第16回がんとハイポキシア研究会 Day2

On 2018/11/10 土曜日, in hypoxia reseacrh, twitter, by bodyhacker

第16回がんとハイポキシア研究会 Day2

第16回がんとハイポキシア研究会二日目です。 ポスターセッションに先立って36演題分のLTとそれに続くポスターセッション 活発な討論であっと言う間に12時になり閉会となりました。

第18回も開催が決まりました。 群馬大学の飛田先生を世話人として群馬県で開催の予定です。

IMG 0650

昨日二次会でこのブログの読者さんとご一緒しました。

麻酔科臨床」をしながら基礎研究も行なっていく事は可能です。

ぼく自身それを実践してきました。

好きなエピソードがあります。 鶴見俊輔氏が書いた吉本隆明全集の推薦文です。

公開されているので全文を引用してみます。

戦時下の体験を戦後もしっかりと持ち続ける。そこに吉本隆明の特色と力強さがあった。

戦後まもなく、学生だった吉本が「春の枯葉」の上演許可を求めて太宰治に会いに行ったのも、彼が太宰の中に同質のものを読み取っていたからだろう。自宅には不在で、教えられた行きつけの飲み屋に行くと、果たして太宰が居た。そこで上演許可をもらい、しばらく雑談をした。

戦時中に太宰の作品に出会い、その世界に引き込まれた私もまた、吉本と同じ頃、講演の依頼で二度ほど太宰のもとを訪れた。あいにく二度とも留守だったため、私はあきらめて帰った。運不運もあるが、その場で吉本のような才覚と機転を、私は持っていなかった。

吉本は自分の立つ場所というものを、当時からすでにしっかりと持っていた。太宰との出会いも、その中から生まれたものだったろう。

「才覚と機転」これが研究を続けていくために必要な資質だと思っています。

どんなエライ研究者でも怪しいと思われない限り必ず面会してくれます。今はmailでラブレター()を送ることも可能です。

そこで何か運命が拓けるかもしれません。

 

新幹線の中で月刊MdN 2018年12月号(特集:この曲はなぜこのアプローチで撮ったのか? 映像監督8人に聞いたMV43曲) を読みました。

自身が手掛けたMVについて、「なぜそのアプローチで撮ったのか?」という切り口で、全43曲の映像表現に迫りました

という特集です。

のスケーボーのシーンは上海でフィルムカメラを使って撮影されたのだそうです。

月刊MdN 2018年12月号(特集:この曲はなぜこのアプローチで撮ったのか? 映像監督8人に聞いたMV43曲)[雑誌]

 

新幹線の時間まで丸の内OAZOの丸善で本を見ました。 いつもながら本の量がすごくて圧倒されました。

IMG 0662

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License