昨日と今日朝寒かったです。

六甲を含めた北摂の山々真っ白になっていました。今回の冬こんな事はなかったような気がします。春なのに。

日曜日は神戸市立森林植物園に出かけて、その後は家でゆっくりしてました。

 

コロナウイルスですが集団免疫と言っていますがこれって持続するんでしょうか? 

専門家()でないからわかりませんしそういう問題でもないかもしれませんけど風邪って何度も引きますよね。こういうのって感染症専門医の皆さんちゃんとわかって話しているのかなと思いました。少なくともこんな簡単そうなことにもぼくは明確な答えを持ってはいませんしこれを聞かされた人はどういう根拠でこれを信じるのかがぼくにはわかりません。

だそうで確かにこれは朗報ですね。

今日久々に手術室で師匠にあったのですが

などとおっしゃていました。


青春の言葉たち

前回、沢木耕太郎(以下敬称です)の「インタビュー集」を紹介しました-本人はこれはsession-talkの記録だと書いていましたけど-。

青春の言葉たち」のインタビュー対象は長谷川和彦、武田鉄矢、立松和平、吉永小百合、尾崎豊 、周防正行、先崎学、福本伸行、大沢たかお、上村良介の10人です。

尾崎豊へのインタビュー(「見えない水路」)を取り上げてみます。このインタビューは1991年の2月の「カドカワ」誌に掲載されたものの再録です。尾崎豊が亡くなる一年ほど前ですね。

涙なしには読めない濃い内容となっています。

ちょっと色々と引用するのですがこれくらいは許してくれるとは思っています。

穏やかに始まった感じのインタビュー突如

彼女(注:山崎ハコ)がラジオで話していたのを沢木が聞いた)は語ったりするのが得意じゃない人だと思うんだけど、その時、彼女がこんなことを言っていたんだよね。アルバムを出していくにしたがって次第にボルテージが下がっていくことに自分自身も気づいた気がついていて、ものすごく悩んだだって。だけど1枚目のアルバムっていうのは、自分の人生の20年分が全部詰まってたけど、2枚目は20年分をつぎ込んだ後の1年分しか注ぎ込めなかっただ。から二枚目の方がボルテージが落ちてもそれは仕方がないんじゃないかと、思うようになったって。だけど果たしてそうなんだろうか? 尾崎さんはどう思う?

でいきなり

作るのが(注:4枚目の街路樹を)厳しかったのではないかな、という気がしたんですね

といきなり発言するのです。「街路樹」はその前の一枚目と二枚目と比較して「世界がずっと狭くなって」いるというのです。

やりとりがあって、尾崎氏は結局、

ええ、あの時点でぼくは何かにつまずいているんですよ。それに気づきながら歌っていることに意味がある、と思っていて。

と言わされてしまいます。

  • 十七歳の地図
  • 回帰線
  • 壊れた扉から
  • 街路樹
  • 誕生
  • 放熱への証

尾崎氏のオリジナルアルバムはこの6枚なのですが、つまり3枚目から4枚目のあたりからはある意味の行き詰まりが自覚されていたということになります。

次は、何のために歌うのか問題です

尾崎さんの歌は「僕」がいて「君たち」や「あなたたち」がいる。でも井上さん(注:井上陽水)は「君たち」に向かっては絶対に歌ったことがない人だと思うですよ。

沢木氏はどんどん攻め込んでいって、

そうじゃなくて僕がいったのは、気持ちの根底に、すごく大袈裟にいうとき、聴き手を救済したい、という願望があるでしょ

と言い放ちそれに応えて尾崎が

うーん、救済されたい、という願望からくる逆説的な…

と返すと

それと対になっているだろうけど、どこかにその気持ちがあるよね

とたたみかけて結局

ありますねー

と言わせるのです。

尾崎氏は「君たち」つまり彼の歌を聴く人を「救済」したかったのだということ。

尾崎氏が

そうですね。これは感受性の問題かもしれないけど、人間が生きていこうとする生き様っていうのは、幸せになりたいというところに集約されていると思うんですよ。自分が満たされたい、と言う思いに。それに対して…。

というと

ちょっと待って、そういう思いに対して尾崎さんを手助けしたいわけ?

