ある対比列伝

On 2014/3/21 金曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

老眼鏡またはお手元用眼鏡

老眼鏡を作りました。

bifocalなレンズの入った眼鏡を作ったことがあったのですが全く効果が実感できず普通の眼鏡として使っていました。

最近特に見えにくくなったのでとうとう読書専用の老眼鏡を作ることにしました。

グランフロント大阪の眼鏡屋さんで老眼鏡を作りたいのがだと告げると「お手元用の眼鏡」ですねと言い換えられました。そのチェーン店ではそう呼ぶようです。確かに自分はまだまだ若いと思っている人に「老」眼とかいうと怒り出す人もいるかもしれません。

面積の大きいフレームを選択するとレンズが取り寄せになる場合があると言われたので結局店の人に推薦してもらったフレームにしました。いま普段使っている眼鏡と外観は区別がつかないようなフレームです。

今までスマホを使うような場合は眼鏡を外して10cmくらいまで近づけていたのですが老眼鏡を使えば30cm位離れていても普通に見えます。大満足です。

一緒に眼鏡を首にかける為の眼鏡ホルダーも買いました。眼鏡を首からさげるとたんにじじいくさくなりました。

カメラロール-1722


ある対比列伝

プルタルコスに対比列伝があります。 高校生の時に読みました。

スポーツでも学問の世界でもどの分野でもいわゆるライバル関係があって対比すると話が大変おもしろくなります。

「辞書になった男 ケンボー先生と山田先生」を読みました。

第30回ATP賞最優秀賞に輝いた『ケンボー先生と山田先生〜辞書に人生を捧げた二人の男』が書籍化!

誰もが一度は手にしたことがある国民的国語辞書に秘められた驚くべき人間ドラマ。


累計約二千万部。独特の語釈や用例で知られ、今、日本で最も売れている『新明解国語辞典』。その生みの親“辞書界の革命児”山田忠雄が『新明解』を生み出す背景には一人の男との決別があった。
その男こそ累計約一千万部の『三省堂国語辞典』を編んだ“戦後辞書界の巨人”見坊豪紀。
東大の同級生として二十代の頃から協力し、一冊の辞書を編んでいた二人は、ある日を境に
決別。その後、全く性格の異なる二つの辞書を生み出し、改訂作業を続けた。

一冊の辞書がなぜ二つに分かれたのか?二人はなぜ決別したのか?

国語辞書に刻まれた記述をたどりながら、昭和辞書史最大の謎に迫る!

「字引は小説よりも奇なり」。ことばに人生を捧げた二人の男の情熱と相克の物語。

NHKで放送された「ケンボー先生と山田先生〜辞書に人生を捧げた二人の男」を担当のディレクターが本にしたものです。

番組を観ておもしろいと思ったので本も読みたいと思っていましたがやっと時間ができました。 内容は番組を忠実になぞったものです。

新明解国語辞典の三版では

よのなか【世の中】

同時代に属する広域を、複雑な人間関係が織り成すものととらえた語。

愛し合う人と憎み合う人、成功者と失意・不遇の人とが構造上同居し、常に矛盾に満ちながら、一方には持ちつもたれつの関係にある世間

 

とあったそうです。

この解説こそ二人の辞書編纂者の関係そのものなのです。

 

結局

「辞書を編む」

「辞書の仕事」

「うめ版 新明解国語辞典×梅佳代」

を読み

「舟を編む」は本でなく映画をDVDで観ました。

 

科学の世界でもこのような物語があるととたんに面白くなるわけです。

例えばノーベル賞の決闘」のシャリーとギルマン。

ノーベル賞を受賞の理由となった、視床下部ホルモン特に甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TSH)や性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の抽出で繰り広げられた二人に率いられた研究室同士の競争を描いたドキュメンタリーです。(参照)

日本では1984年に岩波書店から丸山工作先生の翻訳で出版されました。

ぼくは大学生の時に読んですごいものだな、ノーベル賞ってこんな感じで取りに行くんだという先入観を植え付けられました。 とにかく聖人君子みたいな科学者が努力して何か見つけてノーベル賞みたいな話は面白くありません。

科学者はいろんな動機で研究を続けているのです。この動機というか理由は常に同じとは限りません。ある局面では「彼奴にまけたくない」という理由かも知れませんし「脚光を浴びたい」という理由かも知れません。とにかく研究を推進する力は辺縁系にドライブされているとぼくは思っています。

今回の一件も「なんであんなことするの?」という素朴な疑問はあってそれに対する答えをぼくは知りたいと思っています。

出版後査読で直ぐに明らかになるようなあんな杜撰な論文で何がしたかったのかが知りたいのです。

無理かもしれませんけど。

 

新聞報道によれば今回の一連の出来事の最終報告書が4月の中旬までに出てこないと理研の「特定国立研究開発法人」の指定に何らかの影響が及ぶ可能性を文部科学大臣が言及したそうです。(参照1, 参照2

国会審議などあれば突っ込まれる可能性もありますよね。

そうなるとこういう話って出てくるかもしれません。

パンドラの筺が開いたわけですから何でも出てくる可能性があります。


妄想は未来へのトビラ

家でテレビを観ていて偶然 NHK Eテレで「課外授業 ようこそ先輩」の林真理子さんの回の後編を見ました。

タイトルは「妄想は未来へのトビラ」です。

「妄想力と友達になろう」というキャッチフレーズのもと山梨県山梨市立加納岩小学校6年2組の児童に「十年後のシンデレラ」のシンデレラという題の作文をしてもらい林さんとface-to-faceで議論するという趣向でした。児童らの書いた作文は原稿用紙ごと印刷されて林さんのイラスト入りの表紙をつけて製本されて児童らに配布されました。

やっぱりおもしろいですよね林真理子。

 

小保方さんのロングインタビューを林真理子さんにしてもらって10年後くらいほとぼりが冷めた頃に出版してもらうというのはどうでしょうか。きっと何か心に残るようなものになると思います。

 

カメラロール-1730

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License