石坂公成先生の訃報にふれて

On 2018/7/6 金曜日, in hypoxia reseacrh, news, by bodyhacker

石坂公成先生がお亡くなりになりました。

ぼくの先生である淀井淳司先生の先生であり、産業技術総合研究所の特別顧問やぼくらのユニットのアドバイザーをしていただきました。

2001年の秋、産総研への就職に際して一時帰国した時、霞が関での理事長、つくば本部での理事面接のあと山形の石坂先生をお訪ねした時の事を今でもハッキリと覚えています。

石坂先生は長らくJohns Hopikins大学に研究の拠点を置いていてぼくも当時Johns Hopkins大学、石坂先生の友人であったVictor McKusickの名前を冠した研究所に属していた事もあって色んな話をう伺う事ができました。

 

今年の4月の末に淀井先生ご夫妻とお会いした時は非常にお元気という風に見えましたので急でびっくりしています。

IMG_5731

 

石坂先生が認められた二つのessayを紹介します。

「独創的研究をするために必要なこと」「プロの研究者の育成を真剣に考えよ」の二つです。

まず読んでみてください。 石坂先生は実際にこれらの文章の口調通りにゆっくりとお話しされるのです。

私には“独創性”の定義がよくわからないが、私の考えでは、研究者というものは、自分が興味を持った、ある未知の自然の仕組みを解き明かしたいという情熱から研究をするものだと思う。始めから他の人がやっていないことを物色して自分の研究課題を選ぶ人はいないだろうし、それはあまり意味のない事だと思う。

前回のエントリーにも書きましたが

「じゃあ一番重要な事って芸術ってのは、関わらなくてもいいものなんですよ。無くてもいいものなんですよ。別に無くても生きて行ける。 だからほとんどの人は、生涯に一つも作品なんか残さないわけでしょ?」042616@London

私がJohns Hopkins時代に親しくしていたロックフェラーのHenry Kunkelは骨髄腫蛋白と抗体蛋白の関係を確立した人だが、彼が免疫グロブリンのlight chainにκchainとλchainがあることをみつけたのは、ImmunodiffusionのOuchterlony plateの上でかすかなspurを見落とさなかったことに始まる。勿論彼はそんな結果を期待していたわけではなかったが、彼はplateにapplyする蛋白の濃度を変えて、若しそのspurが本物なら、よりはっきり出るようなデザインをした。Spurが出ないようなデザインも可能だった筈だが、彼は敢えて常識を破るような結果が本当かどうかを確認しようとした。彼がそのようなデザインを選ばなかったら、κ,λchainの発見は1、2年遅れたかもしれない。

この部分はその後ぼくの考え方や研究法の選択に決定的に大きな影響を与えてくれた記述でご本人にその事を話すとさらに詳しくこれに込めた意味を解説してくれました。

研究者がユニークな課題にチャレンジするか否かは、その研究者の知識や技術よりは、その人の性格や人生観に依存するfactorが大きいのではないかと思う。(勿論これらは生まれつきのものだけではなく、その人の経験によってつくられるものであるが)。驚くほど専門知識が豊富で、実験をすることもうまく、しかも、“自分にはしたい事がある”というので、何がしたいか聞いてみたら、全く月並みの研究計画を書いてきたので驚いたことがある。“こんな事は出来たところで、みんなの期待通りで、やらなくても分かっていることじゃないか!”と言ったことがある。他の人と同じことをやっていなければ安心出来ないエリートは、いくら知識があっても独創的にはなれないとみえる。

石坂先生は研究者や研究の「面白み」をよく話題にされていたように思います。

卑近な例で申し訳ないのですが、例えば診療録からデータを抽出して回帰分析をして何か結論めいたものを出す、末梢神経ブロックをして術後鎮痛薬の要求量に差があったという論文を研究といわれてもちょっとぼくは困るわけです。

これを「業務改善」や自らの臨床を振り返る手段だというのであればそれはそう思うしぼくも良くやる訳ですがだからと言って研究とは思いません。これらは臨床現場での有用性はないとは言いませんし有用なものは確実にあるとは思います。

しかし、女医の方が患者管理の成績がいいよというような調査結果をエビデンスだといわれても困るでしょう。

 

石坂公成先生ゆっくりとおやすみください。

IMG_5822

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License