と沢木氏が介入すると

そうなんです僕が幸せになるには他人も幸せなくてはならないと言う気持ちがあるんですよ。他人が不幸だったら僕は完全な幸せを得られないやろうって他人もそう思っていればお互いに噛み合うんですよ。でも、他人を不幸にしても自分が幸せになろうって考える人間がいないとも限らないし、実際僕はそういう人間にも出会ってきたし。

と尾崎氏が話す。

尾崎豊の曲は、美しいメロディーにストレートな素直な歌詞が歌われます。しかし、このような思想に裏助けられていたとすると結構切なくなります。

医者で医者としての活動だけやっていたら苦労しないのにどうしてわざわざ基礎研究をするのかというのは自分でもいまだに解決がついていない難問なんです。と言ってもここまできて後悔ということはもうないのですけど。

医者としては誰かの命を助けるのに貢献したいという気持ちは持っていますが研究者として誰かの命を助けるのに貢献したい、誰かを幸せにしたいと思ったことはなかったと思います。だからダメなのだという言い方もできるしそれでも何とか科学の進歩に貢献はしたんだという言い方もできるようにはなったなと。

 

沢木氏、このインタビューの後尾崎氏にギターで三曲生演奏してもらったのだそうです。very special one time playですね。

しかし沢木氏は尾崎氏のコンサートには一度も参加したことがなかったのだそうで、それが沢木氏の後悔となった。

またその後悔は、彼の死後発表された写真の一枚に尾崎氏の蔵書の写真があってそこに沢木氏の本の何冊が写り込んでいたのを見たときにさらに強くなったという文章が書かれてました。

 

しかし、何で皆が沢木氏にしゃべらされるのか不思議です。

以前

「あの人にだけには理解してもらいたいとみんなが思っている」阿川さん

というエントリーを書いたことがあります。

冒頭大竹まことさんが「阿川さんにはわかってもらいたんだよ、皆。あの人にだけには理解してもらいたいとみんな思っている」と話していましたがこれそこ名人の到達点なのでしょうね。皆が沢木さんには理解してもらいたいと思っているのかもしれません。


ベルリン・フィル デジタル・コンサートホール

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、演奏をベルリン・フィル デジタル・コンサートホール – Digital Concert Hallを通じてネットで配信しています。

通常は有料ですがこのコロナ禍でコンサートが中止されている状況で来月まで1ヶ月間全アーカイブを無料で開放しています。

すばらしい演奏が満載です。

首席指揮者ペトレンコ指揮の演奏、前任のラトル指揮の演奏が動画と共に視聴できます。

クルレンツィスのヴェルディのレクイエムも聴きましたが素晴らしかったです。

インタビューも見たのですが英語が聞き取れなかったです。

 Apple TVを通せば自宅のテレビをモニターとして用いることも簡単にできました。


PDF

雑感: COVID-19

On 2020/3/14 土曜日, in book, books, Net Watch in Science, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

間が空きました。毎年この時期花粉症で生産効率が激さがりするのですがやはり今年も同じ現象が起こっています。

 

現在COVID-19と名づけられた感染症が中国の海鮮市場でoutbreakした当初は、ヒトーヒト感染はないのだという話まであったし、全く重要視していませんでした。

それがあっという間にこんな感じです。

今から振り返ると一月の上旬当直した次の日から風邪症候群的な症状が出て、微熱が続く、咳が止まらない、画像診断は受けていないけど肺炎症状があるなど今ならSARS-CoV-2感染症じゃなかろうかという状況になっていました。毎日、通勤時に何人もの中国からの観光客と梅田、淀屋橋ですれちがっていましたし。

ぼくなんて医者といっても麻酔しかできないし感染症の専門家でもなんでもないのですがCOVID-19 CORONAVIRUS OUTBREAKとか眺めると日本がこの程度で収まっているのは感染対策が功を奏したとかそういった事より運が良かったのだとしか思えませんがどうなんでしょうか?

