台風で家にいます

On 2014/8/10 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

台風です。

関西では金曜日の夜から降り始めて土曜日の午前は大雨になっていました。 土曜日のお昼過ぎに突然晴れ上がりここだとばかり買い出しに出かけました。 途中猪名川の川縁を走るのですがこんな感じになっていました。

自分のフォトストリーム-503

あのくらいの雨でここまで増水するのですから四国はどんなになっているのでしょうか

という訳で、久しぶりに週末に家にいます。子どもが模試の監督にいくというので石橋まで出かけましたが結局模試は中止となったそうです。でも監督者の出欠をとっていて○をすると半日分と交通費がもらえるのだそうです。

本やら録画したテレビ番組やらを消化していました。

自分のフォトストリーム-505

NHKのEテレで 「戦後史証言プロジェクト」の一環で「日本人は何を目指してきたか」というサブシリーズが7月の上旬から放送されていました。

今回は

  • 第1回 湯川秀樹と武谷三男
  • 第2回 鶴見俊輔と「思想の科学」
  • 第3回 丸山眞男と政治学者たち
  • 第4回 司馬遼太郎

で一応完結ですがこの後4回の放送が予定されているそうです。

この番組を見て日本人は第二次世界大戦から以降何か学んだことがあったのかと少し暗い気持ちになりました。今日的な問題と思っていたものの多くは少なくとも第二次世界大戦後も何度も繰り返された問題だったのです。

ここで取り上げられている思想家とくに鶴見俊輔、丸山眞男は熱烈な信奉者がいると同時に苛烈な批判を加える人もいます。

丸山眞男は鶴見俊輔を批判したし、丸山眞男は全共闘運動への立ち位置から多くの批判を浴びました。 このような事実も番組で取り上げられていました。特に丸山眞男は「ここまでいわれますか」というくらいだったと思います。当然と言えば当然とも思いますがテレビでやられるとちょっとびっくりします。

特に丸山眞男の息子さんの証言は丸山の人間としての立ち位置を象徴するような貴重な証言だったと思います。

 

今回のシリーズ決定的な人物が欠けていました。 吉本隆明です。 おそらく次のシリーズには取り上げられると思います。

現在晶文社から全38巻の予定で全集が刊行されています。 特別のサイトもあって推薦の言葉が掲載さています。 読んで感動しました。

 

「才覚と機転」」というタイトルで鶴見俊輔が推薦文を書いています。

ネットで公開されているものですから鶴見俊輔の部分を全部引用してみます。

戦時下の体験を戦後もしっかりと持ち続ける。そこに吉本隆明の特色と力強さがあった。 戦後まもなく、学生だった吉本が「春の枯葉」の上演許可を求めて太宰治に会いに行ったのも、彼が太宰の中に同質のものを読み取っていたからだろう。自宅には不在で、教えられた行きつけの飲み屋に行くと、果たして太宰が居た。そこで上演許可をもらい、しばらく雑談をした。 戦時中に太宰の作品に出会い、その世界に引き込まれた私もまた、吉本と同じ頃、講演の依頼で二度ほど太宰のもとを訪れた。あいにく二度とも留守だったため、私はあきらめて帰った。運不運もあるが、その場で吉本のような才覚と機転を、私は持っていなかった。 吉本は自分の立つ場所というものを、当時からすでにしっかりと持っていた。太宰との出会いも、その中から生まれたものだったろう。

実際これはあります。 研究も結局は出会いだと思います。 そこに「才覚と機転」を見いだすのは評価する側の審美眼の問題だと思います。 大抵はそうはならずにはじめから関わっていた人は「運が良かった」程度にあしらわれて、はじめから自分たちがやってきたような顔をするエラい人がほとんどですけど。

人間的な、あまりに人間的な」というタイトルの見城徹氏の文章は特に感銘を受けました。 ぼくも「転位のための十篇」は時々読み返します。

吉本隆明も「擬制の終焉」で大々的な丸山眞男批判をしていました。晩年は「不謬ならざる法皇」ともいわれた事もあるはずで思想が同時代性を保つことの難しさを教えてくれます。

