インフルエンザが流行中だそうです。

ぼくもインフルエンザだったのでしょうか?そのわりには熱はそんなに出なかったのですが…

とにかく本学は臨時休校となりました。しかし、病院は通常営業で学生も臨床実習はあります。


笹井さんの記者会見がありました。テレビのニュースやビデオも見ていないのでどんなニュアンスで話していたかは解りません。 「何か」あると思っていたのですが特に何も無かったようです。 なんとなくずるい感じもしましたがああいう風に発言するしかないのでしょうね。 というわけでぼくに取ってこの一件はこれで終わりです。

早稲田大学が認定したという博士号の問題が残っているのでしょうかまあどうでもいいですがこっちの方の影響を受ける個人は多いのでは無いでしょか。 これを機会に医学研究科で取得する博士号についての議論が起こるかどうかはがやっぱり起こりませんかね。

 

科学論文のあり方についていろんな議論が(あくまで局地的に)起こりました。

ギフトオーサーシップの問題は根深いと思います。 今回の #STAPgate のようなケースはおいておくとして医学部や医科大学の臨床講座で日常に行われている「慣習」は他の分野の研究者には理解できないかもしれません。いくら解説されても想像を越えていますよ。講座の主宰者はその講座からでるほとんど全ての学会発表を含む論文の共著者になるのです。 強制もなにもそうするのがごく自然であるかのようにまた誰もこれが問題なのだと思っていないかの如くに、です。

こんな慣習も当然と思われているのでなくなる気配はまったくありません。

最初もっと生々しい実例を大量に書き込んだのですが電車に乗っている間に少しクールになってこれくらいにトーンダウンしました。この9年くらいの鬱憤をどこかに洗いざらいぶちまけたいという気持ちはあるのですけど… また機会があればどこかで書きたいと思います。

 

少なくとも日本ではこういう評価が行われるということはしばらくはないと思います。 そもそも日本学術振興会が出す科学研究費も審査はそういった観点からほど遠いものです。

 


古市憲寿さんの「だから日本はズレている」を読みました。

章立ては以下の通りです。

  • 「リーダー」なんていらない
  • 「クール・ジャパン」を誰も知らない
  • 「ポエム」じゃ国は変えられない
  • 「テクノロジー」だけで未来は来ない
  • 「ソーシャル」に期待しすぎるな
  • 「就活カースト」からは逃れられない
  • 「新社会人」の悪口を言うな
  • 「ノマド」はただの脱サラである
  • やっぱり「学歴」は大切だ
  • 「若者」に社会は変えられない
  • 闘わなくても「革命」は起こせる
  • このままでは「2040年の日本」はこうなる

夢みたいな話は無いのだから物事の道理を考えて行動しようと言うほどの意味合いだと思いますが繰り出してくる実例がリアルでついつい説得されてしまいます。 就活などしたことのない先生方にも一読をお薦めします。

「「ノマド」はただの脱サラである」で俎上にあがっている安藤さんってノマド止めて大学の専任講師になったのだそうですね。やっぱり寄らば大樹の陰ですかね。

 

だから日本はズレている

Similar Posts:

Print Friendly

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License