「検査しすぎで医療崩壊」とかいわれる韓国も患者あたりの死亡率は日本より少ない訳です。まあぼくは専門家()ではないのでわからないのですが…

コロナ禍が過ぎ去った後十分な検証を行ってもらいたいと思います。

 

いろんな対策もなんらかの仮説があって行っているのであれば十分なエビデンスは必要ないというか今回のSARS-CoV-2だって人類にとって初めてなんだからエビデンスなんてないはずだし。なので政府のやることに特に意見はありません。多様な意見があっても良いと思っていますがそれはぼくが医者で未公開な情報も含めた多様な情報にアクセスできて自分でどうすべきか判断できるに違いないという認識があるからで、一般人はいかに知性が高く物事を論理的に解釈して行動できるだろうとこっちが思っても最適な判断ができるかどうかは不明です。

 

自分としてコロナ禍関連で行っていることは

  1. テレビを見ない – そもそのニュース、ワイドショウーは普段から全く見ません

  2. 新聞は日本経済新聞とNew York Timesしか読まない チェックは朝始業前と帰宅前にする

  3. 頻回に手洗いをする マスクは無いのでしていません トイレットペーパーは家内によれば今頃右往左往しているのは素人だということで元々2ヶ月くらいの備蓄があったようです

くらいです。年中体の調子が悪く朝起きて快調だと思うことがほとんどありません。少しでも不調だとすぐにロキソニン服用していますし。それで出勤するなと言われれると大変困ります。

テレワークとか在宅勤務とか言われるのですがぼくの場合は効率が下がるという効果しかないので毎日電車を乗り継いで研究室に来ています。今日も雨だったのですが研究室です。さっきまで全く人とすれ違いもしなかったのですがやっと一人とすれ違い今大学院生がやってきました。ぼくの場合研究室で作業することで最高のパフォマンスが出るので時々次善の策でデニーズで仕事するのは弥縫策にしか過ぎません。

電車の中で色々と考えてそれを研究室で吐き出す、また1日を振り返りながら帰宅するプロセスがぼくには必要なんです。

 

NYTの記事で昨日読んだ

は読んで感傷的になりました。しかしNYTの取材力には脱帽します。日本の新聞にこのような記事を期待することはできません。

も興味深く読みました。

 

 

 

CDCのDirector Robert Redfield氏をめぐる話題が取り上げられています。

彼はPCR検査の不備を議会で追及されているようです。

It was his third time testifying before a congressional committee in three days, and Representative Debbie Wasserman Schultz was demanding to know who in the government was responsible for making sure Americans with coronavirus symptoms got tested.

Twice, he started an indirect reply, but twice Ms. Wasserman Schultz, Democrat of Florida, cut him off.

“I just need a name,” she said. “Is it you?”

Dr. Redfield looked pleadingly at the slight, older man sitting next to him. “I think my colleague is indicating I should respond,” said Dr. Anthony Fauci, the director of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases, who proceeded to do so in the bluntest of terms.

NYTには以下のような記事もあります。

今回のコロナ禍に対する米国のtask forceのメンバーの紹介です。これらの人々の判断に国の行方が委ねられるのだ明らかにされているという見方もできます。

日本ではいろんな種類の専門家とか医者が好き勝手な発言を行い誰も責任を取るふうもありません。

 

コロナ禍が去ったら、世界が今より良くなっていることを祈っています。


立花隆氏の自伝的な「知の旅は終わらない 僕が3万冊を読み100冊を書いて考えてきたこと 」が出版されました。

自画自賛満載なのですが非常に興味深い。一読をお勧めします。

利根川進氏へのインタビュー「分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか 精神と物質」も取り上げられていてこっちも久々に再読しました。1990年に出版されたのですがこれを読んで生物学を目指した人は多いと思います。というか40歳以上でこれ読んでいない生命科学の研究者はいないと思うのですがどうでしょうか。

