肺生体顕微鏡をもちいた肺胞の観察

On 2010/3/19 金曜日, in hypoxia reseacrh, news, by bodyhacker

今日夕方トロントのSt. Michael’s Hospital-Li-Ka-Shing Knowledge InstituteのDr. Kueblerのラボに参加している田淵新先生のセミナーが循環器でありました。

肺生体顕微鏡をもちいた酸素化のイメージングに関する話題でしたがぼくはALI/ARDS関連での肺胞の直接観察の話題に興味を引かれました。最後に仮説としてお話になったネタはすばらし話に発展すると思います。

図書館で借りて返却期限が来たのに見当たらなくなった本が出てきました。セミナーに参加するときにメモる手帳を探していたら見つかったのです。セーフです。その意味でも今日のセミナーは有意義でした。

ヴィーコ - 学問の起源へ (中公新書)

これです

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License