しかし、その吉本隆明もレトロスペクティブには間違っていたところもあります。

でも「彼は戦後の反体制運動のなかで扇動者の役割を果たしたり時局発言をしたりしたが、また大衆消費社会に迎合したとも言われたが、そしてオウム事件の時には麻原彰晃を擁護したり反原発運動に対立したりというフライングを犯したりもしたが、そういうふるまいの瑕疵はかれの業績を傷つけない」という指摘は正しいと思います。

擬制の終焉」の『「私」的利害』の問題などぼくの中でまったく克服できていない問題です。

「医療」にはヒューマニズムの実現という側面がありそこを強調する意見も根強くありますが「医療人」とても職業人です。おなじ事が科学にもいえます。「科学」には真理の探究という側面がありますが「科学者」は現在では職業人です。これが現時点での科学の孕む問題の多くの根源だと個人的には思っています。

 

実は吉本隆明の講演を録音したものが出ています。 ぼくは持っています。 iPhoneにいれてあるので時々電車で聞き直します。 すごいよ。

 

鶴見俊輔の番組の彼の言葉を紹介します。

真理は間違いから、逆にその方向を指定できる。こういう間違いを自分がした。その記憶が自分の中にはっきりある。こういう間違いがあって、こういう間違いがある。いまも間違いがあるだろう。その間違いは、いままでの間違い方からいってどういうものだろうかと推し量る。ゆっくり考えていけば、それがある方向を指している。それが真理の方向になる。

この部分は本になって出版されていますが本人があの真剣さで話すとすごい説得力でした。 (参照: 日本人は何を捨ててきたのか: 思想家・鶴見俊輔の肉声)

真理は方向性だ」という指摘は重要です。これをネタにして今度どこかで話し見たいと思いますが注文があるかどうかはわかりません。

敬称は省きました。

カメラロール-3333

金曜日の夜から本を何冊か読みました。

「絶対に受けたくない無駄な医療」もその一冊でした。

米国で展開されているChoosing Wiselyキャンペーンの内容を部分的に日本語でまとめて解説を加えたものです。

一般の人が読んでも今ひとつわかりにくいかも知れません。これだけを患者さんとその家族が読んでも混乱します。

費用対効果が低いという事と治療としての効果が無いとか低いという問題は不可分にむすびついていて取り分けて考える事ができにくい場合もあります。 本書でも書いてありますが医療制度の違いの問題もあります。

日本では患者の自己負担の割合が少ないのでCT検査も「しない」で済んだと思うより「してもらって安心」したいと思う人がほとんどだと思います。 医療行為のゴールをどこに設定するか、つまり疾患の治療に設定するのか患者の満足または幸せと設定するのかで医療従事者の行動は変わってきます。 ぼくは麻酔をする医者なのですが外科系の医者が手術すると言ってきた場合多くの場合適応を議論しません。言われたままに麻酔をする程度には「意識の低い」医者です。

そのような麻酔科医も米国ではChoosing Wiselyに参加していています。

以下の5項目がASA(american-society-of-anesthesiologists)の提案です。

  • 1 Don’t obtain baseline laboratory studies in patients without significant systemic disease (ASA I or II) undergoing low-risk surgery – specifically complete blood count, basic or comprehensive metabolic panel, coagulation studies when blood loss (or fluid shifts) is/are expected to be minimal.
  • 2 Don’t obtain baseline diagnostic cardiac testing (trans-thoracic/ esophageal echocardiography – TTE/TEE) or cardiac stress testing in asymptomatic stable patients with known cardiac disease (e.g., CAD, valvular disease) undergoing low or moderate risk non-cardiac surgery.
  • 3 Don’t use pulmonary artery catheters (PACs) routinely for cardiac surgery in patients with a low risk of hemodynamic complications (especially with the concomitant use of alternative diagnostic tools (e.g., TEE).
  • 4 Don’t administer packed red blood cells (PRBCs) in a young healthy patient without ongoing blood loss and hemoglobin of ≥ 6 g/dL unless symptomatic or hemodynamically unstable.
  • 5 Don’t routinely administer colloid (dextrans, hydroxylethyl starches, albumin) for volume resuscitation without appropriate indications.

