「正し」くありた過ぎる人たち

On 2016/7/2 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

「正し」くありた過ぎる人たち

以前に「「正し」くありたくない人たち」というタイトルのエントリーを書きました。

一方「正し」くありた過ぎる人たりもいるようです。

HPVのワクチン接種の一件は、

もう終わっているはずなのに誰かが何かを捏造したからとか言い出す人たちも出てきて少なくともぼくは食傷気味です。

HPVのワクチン接種に「副作用」が出たという人たちがいれば粛々と無過失補償制度的なものをつかって手当するしかありません。(参照) それでも「いや」という人は接種しなければよいだけです。

どうしても副作用が心配であれば、無理にHPVワクチンを打たなくてもよい。日本人の子宮頸がんの生涯罹患率は1%強である。つまり、ワクチンを打たなくても99%弱の人は子宮頸がんにならない。ワクチンとはそういうものである(ついでに言えば、がん検診もそう)

(参照) Gawade氏のCalifornia Institute of Technologyで行った卒業式講演の内容が読めます。

THE MISTRUST OF SCIENCE

世界的に根強く存在するワクチン忌避が取りあげられています。

 


“Being Mortal”

Atul Gawande氏の “Being Mortal”の邦訳が出版されたようです。

死すべき定め――死にゆく人に何ができるか」 すごい邦題ですね。以前-といっても2014年-にここでも紹介しました。

この本米国では大ベストセラー、ロングセラーでいまだに売れ続けているそうです。

英語は特に難しいとは思いませんがいやな人は邦訳でどうぞ。

読むのが面倒な人はTV番組があります。 字幕も出てきますしまあ何とか最後までいけると思います。54分構成です。

 

以前に評論家の立花隆氏の著作を紹介したことがあります。(参照)

がんに限らず医療を深く知れば知るほどこのような考えを抱くに至るのはほぼ必然なのだと思いますがそれでも何か私用と闘ってしまうのが人間の性なのでしょう。なのでなかなか成仏できません。

Being Mortal: Medicine and What Matters in the End

死すべき定め――死にゆく人に何ができるか

 

 やっぱり医者でベストセラー作家と言えば、Siddhartha Mukherjee氏がいます。

The Gene: An Intimate History“やっと読み切りました。

紙の本を買ったのですが592ページもあってぶ厚くて電車で読むに適していません。結局Kindleでも買って読んでしまいました。

Part FIve: Throug the Lokkin GlassとPart Six:Post_Genomeと尻上がりに素晴らしくなってきました。

個々の内容については「知っているよ」と思う人は多いと思いますがあの緊張感であの分量で畳みかけられると、この人どんなに頭が強いんだと感心してしまいます。 この本を医学部の学部の抄読会の教材にしたらおもしろいと思います。

とにかく自分は分子生物学者だと思う人はmust-readの一冊です。すごい蘊蓄が蓄積されました。

表紙の裏にはなぜか1Q84からの引用が掲げられています。

“Human beings are ultimately nothing but carriers—passageways—for genes. They ride us into the ground like racehorses from generation to generation. Genes don’t think about what constitutes good or evil. They don’t care whether we are happy or unhappy. We’re just means to an end for them. The only thing they think about is what is most efficient for them.”


所属が変わりました

7/1から所属が変わりました。 (参照)

病院の麻酔科には所属していますし、たぶんぼくの日常生活に変化は全くありません。

というほどのこともないのですが。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License