唱導者がいるのです。これまたちょっとした異論を唱えると「バカに」されます。

 

興味のある人は医者でなくとも一読してみてください。ぼくらの日常の一端が垣間見ることができます。ほんと毎日こんなことやっているんですよ。

 

しかしどうしてNatureがこの記事を掲載したのかそれが不思議です。

著者はEmily Anthesさんでニューヨークのフリージャーナリストだそうで、ちょっと調べるとNature, New York time, New Yorkerなどの一流紙にいろんな記事を載せている人なんですね。

IMG_7653

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License