土曜日の朝から24時間の日当直でした。

午後遅くから夕ご飯まで働きましたがそれ以外は籠もってデータ整理と某解析に勤しんでいました。

某解析Macが一台別に必要ですね。

こうなるとMacはもっと高性能の奴があればいいなと思いますよね。


MARY HALVORSON OCTET

New York Timesで “BEST IN CULTURE 2016”特集を組んでいます。

The Best Movies of 2016,The Best Pop songs of 2016, に加えてThe Best Podcasts of 2016まであります。

 

The Best Albums of 2016で紹介されていたいくつかを聞いてみました。Apple Musicでほとんど聞くことができました。

BEYONCÉ “Lemonade”とDAVID BOWIE “Blackstar”が総じて高評価なのですがある評者は MARY HALVORSON OCTET の“Away With You”を一位に上げていました。

HALVORSON氏が率いる8重奏団-Jonathan Finlayson (trumpet), Jon Irabagon (alto saxophone), Ingrid Laubrock (tenor saxophone), Jacob Garchik (trombone), Mary Halvorson (guitar), Susan Alcorn (pedal steel guitar), John Hébert (bass), Ches Smith (drums)-のアルバムです。

例えばこれ

HALVORSON氏のインタビューも読めます。

 

The 10 Best Books of 2016ももちろんありますが The Best Book Covers of 2016 こんなものもありました。 よい趣味ですよね。

 

New York Timesで紹介されていた”“The Undoing Project”“を読んでいます。

著者はMichael Lewisで”Money Ball”とかを書いた人ですね。

副題に”A Friendship That Changed Our Minds”とあるように二人の心理学者Daniel Kahneman博士と故Amos Tversky博士の交流を描いた評伝です。

Daniel Kahneman博士は2002年のノーベル経済学賞を「行動経済学と実験経済学という新研究分野の開拓への貢献」を理由として受賞しました。

Amos Tversky博士は2002年の段階ですでに他界していましたので受賞者とはなりませんでした。

 

プロスペクト理論 ヒューリスティクスとバイアス と Peak-end rule に引っかけた優れた書評に触発されてKindle版で読んでいます。

 


DeNA関連の某出来事に関連したtweetsです。

論文を含めた出版物は,「査読」を受けているかどうかの観点からしたらまちまちです。

製薬会社が発行している「雑誌」に掲載されている雑文のような論文()は査読されていない場合がほとんどです。編集段階で誤字脱字くらいは訂正されている場合はあると思いますが。

そのような場合,信念()を持って様々な主張をここぞとばかり展開する人もいます。逆にそういう雑誌だから気軽に自分の意見を書けるという側面もあり一概にそれを否定はできません。ブログのエントリーもその延長線上にあると思います。

教科書()も同じです。医学的な実証を経ていなばかりか,物理・化学・生物学法則から考えて明らかに誤りである事が堂々と記載されている場合もあり,それを無批判に受け入れる研修医もいるのです。

 なので専門家の監修()を受けた情報といっても一概に信用はできません。また実際の医療は個別性が高いです。厚生労働省が責任を持って提供している情報でも勝手な判断で自分に当てはめるのは危険です。

 

は New England Journal Medicineに掲載された以下の論文の解説記事です。

記事は論文の掲載の翌日に出たのですが内容が優れています。 日本の新聞でこれを求めるのは現時点では無理だと思います。


三四郎

NHKで12月9日に放送された シリーズ 深読み読書会「夏目漱石“三四郎”〜108年目のプロポーズ〜」 を録画していたものを昨日観ました。

 

シリーズ深読み読書会では前回は“犬神家の一族”が取り上げられていたのですが今回もとても楽しい番組となっていました。

 

鈴木杏,猪瀬直樹,島田雅彦,朝吹真理子,小倉千加子の5人が「三四郎」を深読みするのです。 今回は,「三四郎」を美禰子さんの婚活小説として読むというのが一応のお題でした。

 

美禰子さんが結婚するのは誰がふさわしいかを出演者が語り合うという趣向です。

 

