1.5流をめざしてね

On 2010/4/3 土曜日, in hypoxia reseacrh, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

新年度スタートということで仙台からのS先生が研究室に今日現れてぼくらの研究室も総勢5人となりました。

新加入の二人は焦らずに10日くらいはブラブラと見学していただいた後にテーマを決めてもらうつもりです。

IMG_6015.JPG

古来、基礎研究においては”慌てる乞食は貰いが少ない”という格言があり、ぼくらは幸か不幸か日の丸を背負って研究しているわけでもないのでじっくりやっていけばいいと思います。毎日手術室に出ていると例えば癌とか相当にしぶとく撲滅と言っても地道にいかんとどう仕様も無いということが解るますよね。

1992年の春にぼくが大学院に入学したときなどはじめの一年目など有意なデータなど皆無でしたーこれはタテマエでいっているのでなく本当のことですー。それでも結局なんとかなってしまうのですから不思議です。故K次郎先生も、ハウス栽培のように促成で結果がでる必要はないのである、10年後ぐらいに自分の研究テーマが定まり、二流の研究者になれれば上出来だといってくれました。みなさんは有能であるからあえて1.5流をめざしてください、といっておきます。
つまりこんな雑誌に論文の載る人になって下さい。

データなど出るときは火山が噴火する如くいくらでも出てくるものです。あまり出すぎてたまに都合の悪いというかそんなものも出てきますから程々に制御可能な範囲でやる必要もあります。
蛇口を開けば必要なデータが出るようになれば超一流ですが1.5流を目指す場合そこまで達人になる必要はありません。

IMG_6012.JPG

今日ustreamで古井由吉、町田康と柄谷行人の三氏の朗読会を実況していました。途中から観たのですがなかなか楽しめました。

”ホンネとタテマエ”といいますがたいだいぼくはタテマエは研究の分野ではほとんど使いませんな。ホメられたら率直に評価しているのであるし何も言わないとダメだと思っていると思ってもらえばよいです。そのうちにvideoが視聴できるようになると何をいっているか分かります。

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る (新潮文庫)を読み終えました。
値段(540円)から考えればすごく価値のある本です。

第6章、第8章は特に良い。

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る (新潮文庫)

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License