第17回がんとハイポキシア研究会

先々週の土曜日・日曜日(11/09-11/10)に大阪市立大学で第17回がんとハイポキシア研究会が開催されました。

70人近い参加者を得て盛会だったと思います。交通至便でコンパクトな会場でよかったです。

運営に直接たずさわって頂いた大阪市立大学の薬理学講座の皆さんに感謝します。

 

ちょっとびっくりするような研究結果に出会うこともできて満足でした。

おやつに、岩おこしとか551の肉まんとかも出て皆さんに大好評でした。

 

来年18回2020年11/06-11/07の(金・土)の日程で行われる予定です。


広島大学 原医研セミナー

先週の木曜日(11/21)に広島大学原爆放射線医科学研究所の「原医研セミナー」の第230回を担当させていただきました。

集まらないと思っていたのですが結果として大勢の聴衆に集まっていただきました。ありがとうございました。

放射線災害医療開発研究分野廣橋先生谷本先生にお世話になりました。

原医研のミッションに

得られた研究成果を大学院教育に反映させることにより、放射線影響学・医科学分野における次世代の研究者及び医師の育成や放射線災害医療などの緊急の社会的な要請に応えられる人材の養成を行う機関として機能させる。

というものがあり基礎研究だけでない多角的な活動を行っているようです。

 

大阪市にある北野病院に勤務していた事があります。

北野病院は正式には公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院という名称で研究所なのです。

現実に稼働している研究所があり現在は武藤誠先生が所長をされています。

 

ぼくもかつて麻酔の臨床をするかたわらに大学院生4人と北野病院で基礎研究をしていました。

麻酔科の足立部長の支援があったからなのですが、インフラがキチンと整っていたという事も大きかったのです。

そのインフラは、当時研究室を主に使っていた呼吸器外科の三宅先生と呼吸器内科の服部登先生方が研究費を取得して整備していてくれていたのです。

これらのインフラ(培養システム、X線フィルムの現像機などなど)が無ければ研究があんなにスムーズに進行することは無かったと思います。

服部先生はその後、広島大学に転出して現在は呼吸器内科を主宰しておられます。 セミナーにも来ていただき旧交を温めることができました。ありがとうございました。

 

という訳で市中病院でも条件が整えば基礎研究を継続する事は十分可能です、という事が言いたかったことです。


### サイエンスZERO

NHKのEテレサイエンスZEROという番組があります。 12/08は特別編!科学のノーベル賞、全部やります!」です。

MCは小島瑠璃子さんと森田洋平)アナウンサーが担当され今回はNHK解説委員土屋敏之さんも加わります。

ノーベル賞特集!日本人の受賞で沸いた化学分野はもちろん、物理学、医学・生理学分野も歴史的な偉業。サイエンスZEROは全部たっぷり、お伝えします!人類の宇宙観を大転換させた物理学賞の成果、そして、生命維持に欠かせない「低酸素応答」の仕組みを徹底解説。さらに、今回の吉野彰さん受賞の背景に、2人の日本人ノーベル賞科学者からの知られざるバトンリレーがあったという裏話も登場。ひと味違う深掘り、ご覧ください!

ということで科学三賞をサイエンスZEROの視点で紹介するプログラムとなっています。

「低酸素応答」のパートでは、ぼくも参加します。東大の南学さんもビデオ出演するはず。

プロデューサーさん、ディレクターさん、森田さん、土屋さんの勉強量、小島さんの瞬発力に圧倒されました。

一応一回は「いい質問ですね」とは発言したのですがどうなるか…


「宮沢賢治 デクノボーの叡知」

大学生の時、見田宗介氏の「宮沢賢治―存在の祭りの中へ」を読んで宮沢賢治に目覚めて今まで結構読んできたけど、「宮沢賢治 デクノボーの叡知」は特別に感銘を受けました。


PDF

「リベラルアーツセミナー」

職場では医学部の1年生のカリキュラムに、「リベラルアーツセミナー」というものがあり30セミナー程度が開講されています。

フィットネス、日本語辞書入門、プレゼンテーション、医療経済学、医療社会学というようなセミナーも開講されています。

一つのセミナーの人数は4人から28人とまちまちです。

5月から半年毎週一回のペースです。

ぼくも一つセミナーを持っています。

名前は「知的活動の技法 セミナー」です。定員5人のこじんまりとしたものです。

  • 医師として生涯学び続けるための方法論(知的活動の技法)を身につける事ができる。
  • 知的活動を行っていくための生活習慣(ライフハック)を身につける事ができる。
  • 知的活動のための情報の収集(入力)と処理の方法を身につける事ができる。
  • 知的活動のための情報の出力(論文化、プレゼンテーション)の方法を身につける事ができる。

が到達目標となります。

昨日、今までの成果発表のプレゼンテーション会を行いました。

PowerPointを用いて課題について発表してもらいました。 いろんな工夫を課題に合わせて施されていてぼくとしては全員合格。

多分来年度もやります、たぶん。


ダウンロード回数 年間1位

昨日TLにこんなtweetを発見しました。

何処かで見たことある図だなとおもったらぼくらの論文でした。

まだ11月なのですがこんなのに出るとまたdownloadが増えて結局年間一位は確定ですね。

論文はまず大勢の人に読んでもらえることが大切だと思っているのでうれしいです。

この続きでもっと重要な論文を作成中です。


PDF
 

ノイズキャンセリング ヘッドフォン

ノイズキャンセリング ヘッドフォンを研究室で使っていることは以前書きました。

性能に全く不満はなかったのですが有線でたまにそのまま立ち上がって机の上のお茶が入っているカップが倒れたりして使い勝手が悪いなと感じていました。

とはいえ、新たに買い直すとすると良さそうなのは結構な金額がするので躊躇していました。

「ふるさと納税」するとソニーのノイズキャンセリング ヘッドフォンを返礼品として送ってくれる自治体(神奈川県厚木市)があることに気づきました。さっそく納税というか寄付をしました。

ほどなく、WH-1000XM3が送られてきました。

そのまま立ち上がって部屋をうろうろすることもできるしやはりbluetoothでというところが便利です。因みに「有線」で使用することもできます。

一度電車の中で使ってみましたがすノイズキャンセリングの機能は十分ワークしていたと思います。これについては今まで使っていたBoseのQuiet Confort 25より性能としては勝っていると思いました(Boseの最新型と比較した訳ではありません)。

 


この一ヶ月くらい結構いろんな仕事が詰んで入って丸一日を休むことができたのは火曜日の即位礼の休日くらいでした。

その甲斐があっていまは結構ラクになりました。


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License