もちろん小説では三四郎はあっさり振られ美禰子さんはあっさりと金縁メガネの帝大法科卒の男しかもよし子さんに一旦は振られた男と結婚するのです。

 

完全振られる場面を青空文庫から引用します。

「拝借した金です。ながながありがとう。返そう返そうと思って、ついおそくなった」 美禰子はちょっと三四郎の顔を見たが、そのまま逆らわずに、紙包みを受け取った。しかし手に持ったなり、しまわずにながめている。三四郎もそれをながめている。言葉が少しのあいだ切れた。やがて、美禰子が言った。 「あなた、御不自由じゃなくって」 「いいえ、このあいだからそのつもりで国から取り寄せておいたのだから、どうか取ってください」 「そう。じゃいただいておきましょう」 女は紙包みを懐へ入れた。その手を吾妻コートから出した時、白いハンケチを持っていた。鼻のところへあてて、三四郎を見ている。ハンケチをかぐ様子でもある。やがて、その手を不意に延ばした。ハンケチが三四郎の顔の前へ来た。鋭い香かおりがぷんとする。 「ヘリオトロープ」と女が静かに言った。三四郎は思わず顔をあとへ引いた。ヘリオトロープの罎びん。四丁目の夕暮。迷羊ストレイ・シープ。迷羊ストレイ・シープ。空には高い日が明らかにかかる。 「結婚なさるそうですね」 美禰子は白いハンケチを袂たもとへ落とした。 「御存じなの」と言いながら、二重瞼ふたえまぶたを細目にして、男の顔を見た。三四郎を遠くに置いて、かえって遠くにいるのを気づかいすぎた目つきである。そのくせ眉まゆだけははっきりおちついている。三四郎の舌が上顎うわあごへひっついてしまった。 女はややしばらく三四郎をながめたのち、聞きかねるほどのため息をかすかにもらした。やがて細い手を濃い眉の上に加えて言った。 「我はわが愆とがを知る。わが罪は常にわが前にあり」 聞き取れないくらいな声であった。それを三四郎は明らかに聞き取った。三四郎と美禰子はかようにして別れた。下宿へ帰ったら母からの電報が来ていた。あけて見ると、いつ立つとある。

番組中劇で美禰子さんは高橋マリ子さんが演じていました。 朝吹真理子さんがあんなに長く話しているのを始めて観ました。

番組の最後に漱石が鈴木三重吉に宛てた有名な手紙が流れていました。

これも青空文庫から部分的に引用しておきます。

漱石が大学を辞めて小説家として立つという決意を伝えた手紙です。

只一つ君に教訓したき事がある。是は僕から教へてもらつて决して損のない事である。

僕は小供のうちから青年になる迄世の中は結構なものと思つてゐた。旨いものが食へると思つてゐた。綺麗な着物がきられると思つてゐた。詩的に生活が出來てうつくしい細君がもてゝ。うつくしい家庭が〔出〕來ると思つてゐた。 もし出來なければどうかして得たいと思つてゐた。換言すれば是等の反對を出來る丈避け樣としてゐた。然る所世の中に居るうちはどこをどう避けてもそんな所はない。世の中は自己の想像とは全く正反對の現象でうづまつてゐる。 そこで吾人の世に立つ所はキタナイ者でも、不愉快なものでも、イやなものでも一切避けぬ否進んで其内へ飛び込まなければ何にも出來ぬといふ事である。

君の趣味から云ふとオイラン憂ひ式でつまり。自分のウツクシイと思ふ事ばかりかいて、それで文學者だと澄まして居る樣になりはせぬかと思ふ。

現實世界は無論さうはゆかぬ。文學世界も亦さう許りではゆくまい。かの俳句連虚子でも四方太でも此點に於ては丸で別世界の人間である。あんなの許りが文學者ではつまらない。といふて普通の小説家はあの通りである。

僕は一面に於て俳諧的文學に出入すると同時に一面に於て死ぬか生きるか、命のやりとりをする樣な維新の志士の如き烈しい精神で文學をやつて見たい。それでないと何だか難をすてゝ易につき劇を厭ふて閑に走る所謂腰拔文學者の樣な氣がしてならん。

