麻酔科登山会 山行#1

On 2016/5/16 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

麻酔科登山会 山行#1

先日、麻酔科の後期研修医のO方先生がワンダーフォゲル部だということを知りぼくも学生時代には登山会に所属していたのでその場で麻酔科登山会の結成が決まり今日第一回の山行を日曜日(2016/05/15)に行いました。

当初二人でと計画したのですが、どんどん参加者が増えて、後期研修医3人と大学のワンゲル部員4人とぼくの8人での山行となりました。

集合の阪急芦屋川駅について外に出てみると30人くらいの街コンというか山コン風な男女が集合していました。6人ほどのsmall groupに分かれて出発なのですがgroupのリーダーは完全装備の山ガールというこれまたありがちな構成になってました。その後に興味があったのですがぼくらより遥か先行していたので解らずじまいです。

ぼくらも外形的には女子4人、男子4人なのですがぼくだけ他の参加者の年齢x2より歳取っているという感じのグループでした。

 

六甲山横断 芦屋~最高峰~有馬温泉

をルートとしました。

すべての写真-3054

  • 阪急芦屋川駅: 7:50
  • 高座の滝、六甲ロックガーデン
  • 風吹岩
  • 雨ヶ峠
  • 東おたふく登山口-土樋割峠-七曲り
  • 11:30: 一軒茶屋 :12:10
  • 13:20: 有馬温泉
すべての写真-3116

と結構時間を掛けて歩いたことになります。

東おたふく登山口-土樋割峠-七曲り

を通るのは初めてでした。ちょっとした草原を歩く感じでここはよかったです。

すべての写真-3067

途中下痢患者が出たり、有馬温泉へ降りはじめたとたんにトレッキングシューズのソールがはげたメンバーがいたりしましたが皆無事有馬温泉まで歩きりました。

すべての写真-3076

かんぽの宿で温泉で汗を流して Hotel Morgenrotの内のグリル六甲で下山してきた登山者向けのビールセットで乾杯。

バスセンターで解散となりました。

すべての写真-3085すべての写真-3084

かんぽの宿は自家泉源の金泉です。 これも当初は「銀の湯」でと考えていたのですがどうせ一杯で落ち着いて入浴できないだろうと思い山を下りた最寄りのホテルに決めました。 空いていました。

すべての写真-3086

すべての写真-3082

快晴、5月の気持ちのよい風が吹き渡り気持ちの良い山行となりました。

皆さんお疲れ様でした。

次は、秋になったら武奈ヶ岳か金剛山が御在所岳にでもと考えています。


ピーターバラカン氏が

などと発言したということで一種の炎上となっていました。

Apple Musicで BABYMETAL

METAL RESISTANCE

を聴いてみました。 特に目くじらを立てるようなものではないと思いました。

紅月 -アカツキ-

などとてもよくできていると思いました。

石川淳の 至福千年

を思い出しました。

【追記】

「紅月ーアカツキ」うたっていたSU-METALが当時14歳くらいだったと知ってびっくりポン

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License