日本では「普通の意識の高さ」の麻酔科医にでもほとんど考慮されていないのが現実ですね。というかこれを実践しようとしたら「変わり者」だと呼ばれると思います。

 

米国にAmerican College of Cardiology、American Heart Associationという組織があってこんなガイドラインを出しています。

2014 ACC/AHA Guideline on Perioperative Cardiovascular Evaluation and Management of Patients Undergoing Noncardiac Surgery: A Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines

「特に意識の高くない」麻酔科医でも一応熟読して完全に理解しているだろうというガイドラインです。

今回改定されました。

ちょっと気になったのはAngiotensin II receptor blocker, Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitorsの扱いです。これらの薬剤は「継続」すべきという勧告となっていました。

 

麻酔に関する部分を読んでちょっと暗い気持ちになりました。 少なくと周術期の心血管イベントの防止に麻酔ができる事はすごく限定的だという研究結果が淡々と述べられているのです。


PDF
Tagged with:  

4時頃ゲリラ豪雨に京都市左京区聖護院付近は見舞われました。
比叡山の方向は完全に明るくて極局地的な現象の様に見えました。
ばーっと雨が降ってその雨があがると,大文字の谷々からもわーっと真っ白な霧が立ち上ってきます。
この景色は京都の景色に中でも最高のものの一つだとぼくは思っています。
デイ・サージャリー診療部は眺めだけは一流です。

http://farm7.static.flickr.com/6028/5880922200_8bcdbfd1f9_m.jpg

ところであのMendeleyのversion 1.0がリリースされたそうです。
確かにこの強力なアプリというかサービスがタダというのはすごいです。
自分のpublication listはこれに入れてます。(参照

またPLoSからこんなサービスが提供されはじめていたのですね。
個々の論文がどのように世間で扱われているのか定量的に示されると説得力がありますね。NatureとかCellの論文は閲覧回数はすごいとおもうんですけど何回引用されたか,またその回数がどのように経時的に推移するか5年くらいかけて観察していけばその論文の世間的な価値が解ってくるのだと思います。その意味では論文も5年くらいかけないとある程度の価値は解らないのかもしれません。5年かかって100回以下の引用くらいだとやっぱりその程度がということでしょうか。

月曜日から〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性を今週読み返しています。
震災前から震災後も日本を貫くダメっぷりの源泉は,日本のシステムに埋め込まれた「無責任の体系」(丸山眞男)というエトスだと思う。今にはじまった事ではないよね。

http://farm7.static.flickr.com/6029/5901155689_f661e6127c_m.jpg

Youtubeに東大の児玉さんが国会で証言したビデオが公開されていました。水曜日にNHKのラジオで報道されたのは聞きました。あんな児玉さんは見たことがなかったのでちょっとビックリしました。
原発問題ははじめ当初悲観的な意見を述べるのはむやみに不安を煽るだけなので慎めなどという意見もあって,最悪の事態とはどのようなものなのか,今すべき最重要な事は何なのかについての議論が封じ込められていたと思います。児玉さんのこのような証言も3月当時に行われていたら今とはまったく別な意味を付与されていたのかもしれません。

http://farm7.static.flickr.com/6001/5901713350_206e5b20fc_m.jpg

今日手術室から,研究室に戻ったら雑誌に水滴がついていることに気付きました。
エアコンから水がリークしていたのですね。
実はこのリーク今シーズンエアコンを使い始めたときというか去年からから起こっていたのですが,面倒くさいので,エアコンの真下にトレイをおいて漏れた水を受けていたのです。それが今日の午後の湿気に耐えきれず別の箇所からも漏れ出してトレイで受けきれず下にある本棚に水がプチ滝みたいに流れ落ちていたというわけです。本も何冊かは水をたっぷり吸ってぶよぶよになっていました。
参りますね。こんな劣悪な研究環境なんですよ。嫌になってしまいます。
大学も間接経費とるのだったらちゃんとした研究環境を提供しろ!!と言わせてください。
しかし山陰線ちゃんと動いてよかった。

研究室の院生の間でMacbook Airを買うのが大流行です。macの速さに負けない,速い macで解析しないと追いつかないくらいの膨大なデータを集めてください。ぼくは考えるのもtypingも遅いので今のMBAで十分です。原稿料などで元を取るまでは買い換えないという方針で。

〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License