命のやりとりをする樣な維新の志士の如き烈しい精神で文學をやつて見たい。それでないと何だか難をすてゝ易につき劇を厭ふて閑に走る所謂腰拔文學者の樣な氣がしてならん。

って格好いいですよね。

同時に,「君の趣味から云ふとオイラン憂ひ式でつまり。自分のウツクシイと思ふ事ばかりかいて、それで文學者だと澄まして居る樣になりはせぬかと思ふ。」にたぶんなっている自分がちょっと恥ずかしいという気もしました。


枕草子

とりわけ,「枕草子」は素晴らしく,橋本治氏の桃尻語訳「枕草子」を乗り越えたといってもいいのではないでしょうか。


PDF
Tagged with:  

「時代の精神」

On 2014/8/23 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

予定の実験が終わったのですが結果を前にdiscussionするともう少し検討しておいた方がよいことが出てきて某案件はもう少しやってみることにしました。いまでも「文句」はないだろうって感じにはなっているですが、こうなると論文が通る通らないでは無くなってきます。一見小さな課題でもよく調べれば解っていないことはいくらでもあっていっそそこら辺は全部埋めちゃいたいという感じになってきています。

もう亡くなったぼくのone of 師匠は「研究は牛の涎みたいなものだ」といっていました。「キリが」無いということなのですがホントにキリはありません。

カメラロール-3531


ある本を探しているのに見つかりません。掛けた時間を考えればとっと古本で買ってしまった方がよかった位です。 おかげでいろんな本が発掘されました。

その一冊が「正統と異端」です。

中公新書の一冊で昭和39年に出版されました。 ぼく持っているのは昭和61年の第二〇刷のものです。

一言で言うとローマ教会における秘蹟論の解釈の変遷の追究を通じて「キリスト教における政治と宗教の矛盾を追及した最新の成果」を記したものです。 この二十数年間で三回くらい読んだと思いますがその折々の自分の立ち位置によって思うことが異なります。

「正統」と「異端」というのは誤解を怖れず言えばカトリック(正統)と「それ以外」の「キリスト教」(異端)という事です。この新書が論じる時代にはまだいわゆる「プロテスタント」は確立していません。

キリスト教が当時の「世界」宗教となった初期から「聖職者」の「聖性」の危機があったわけです。到底聖職者らしかなる行動を取る「瀆聖聖職者」の存在です。そのような聖職者がハンドルした秘蹟が果たして有効かという議論があってこの議論に対する向き合い方に「正統」と「異端」で違いがあります。

この本では、正統と異端つまり客観主義(聖務重視論)と主観主義(執行者重視論)の対比が論じられるのです。

カトリックの理論によれば、恩寵伝達の行為である秘蹟は、それが秘蹟創設の趣旨に、従って、 いいかえれば「聖三位一体の御名への呼びかけ」をもって執行され受領者がカトリック的信仰において受領するのでかぎり、秘蹟執行者の人格とはまったく独立に、その効果をあらわすのだそうですがこれが客観主義。対して堕ちた聖職者が授けた秘蹟には効力がないと考えるのが主観主義の立場。(ネットで調べたら何でも出てます。例えばここ。「正統と異端」での議論が手短にまとめられています。「客観主義」とは何かがわかります)

「洗礼が効力をもつ根本理由は聖三位一体であり、外部にあって秘蹟を伝える司祭者は道具なのであるから、聖三位一体への呼びかけによって秘蹟は成就する」 つまり「業をなすものは時に不純であっても、為されたる業は常に純潔であるのである。」

と「正統」は考えるのだそうです。

こういう話はそこら中にあるわけです。 医者の世界にも研究の世界にも。 「違法ではあるが有効」とかどっかで聞いたような話ですし 客観的研究室論とか客観的医局論とかも論じようと思えば簡単にいけます。

ぼくは臨床現場では典型的な「客観主義者」ですが基礎生物学では結構ゴリゴリの「主観主義」です。とにかく誰がやった実験家とかそういったことにすごくこだわるし何かいい加減だと一回思うともうほとんど信用をおかなくなります。