研究室に出入りしている学生にこの本を読んだことがあるか尋ねたら「ない」ということだったので4月から読書会で読むことにしました。

それが終われば「がん 生と死の謎に挑む (文春文庫)」を取り上げてみんなで読もうと思っています。これは以前紹介しました(参照)。

 

今週本屋で沢木耕太郎氏がインタビューをまとめたものを岩波書店から出していたのを見つけて買って読みました。

青春の言葉たち (沢木耕太郎セッションズ〈訊いて、聴く〉)

達人、かく語りき (沢木耕太郎セッションズ〈訊いて、聴く〉)

で来月

陶酔と覚醒(沢木耕太郎セッションズ〈訊いて,聴く〉)

も出るようです。

今の学生さんって「深夜特急」ってとか読むのでしょうか? 今度学生に聞いてみます。

 

しかし、立花氏、沢木氏クラスだとどんな人でも喜んでインタビューを受けてくれるんでしょうね。決して対等な立場の対談でなくインタビュー。

勉強の哲学 来たるべきバカのために 増補版」も出ていたので再読しました。これも読んで欲しいですよね。学生とか大学院生には。

みんな本読もうよ。

安部公房の「けものたちは故郷をめざす」が岩波文庫に入ったようです。感慨深いです。

The Coronavirus, by the Numbers“読んで”The Rules of Contagion: Why Things Spread – and Why They Stop“も読みました。

感染症の専門家でないぼくでも理解でき学ぶところが多かったです。というか感染症の専門家()ってこのくらいは皆さん十分理解しているのでしょうか。どうもそうは思えないです。


PDF
Tagged with:  

“Diagnosis”

On 2020/2/3 月曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

昨日は日当直でした。

看護師さんってホント言いたい放題外科医を腐しますね。


Lisa Sandersという医師がいます。

New York Timesに”Think Like a Doctor“という連載をしていたことがあり現在は”Diagnosis“という連載を継続しています。

Diagnosis“のランニングタイトルにはDr. Lisa Sanders on hard-to-solve medical mysteriesとあってつまり複雑な病態を持っていて診断が容易につかない患者さんを巡る物語です。

これらをまとめた”Every Patient Tells a Story: Medical Mysteries and the Art of Diagnosis” や”Diagnosis: Solving the Most Baffling Medical Mysteries” などの著作もありますし、House M.D.のモデルと目されている人物です。

連載の方も面白いし本も面白いです。

 

このSanders氏がNetflixで””Diagnosis“”という番組に出演しています。 Weiredの記事を読んで昨日の日当直の間で半分くらいを視聴しました。

Weiredの記事は日本語にも翻訳されていました。

この番組では一種のクラウドソーシングで症状を追及していきます。

すごく興味深いのはアウトソースの先は医者とか研究者だけではありません。一般市民もネットでいろんな意見を投稿してきます。場合に寄ってはビデオをチャットもします。 この過程で患者またはその家族は自分らと同じ症状で苦しんでいるまたその苦しみから解放された人たちと交流をしたりまた外国の専門医たちからのアドバイスを受けてアメリカからイタリアに旅行して確定診断のための検査を受けたりします。

こういうあり方ってこれから勃興してくるかもしれません。

難病を診断するプロセスをみてお勉強する目的の番組ではありません。これからの医療やヘルスケアを考える番組です。たぶんやっぱりアメリカの医療制度って最低と思うかも知れません。

ネットには正確な情報をもたらす人だけが生息している訳ではありません。 よかれと思ってガセネタを流す人もいるし場合によっては悪意を持っている人もいるかもしれません。 今回の2019nConVでも医者でもないまた医者でも感染症の専門医でない人たちが聞きかじりのいろんな情報をつぶやきます。

 

現在7つのエピソードがあります。 これだけみるだけでも一ヶ月分の料金を払う価値があると思います。

契約してついでに”2人のローマ教皇“もみてから解約してください。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License