春休みに観たい・読みたい映画・本

On 2016/2/28 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

〆切のある原稿にかかっていて98%くらいまで終わったので家内と映画を観に梅田に出ました。

本当に気持ちの良い陽気でした。


門川さんの「春休みに読みたい10冊」に触発されて少し書いてみます。

うちの職場では、3回生の学生が1月に各講座を廻る「配属実習」というプログラムがあります。 実験室でいろんな体験実習をしていただく待ち時間の合間に映画を鑑賞してもらう事にしています。

今年はこの三編でした。

「赤ひげ」という言葉は知っていても映画を観たことのある医学生はごく希です。一度は映画を観てもらいたいと思います。

わたしを離さないで」 は今テレビドラマとしても放送中ですね。映画とはまったく印象が異なりますし強調している点も違うと思います。

伊藤計劃の「ハーモニー」 をアニメ映画化したものを観てもらいたいと思いましたがDVDがまだ利用不可能でしたので今年は断念。

IMG_0592

 

この他に邦訳のない医療もののnon fictionを三つ勧めておきます。

“Being mortal”ここで“Do No Harm”ここで言及したことがあります。

“When Breath Becomes Air”は今年の2月に発売になったばかりです。

雑誌New Yorkerに抜粋が掲載されています。 ステージIVの肺がんを患った脳外科医Paul Kalanithiの回想録です。

医者という職業を巡るいろんな哀感が書き込まれていて見事です。英語はちょっと難しいかも。


雑誌New YorkerにThe Stress Testと題された文章が掲載されています。

STAP騒動が主題です。

例の手記の出版を受けて書かれた文章で、Vancanti氏本人へのインタビューも折り込まれていて日本で日本語で書かれたあらゆる文章と趣がまったく異なります。ますますこの一件について解らなくなりました。

日本でも小保方さんの手記はでたものの東京女子医大・早稲田大学の人たちや理研でも小保方研で働いていた人たちの声などが一切出てこないので何が何だか解らんという状態です。

英語はすこし難しいと思います。

Annals of Science FEBRUARY 29, 2016 ISSUE

The Stress Test

Rivalries, intrigue, and fraud in the world of stem-cell research.

Similar Posts:

Print Friendly

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License