ただしかしここでいう「正統」「異端」もあくまでキリスト教の枠内の話で、そもそも前提としてのキリスト教を認めなない人にとっては何の意味も無いという事になります。

「反医療」・「反科学」的な立場はこの枠組みでは「異教」となります。この人たちを説得する術はありません。「術がない」事を熱心にしている人がいますがムダですよ。

 

ぼくの持っている中公新書版「正統と異端」実は1964年に出版された本なのですが、今では中公文庫の一冊として流通しているはずです。つまり名著なのです。 面白くしかもためになりますので是非一読を。

 

カメラロール-3519

 

金曜日の夜帰宅途中に梅田の紀伊國屋で

大江健三郎自選短篇

を見つけました。岩波文庫の一冊です。

本書刊行にあたり全収録作品に加筆修訂をほどこした最終定本。性・政治・祈り・赦し・救済など、大江文学の主題が燦めく、ノーベル賞作家大江健三郎のエッセンス

だそうです。

短編集に収録された小説も全て一度は読んだ事があるし繰り返し読んだものもあります。 「最終」定本という事ですがそれはそうかも知れません。大江さんはぼくのもう亡くなった父と同じ歳の生まれでもう79歳ですから。

短編集新しい人よ眼ざめよ」などは読み切れば感動を呼ぶ一冊だと思います。

 

最近はとかく批判の対象となる大江健三郎氏ですがぼくの人生で最も影響を受けた作家です。

高校生の時に彼の小説を読まなければたぶん今とはまったく違う人生を送っていたと思います。たぶん地元の役場に就職していたと思います。

「同時代ゲーム」辺りからはほぼリアルタイムに読んできました。大学に入ってまず「大江健三郎同時代論集」を読むことから始めました。 もちろん今でも本棚にあります。

この「自選集」の「あとがき」に夏目漱石の「こころ」の一節が引いてありました。 青空文庫で全部読めるのですから該当部分を引用しておきます。

「すると夏の暑い盛りに明治天皇が崩御になりました。その時私は明治の精神が天皇に始まって天皇に終ったような気がしました。最も強く明治の影響を受けた私どもが、その後に生き残っているのは必竟時勢遅れだという感じが烈しく私の胸を打ちました。私は明白さまに妻にそういいました。妻は笑って取り合いませんでしたが、何を思ったものか、突然私に、では殉死でもしたらよかろうと調戯いました」

「私は殉死という言葉をほとんど忘れていました。平生使う必要のない字だから、記憶の底に沈んだまま、腐れかけていたものと見えます。妻の笑談を聞いて始めてそれを思い出した時、私は妻に向ってもし自分が殉死するならば、明治の精神に殉死するつもりだと答えました。私の答えも無論笑談に過ぎなかったのですが、私はその時何だか古い不要な言葉に新しい意義を盛り得たような心持がしたのです。」

自分はすでに「時代遅れ」なのだということと「時代の精神」ということはよく考えます。

ぼくは、研究ではかなり古風な方法論に固執ーというよりそれしかできないのでーしています。これで「どこまで行けるか」というある種の「実験」をしているような意味合いもありますがとにかく時代の趨勢からbehindしています。昨年セミナーでCRISPR/CASの話を聞いてのけぞってしまったほどです。何とか「時代の精神」を取りれた研究をやっていくことがこれからの課題です。できなければ「」かも知れません。


白井聡さんの「永続敗戦論」を読みました。8/10にNHKのラジオ番組を聞いたからです。(参照

文章のリズムに乗れずに読み終わるのに結構な時間が掛かりました。

白井さんと大江さんではまったく立場が異なりますが-

何せ大江健三郎は「戦後民主主義」のゴリゴリの信奉者です-妙に共通点が多いと多いと感じました。

 



第108回の医師国家試験の問題が厚労省のサイトに出ていました。必要があって昨年から眼を通しています。これは絶対に麻酔科の問題としか考えられない問題も数題ですが出題されていました。

