先日すこしキチンと働いたら風邪を引いてしまい肺もすこしやられました。風邪に抗生剤は効かないというキャンペーンもあるのですが多分今回のぼくの場合はある時点から服用していればもう少し早くに症状が寛解したのではないかとは思っています。


大学院講講座第792講

職場の大学院講座として、京大メディカルイノベーションセンターの中村英二郎先生のセミナーが予定されています。 英二郎先生は昨年末にノーベル賞を受賞されたWilliam G Kaelin Jr先生のラボに留され、現在は京大で創薬研究に挑んでおられます。

日時:1月17日(金) 17:30より

場所:関西医科大学 (京阪枚方市駅徒歩5分) 4階カンファレンスD

タイトル:Oxygen sensing mechanismの解明と新規治療薬開発

講師:京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター DSKプロジェクト 特定准教授 中村英二郎先生

要旨) 2019 年のノーベル生理学・医学賞は「Oxygen sensing mechanism」を明らかにした3人の研究者、Dr. William G. Kaelin Jr., Dr. Peter J. Ratcliffe, Dr. Gregg L. Semenzaに贈られた。1990年代初頭のHIF-1同定から始まった低酸素応答機構解明に対して日本人を含めた多くの研究者の叡智が注ぎ込まれた結果として腎性貧血、腎細胞癌治療薬が開発された。本講演にて同機構解明の臨床的意義に関して解説を行う。

 

英二郎先生はKaelin氏のlabに二回も留学した筋金入りです。 Kaelin氏の研究室ではHIF-2 specificの阻害薬などの開発に成功しています。興味深いセミナーになると思います。

大学院生向けの講義ですが学外の皆さんも含めてどなたにでも参加していただけます。 4階エリアへのアクセスに困難のある場合は守衛さんにご相談ください。 今回は薬理学の中邨智之先生がホストです。 事前に連絡頂ければ対策を講じることもできます。

この大学院講座ですけど秋にはSemenza氏もこの枠組みでセミナーしてもらいました。


仕事の遅れを取り戻そうと研究室にやって来ました。 某案件に3時間はかかるだろう、それが終われば今日は撤収と思っていたら30分で仕事が終わってしまいました。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License