Apple IDのパスワードリセットの顛末

いつもApple製品をご利用いただきありがとうございます。

ご利用のApple IDが無断で使用された可能性があります。セキュリティ保護のため、古いパスワードを無効にさせていただきました。できるだけ早く新しいパスワードをリセットしてください。

という内容を含んだ「Apple ID保護のためパスワードのリセットが必要です」というタイトルのmailが水曜日の22:55に送られてきました。

最初これはfishingだろうと思いました。 その後,iCouldにiMac, iPhone, iPad, MBAからアクセスができなくなっているのを確認するに及びパスワードがリセットされたことは本当なんだと悟りました。

@mac.comのアカウントを使ったmailのやりとりはできる事は確認できたので妙だなとは思っていました。 (XX@mac.comはぼくのApple IDであると同時にmail accountでありぼくが同じパスワードで管理していただけで実は別物である事が後にわかりました)

仕方ないのでmailに書かれているurlへのアクセスを試みてパスワードの再設定を試みました。

二つの方法が提示されていました。

一つ目は「修復用mailアカウント」にmailが送られてそこに記載されているurlからからたどる方法。二つ目は「秘密の質問」に答えてそこから進む方法です。

「修復用mailアカウント」を利用する方法を選択したのですがmailがぼくに届きません。「修復用mailアカウント」を設定していなかった可能性がありました。次に「秘密の質問」に答えて進む方法を試しましたが,「はじめて飼ったペットの名前は」と問われてもそんな質問にどんな「答え」を設定していたか皆目検討が尽きません。何度か試しているうちに規定の回数をオーバーしてその日は”the end”です。

翌日Appleに電話しました。

はじめApple Storeの番号にかけたのですがApple Careにかけ直すように言われてそうしました。

関連製品としてiPadを選ぶとオペレーターに繋がりました。まず製品のシリアル番号を聞かれたのでそんな話しじゃないのだよとはおもったのですが素直にiPadのシリアル番号を伝えました。電話で文字列を確認する場合にLondonのLですねとかParisのPですねとかそういった言い方をよくしますがこのオペレーターは明らかにこの種の確認に不慣れでした。Qを9といってぼくに「違いますquestionのQです」と訂正される始末です。 経緯を話すとそのオペレーターでは対応ができないということで専門部署に廻ることになりました。この際,さもclaimerっぽく毒づいてしまいました。

廻された専門部署のオペレーターは推定声年齢25歳くらいの素晴らしく可愛い声の持ち主でした。 「もうだめなんでしょうか」というようなぼくの泣き言にも「たいじょうぶです」という言葉で神対応をしてくれます。

結局,appleが持つぼくの個人情報に基づいた質問をいくつかされそれに答えたあとぼくのApple IDと紐付けされたiphoneとかiPadに向けてAppleからネットを介して認証用の文字列が送られそれを受信したぼくが文字列をAppleに伝えるというプロセスを経て「個人認証完了」としてもらいました。 認証用の文字列を伝えると「おめでとうございました」と声を掛けてもらいました。どこまでも神対応です。

ホント救われたような気持ちになったのが不思議でした。そもそもAppleが勝手にぼくのアカウントのパスワードをリセットしたのが原因なのですが…

 

個人認証が終わった後Appleからぼく宛てにmailを送ってもらう事になったのですがはじめに「修復用mailアカウント」での方法に失敗していたぼくは「それでうまくいかなかったらどうするのか」質問してしまいました。この時も「それでもたいじょうぶです」という暖かいお言葉。 結局ぼくが使っている三つのアカウントにmailを投げてもらう事になりました。ぼくのApple IDがその時点で凍結されていたので24時間の期間をおいて後mailがぼくに届く仕組みとなっていると説明されました。

待つこと24時間。確かにmailが届きApple IDのパスワードの再設定に成功しました。オペレーターさんありがとうございました。無事ぼくは復活しました。

その後調べてみると「修復用mailアカウント」の設定を見たら以前使っていた無効なメアドが記載されていました。何度mail送信してもぼくに届かないわけです。

しかしいまだに「秘密の質問」のリセットに成功していません。

 

Apple IDとGoogleのアカウントはぼくの生命線です。iCloudでの同期がdevice間で取れないと大変困るのです。


presentationの技法

Natureに”Presentations: Pressure to perform“と題するessayが掲載されています。

研究者が行うpresentationのtipsが述べられています。 目新しさは感じませんでした。それもそもはず諏訪邦夫先生のブルーバックスの一冊「発表の技法―計画の立て方からパソコン利用法まで」にすでに書かれていることばかりが内容だったからです。恐るべき先見性。この本1995年の出版ですよ。”PowerPoint”ってこの時まだ無かったはずです。もちろん”Keynote”もありませんでした。Persuationというソフトはありましたけど。(参照)

 

予行演習をしっかり行えば時間管理も成功するというより失敗しません。口に出して話すことにより言いにくい言葉を他の同じ意味の自分にとって言いやすい言葉に変えたりもできます。予行演習は重要です。 講演の朝蒲団の中でスライドを頭の中で繰りながら声に出して講演を空でできれば原稿も何も無しで話すことが可能です。

