米国Maryland州の某大学の某研究室とCarifornia州の某ベンチャー企業が、スーパーコンピュータによる分子デザインの基づきhypoxia-inducible factor (HIF)を三つのサブタイプ(HIF-1, HIF-2, HIF-3)特異的にµMの濃度で阻害する薬剤の開発に成功したようだ。

生体内での半減期が短いため持続的に経静脈的に投与する必要があるが、逆にこの性質のためある一定の時間のみHIFsの活性を阻害できるというHIFsの生理学的または病態生理学的な役割の解明には有利な性質を有するという。

この薬剤を用いてHIFsがマウスの高次精神活動の維持に果たす影響が検討された結果HIF-1が揮発性吸入麻酔薬による麻酔作用の発現に大きな役割を果たす一方でHIF-2が慢性疼痛の成立において脊髄レベルで必須な役割を果たしていることがそれぞれ判明した。HIF-3については現在検討が進行中であるとのこと。

というbreaking newsが入ってきました。

いやはやすごい時代になったものですね。
というApril Fool

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License