今週の水曜日(2014/06/04)の朝から金曜日(06/05)の午前中で「硫化水素」をテーマとした国際学会

3rd International Conference on Hydrogen Sulfide in Biology and Medicine

が開催されました。

自分のフォトストリーム-33

参加者集は世界全地域から150名強。

全日程最初から最後まで参加しましたので雑感を書いてみようと思います。

自分のフォトストリーム-35

会長は国立精神・神経医療研究センターの木村 英雄先生が務められました。

長さ25分のoral presetantion44題に加えてposter presentaionが110題(ウクライナからの参加者が参加できず実際はこれよりすこし少なかったとのことでした)という盛会でした。

全ての演題が何かしらという範囲を超えてガッツリと「硫化水素」についての研究の報告というちょっと特別な学会でした。無いよとしては化学から生物学・医学までこれは結構多様です。

International confereneとしては今回で三回目だそうですが、International confereneが開催されない年には300人規模でEuropean conferenceが開催されるのだそうで研究の一分野として完全に確立したものとなっているようです。 キム兄はこの分野に生化学的な背景をもった生物学を展開して盟主の一人として君臨しているのです。

それ故参加者同士は知り合いが多く、村上春樹の短編小説の「タイランド」のような光景が現出していました。 つまり

世界甲状腺会議はバンコック・マリオットの会場で、四日間にわたっておこなわれた。甲状腺会議は、会議というよりはむしろ世界的なファミリー・リユニオンのようなものだった。 参加する全員が甲状腺の専門医であり、ほとんど誰もがほんとんど誰をも知っていたし、知らない場合には紹介された。 狭い世界なのだ。昼間には研究発表があり、パネル・ディスカッションがおこなわれ、夜になるとあちこちで小さなプライベート・パーティーがひらかれた 。親しい友人が集まって旧交を温めあった。みんなでオーストラリア・ワインを飲み、甲状腺の話をしたり、ゴシップを囁いたり、仕事のポジションについての情報を交換したり医学ねたのきわどいジョークを披露したり、カラオケ・パーでビーチボーイズの「サーファーガールズ」を歌ったりした。

医学ねたのジョークとかカラオケで歌い踊るというようなことは無かったみたいですけど。

ぼくはといえば知り合いは、キム兄とハーバードの市瀬さん、東大の花岡さんに加えて琉球大学の垣花さんだけでいわゆる”away感”満載という状況でした。

ぼくはといえば会長のキム兄にいわれて参加させてもらいました。 ぼくのpresetantaionがある意味最も硫化水素から遠かったのではなかったかと思っています。

内容はまったく理解ができないものからほぼできるものまで様々でしたがこの研究分野の流れは実感できかもしれません。すこし驚いたのはある種の経口硫化水素ドナーがすでに臨床治験にはいっているということでした。

 

とにかく今回の会がこの分野のfrontだということでその意味でこの会が京都で開かれて参加できたのは収穫でした。これが米国で開かれていたら参加することは無かったかもしれませんし東京であったとしたら木村先生もぼくを誘いにくかったかも知れません。 H2Sのdonorにもいろいろの種類が存在していて商業ベースで使えるものもあるしそうで無くとも誰々に話せばOKだというような話を聞くとぼくも今までの研究の延長線上でもう少しやってみるかなという気もしてきました。

★★★

懇親会で話したインド人とメキシコ人X2になつかれてしまいました。

インド人は米国在住なのですがことある毎にやってきていろいと話しかけてくるのです。oral presetantionで話しているのをみて腎不全と硫化水素との関連についてが彼の研究テーマだということがわかったのでいくつか質問したら話が止まらなくなってしまいました。

メキシコ人X2のうちの若い方の一人はどこからみてもアンデス山脈地方出身者というような風貌で異彩を払っていたのですがなぜかぼくの隣で食べ始めたので少し話しました。実はさっきの硫化水素の 臨床治験をしている会社の社員だったのです。

