preeclampsia-COMT-HIF

On 2008/5/12 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

Deficiency in catechol-O-methyltransferase and 2-methoxyoestradiol is associated with pre-eclampsia

Nature advance online publication 11 May 2008 | doi:10.1038/nature06951

preeclampsia,eclampsiaはとても怖い病態でこういった妊婦さんの帝王切開などではとても気を遣います。

胎盤の低酸素がVEGF, PLGF, sFLT-1などの血管新生因子のバランスを破壊する事がこの病態の基礎にあるということがわかっています。

今回の研究は、COMT(catechol-O-methyltransferase)の活性異常がestrogenから 2-methoxyoestradiol (2-ME)への代謝を阻害することにより無秩序なHIF-1の活性化を促しpreeclampsiaの病態を進展させていくということを明らかにしています。驚くのはマウスモデルで2-MEを補う事により胎盤でのHIF-1の活性化を阻害することができまたpreeclampsiaの症状の改善を促す事ができるという発見です。

2-MEは診断と治療に使えるかもというわけです。

これはすごいな。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
 
madeonamac.gif Creative Commons License