ここ5年分は全て眼を通しましたが年を追う毎に「臨床的」にはなってきていると思いました。

臨床現場に一年くらいどっぷりつかればそれだけで結構正解できるようになると思います。

臨床実習で関わるくらいではなかなかむずかしいとは思います。まあ別に臨床実習なんてしなくとも丸暗記で合格点を取ることはできるとは思いますけど。

例えばこれ

急性心不全患者で、肺うっ血を呈しているが末循環不全の所見を伴わない場合の治療薬として適切なのはどれか。 2 つ選べ。

a フロセミド

b アドレナリン

c ニトログリセリン

d ノルアドレナリン

e プロプラノロール

普通に医者をしていたら瞬時に答えがでる問題-問題を読まなくとも選択肢だけみても正解できる-と思いますが、これを学生に解説すると薬剤・病態の説明もして結構な時間が掛かります。

選択肢だけで正解が解る典型は次の問題です。

まず選択肢

 

初期対応として適切でないのはどれか。 

 

a 人を集める。

b 酸素投与を行う。

c 血液型を確認する。

d ベラパミルを静脈内投与する。

e 乳酸リンゲル液の点滴を開始する。

これだけで正解は二つに絞られてたぶんあっちだろうということが解ります。

 

因みに問題は

 

68歳の男性。狭心症の定期受診のため来院した。待合室で冷汗と気分不快が出現し横になったところを、通りかかった研修医が発見した。胸痛と呼吸困難はない。半年前に経皮的冠動脈形成術(ステント留置術)を受け、抗血小板薬を内服している。最近食欲がなく、 7 日前から大量の黒色軟便に気付いていたという。診察時、意識レベルはJCSI-1。脈拍128/分(微弱)、整。血圧82/50 mmHg。呼吸数24/ 分。SpO2 94 %(room air)。顔面蒼白で多量の冷汗を認める。眼瞼結膜は貧血様である。心音と呼吸音とに異常を認めない。

ですが特に読む必要はありません。確認の為に読む程度でしょうか。実は臨床現場で普通にやっている医者なら何科を専門としているかとは無関係に1/3はこんな感じで正解できます。

またこんな問題もありました。

夜間救急外来に「1歳の息子がコインを飲んだようだ」と母親から電話があった。 10 分前、母親が目を離したすきに、手に持って遊んでいた 2 つのゲーム用コインの うち 1 つが見当たらなくなり、飲み込んだのではないかと心配している。本人の機 嫌はよいとのことである。 当直医として適切な対応はどれか。

a 「明日来院してください」

b 「それはお母さんの責任です」

c 「口の中に指を入れて吐かせてください」

d 「もっと周りをよく探してからご連絡ください」

e 「残りのコインを持って直ちに来院してください」

国家試験的には誰にも答えは明かなのですが本当にそうなのかなと思います。

夜間って何時なのかとか家から病院までどれくらい時間がかかるのだろうかなどいろんな「ツッコミ」をしてしまいます。

夜中の3時だったら、”d”位のことは言っちゃう人もいるのではないかなとかというかぼくならいいます。

もう一問

職場での心理的負荷による精神障害について、ストレスの度合いが最も強いと考えられるのはどれか。

a 顧客から無理な注文を受けた。

b 同僚に資料の落丁を指摘された。

c 達成困難な業績目標を設定した。

d 大きな説明会で発表せざるを得なくなった。

e 顧客に2か月以上の入院を要する怪我を負わせた。


どうすか。ひどい問題ですよね。エラい先生方が集まってこんな問題をひねり出しているのです。

でもこんな問題なら皆さんも国家試験を受けてみたら受かると思いませんか? 

某診療科の専門医試験も似たようなものです。


カメラロール-3501 


ついでに看護師と薬剤師の国家試験も解いています。

看護師の国家試験は医師国家試験との関係では完全に下位互換性があります。ぼくが今現在解いてもほぼ全問正解です。素人が病棟で一年くらい過ごせば学校での勉強などしなくとも合格できるのではないかという勢いです。

一方薬剤師の国家試験はぼくには難しいです。少なくと「必須問題」や「薬学一般」問題は意味さえ理解できないものもあります。一方「薬学実践問題」バカみたいに簡単です。

とにかく医師国家試験との互換性はありません。そのまま受験したらほぼ全員討ち死にでしょう。


カメラロール-3526


 

 


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License