相棒のじいさんは奈良の大仏見物を熱望しているようでした。成田から日本にはいったということだったので富士山見たか聞いたら見てないということでした。帰りの新幹線で見えたらいいとおもいますけどこの季節ですから無理でしょうね。今朝も日本の新聞を持って来ていろんなことを質問してきてくれました。

とにかくいろんな人がいます。

 

二日目の午後、ランチのあと市瀬さんと彼のハーバードのlabへの留学経験のある九州大学の先生方と垣花さんに加えて謎の研修医と総勢6人で散歩しました。

自分のフォトストリーム-42

芝蘭会館を出て時計台を通過、今出川に出て東に向かい銀閣寺を道を銀閣寺まで歩き銀閣寺の拝観はせずに哲学の道を南下して丸太町通りに出て京大病院の南をへてCiRA詣の後に芝蘭会館に戻るという普通はしないというような散歩です。 CiRAの前で知り合いに見られてしまいすこし恥ずかしかったです。 京大界隈を歩いているところを見られると「お前もう関係ないだろう」と思われるかも知れないのでちょっといやです。そうですもう関係ないですから。

Sannpo

自分のフォトストリーム-47

半日ツアーなどオプションであったら参加者みなさんには良かったのかもしれません。

★★★

次、H2S2016はイタリアのナポリです。行ってみたい気もします。


PDF
Tagged with:  

硫化水素研究者が一同に会する国際学会

the third international meeting on Hydrogen Sulfide Biology and its biomedical effects 

が今年の6月4日から6月6日京都で開催されます。

 

場所は京都大学医学部校内の芝蘭会館。

 

現在paperを募集中です

硫化水素関連としてはもっとも大きいこの会に皆さんも参加してみませんか?

 

会長は我らのキム兄こと国立精神・神経医療研究センター木村英雄先生

詳細はここからどうぞ。

 

もちろんぼくも参加します。

 

H2s main


PDF
Tagged with:  

Journal club Renewal

On 2011/1/11 火曜日, in books, hypoxia reseacrh, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

ほんと寒いです。

でも雪の京都東山ってほんとにきれいです。
みんな一度は京都で研修したらいいのに。
今からでも間に合うよ。

IMG_1276

今まで研究室のメンバーと行っていたjournal clubをH田さんの研究室の人たちと一緒に行う事にして今日再開第一回目の会がありました。
第一回目はぼくが担当して少ししゃべりすぎました。力を抜いて継続できることを第一目標にやっていけばいいと思います。
学内で興味のある人がいたら参加大歓迎です。火曜日の16時から1時間の予定でやります。

In Vivo Imaging of HIF-Active Tumors by an Oxygen-Dependent Degradation Protein Probe with an Interchangeable Labeling System.

PLoS One. 2010 Dec 23;5(12):e15736.

出てますね。このprobeすごいと思います。

Hypoxia-inducible factor inhibitors: a survey of recent patented compounds (2004 – 2010).

Expert Opin Ther Pat. 2011 Jan 6.

ほんといろいろありますね。どれが抜け出すのか全部こけるのか、どうなんでしょう。

最後に

Perioperative opioid requirements are decreased in hypoxic children living at altitude

Pediatric Anesthesia Volume 20, Issue 12, pages 1078–1083, December 2010

ほんとなんですかね。びっくりです。

筋弛緩薬投与事件ですがこんなのができてたんですね。

「司法事故を考える」
読みました。

いわゆる仙台筋弛緩剤中毒事件は、患者を全く診察していない医師が病気を殺人と誤認したための冤罪でした。それは筋弛緩剤中毒でも、事件でもなかったのです。

と言い切れるのでしょうか。ぼくには解りません。

裁判では筋弛緩の投与量などの認定はあったのでしょうか。それが解るとぼくらでもなんとか考えることができるのですけど。

患者さんの死因は原疾患と議論に登っている筋弛緩薬の投与を軸に考えると

  1. 筋弛緩薬投与有り 死因は筋弛緩による窒息
  2. 筋弛緩薬投与有り 死因は原疾患関連
  3. 筋弛緩薬投与無し 死因は原疾患関連

の三通りとなると思います。(その他まったくこれとは別の理由もあるかもしれませんが除外します)