また1時間をいっぱいいっぱい使うのは困ります。1時間の講演なら45分で話し終わり残りの15分は質疑応答にあててください。わざわざ会場に運んでくれた聴衆でどれだけ内容が伝わったかはどれだけ質問がでるかである程度推定できます。

 

こうしてみると結構高名な先生の講演も実は欠陥が多いことに気づくことはあります。このような場合「有名人」本人が眼の前で話していることが重要な場合もあるのだと思います。

某麻酔科学会クラスで毎年登壇する先生方もご自分のプレゼンテーションを見直してみては如何でしょうか?なんて自分を棚に上げています。

発表の技法―計画の立て方からパソコン利用法まで (ブルーバックス)

 

とにかく最優秀演題賞をとってください。


PDF

ぼくの,ノーベル賞予想がはずれっぱなしです。
臨床応用ができてからとか皆さんおっしゃいますがあれはあれだけで十分すごいとぼくは思っているのですがどうでしょうか。
また無くなったDCの先生はノーベル賞を決めた時には生きていたのでしょうからよいのでは無いでしょうか。
また稲葉先生がやはりただ者ではなかったのだということを思い知りました。

R0011160

日曜日早起きをして家内と高野山に出かけました。
関西生活も30年ほどですが一回も尋ねたことがなく今回行かなければ一生行かないー行けないー様な気がして一念発起しました。

実は芸術新潮 2011年 08月号に触発されただけです。

南海電車に乗ったのも30年の関西生活ではじめてでした。
なんば駅に降りたのも初めてであまりにきれいなのでびっくりしました。イメージとしてぼくなどを受け付けないような怪しさがあるとばかり思い込んでいました。

R0011167

南海特急で極楽寺まで行くはずが台風の影響で不通区間があり橋本からはバスで移動して紀伊清水駅から再度南海電車で極楽寺に到着。ロープウェイで5分で高野山駅に到着です。奥の院行きのバスに乗り込みまず「奥の院」を攻めました。

おびただしい数の大名の墓というか正確には供養塔ーどう違うのか全く解っていませんけどーが建ち並んでいます。空海の威力でみな成仏したいと思っているのですね。実は勝手に自分で石を運んで置いていったものも多いとか。これにはびっくりです。

R0011175

R0011183

R0011194

一番奥の大師御廟でぼーっとしていると大師の声が聞こえてぼくもついに悟ったかと錯覚したほどです。

R0011204

その後歩いて刈萱堂の前を通り,千手院付近まで戻り金剛峯寺を経て不動堂,大塔,金堂,御影堂と壇上伽藍の建物を経て,廻り大門まで歩き続けました。気温12.6度だったようです。

R0011237

最後は霊宝館を観ました。

「弘法大師と密教儀礼」をやっています。

八大童子立像 (矜羯羅童子像),八大童子立像 (制多伽童子像)などは展示されていませんでした。

その後,バスに乗って高野山駅に向かいました。

R0011208

行きを逆にたどりなんば駅に到着で,今回の旅はお終いです。

とても感銘を受け今度は四国を巡ろうと家内と話していたところ菅直人が…(参照

一気にやる気を失いました。

R0011226

来週ASAでアメリカに行きます。今日からポスターを作り始めました。
殆ど調べていなかったのですが日本からの演題数ってすごく多いのではないでしょうか。今日やってきた業者の方に聞いたら150人とか200人とか話していました。某アプリの検索窓に”JAPAN”と入れるとすごい数の演題が出てきますよ。すこしびっくりしました。
ここまで多いとASAにJSA分科会を作ってもらって日本語で盛り上がるという手もあるのではないかとかJSAでASA分科会を作っても同じではないかと考えました。

R0011222

麻酔科の医者なら誰でも知っているbig nameに諏訪邦夫先生がいらっしゃいます。
麻酔科学の分野だけでなく知的生産に関わるいろんな分野で大活躍されておられます。
今回,『蘭学事始』と『北越雪譜』を現代語訳されて今日 fileを送っていただきました。
実は似たようなfileは先生のサイトからも取る事ができます。
「北越雪譜」はぼくの生まれた地方が舞台のドキュメントです。

先生は講談社のブルーバックスも何冊も執筆されていてそのうち

#情報を捨てる技術―あふれる情報のどれをどう捨てるか

#発表の技法

#酸素はからだになぜ大切か―いつも酸素は不足している!

これらの三冊はすごくよくできています。
発表の技法はぼくの方法論の原点で今でも手元に置いてあり大きなpresentationの前には読み返します。なんと1995年の出版ですが全然古くなく今でも全く問題なく通用します。
酸素はからだになぜ大切か―いつも酸素は不足している!も重要な本でこの本を読まなければぼくは低酸素の研究をしていなかったと思います。

芸術新潮 2011年 08月号 [雑誌]


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License