1と2の場合事件となり、3の場合はこれは事件でなかったということになるのでしょう。
裁判所は1と認定したのですが池田氏は3と主張しているのです。

主張の理由がどうもぼくには弱いような気もします。鑑定をしたその時点で東北大学の教授であった橋本氏を中傷しているだけのような気もします。
例えば池田氏の意見書に

橋本氏はマスキュラックスの効果が現れる筋肉の順序を誤解していました
橋本氏は,マスキュラックスの効果は,A 子さんの症状が現れた順番通りに,目の周りの筋肉 に最初に現れ,その後に顔面,それから後に喉の筋肉,その後に横隔膜と主張しています(橋本 保彦証人尋問調書 平成 13 年(わ)第 22 号等 P2).しかし,事実は違います.マスキュラッ クスの効果は,目の周りの筋肉よりも横隔膜の方に先に現れます.この事実は, Anesthesiology という,麻酔学の分野では世界的に有名な雑誌で,1990 年に報告されています[参考文献 6].こ の論文には,マスキュラックス投与後,横隔膜には投与後 2.2 分で効果が現れるが,眼輪筋とい う目の周りの筋肉に効果が現れるまでに 3.4 分かかると明記してあります.橋本氏はこの文献を 確認すべきでした.もし,確認していれば,A 子さんの症状の現れ方はマスキュラックスの作用 と違うことに気づき,誤診を避けられました.

とありますがこの論理展開はぼくにはよく理解できません。

そもそもDonati F, Meistelman C, Plaud B. Vecuronium neuromuscular blockade at the diaphragm, the
orbicularis oculi, and adductor pollicis muscles. Anesthesiology 1990;73:870-875.という論文は「ベクロニウムの効果は,目の周りの筋肉よりも横隔膜の方に先に現れます」ということを証明した論文と言うより眼輪筋の弛緩の度合いを神経刺激装置を援用して評価した場合、横隔膜の弛緩度と非常によい相関があるということを証明したと解釈すべきなのではないでしょうか。また横隔膜では眼輪筋より早く神経刺激装置で評価した筋弛緩作用が現れるからといってそれが今回の橋本氏の鑑定にどんな影響を与えるのと言うのでしょうか。

また「ベクロニウムを検出したとする鑑定に科学性はありません」との主張です。

人の患者全ての生体試料からベクロニウムを検出したと主張している科捜研の鑑定も第三者機関が全面的に見直す必要があるのです。

とも主張しておられますがこの主張自体にまったく科学性はありません。一般論を述べているだけです。
少なくとも筋弛緩薬が患者から検出されたとしたら1か2なのですからこれは事件となるはずです。この場合、死因に筋弛緩薬の投与が無関係でもなんでもそうなのです。

大阪府警科捜研のベクロニウム検出法については、特異度の検討を行いたくても行えない状況です。全量消費で試料が残っていないからです。ですから、ベクロニウムでなく、別のものを検出した疑いに対して、何らの客観的な反証データも示せないのです。

この状況でそれではどうしろというのでしょうか。
またページ最後に
「Publication List including papers on NEJM, Lancet and BMJ」
という池田氏の publication listへのリンクが張ってあります。これはなんなのでしょうか。意味が不明です。

とにかく俺には解らんよ。誰か教えて。

「正義」を考える―生きづらさと向き合う社会学
を読みました。
帯に「大澤社会学、至高の到達点!」とありますがあながち誇張ではありません。
文章が話し言葉で書かれている分だけ「至高」性を減ぜられると思いますがこれはよい本だと思います。

「正義」を考える―生きづらさと向き合う社会学 (NHK出版新書 339)


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License