今晩は当直です。朝まで確実と思っていた某手術がすんなりと1時前には終わってしまいました。

IMG_3324

大学院生のD条先生の学位審査のための講演会が水曜日の朝に開かれました。
審査員以外のギャラリーが教授とぼくを除いて7人いるという賑やかな会になりました。
火曜日の夜に最終の予行演習をしたのですがす「ぴりっと」した感じに乏しく,私たちの医学研究科のone of 御大sであるN宮さんを迎え撃つにはスタミナ不足の感がぬぐえない状態でした。

朝になり他の審査員の先生方がそろわれているなか,N宮さんは予定開始時刻にぎりぎりに現れるという宮本武蔵的な戦術をのっけから繰り出し緊張感がどっと高まったところで講演会が始まりました。
昨日の予演会の段階では自分で墓穴掘ってどうするんだ的なポイントが散見されたのですが本番ではそこら辺にかなりの改善の跡が認められました。そのかいあってか,N宮さんも途中からジャブのような質問を繰り出す戦略は採らずにプレゼンテーションは最後のスライドまで無難に進んでいきました。

しかし,質疑の時間の口火を切ったのはやはりN宮さんでした。

今回の学位審査のネタとなったこの論文は,素人がちょっと読むと細胞株を用いてfentanylのHIF-1活性への影響を見ただけと思ってしまうのですが実はそうではありません。HIF-1やGPCRのシグナルとある程度知っている人なら一読して一種の「違和感」を感じるはずの結果が記述されています。つまりfentanylがµ-opioid receptorから細胞へシグナルを入れているという常識的なコンセンサスにそった仮説からはずいぶんとはずれた現象を報告しているのです。
N宮さんははじめからここの齟齬を議論の対象とした質問を繰り出してこられました。さすがです。
しかし,この現象の分子機序をこの論文では解析し尽くしたわけではないのでその質問には明確な「答え」は存在しません。それ故,講演者の見解を問うような質問となっていたのです。提示されたデータを元にいろんな仮説が述べられそれの妥当性を議論して行くような学位の講演らしかなぬ展開になっていったのです。

これは喜ぶべき事だと思いました。あのように議論が展開されたということは,少なくとも論文で提示した現象に対して審査員が一定以上の興味を抱いてもっと深く知りたいという気持ちを持っている証拠だと思うからです。findingsの面白みを大切にしてもらったとも言えます。某学会の発行する英文雑誌のreviewerはこういう態度を見習うべきだと思います。

というわけで審査会は終了しました。

審査員の議論に対して批判的な受け答えがもう少し積極的にできればよかったとは思いましたがあの状況で自在の受け答えができたらそれはそれで怪物的だとおもいますので仕方なかったかも知れません。

昨晩の予演会での危惧が杞憂に終わりぼくとしては満足でした。

カメラロール-33

IMG_3083


PDF
Tagged with:  

学位審査のシーズンが来ました

On 2010/12/15 水曜日, in books, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

某原稿ぼくのすることは全部しました。年内に送り出したいのですが28日に送っても4日に送っても結局は一緒か。二人くらいには読んでもらって意見ももらいたいし。

これが終わったので、ガンとハイポキシアまでにS木さんの分は何とか1st draftに持って行きたい。

今日も会議が二つ。

一つはなんとぼくが議長だから困ったモノです。こんなことをタダでやっているのですから大学病院と言うのは因果な所です。

明日も会議が一つと某説明会が一つ。”室長”を逃れたので気楽な説明会です。

そのあと当直。
というわけで今年も終わってしまいそうです。

買ってすぐに夢中で2/3くらい読んだのですがその後足踏みしていた量子の社会哲学 革命は過去を救うと猫が言うを昨日読み切りました。

時代時代の社会哲学を物理学というかもっと狭く言えば力学における支配原理の変遷にそって記述した本です。

これは実は医学というか生命への態度というか医療のあり方の変遷にも応用できると思います。

これを考えることを年末年始の課題にしてみようと思います。

これはサンデル教授の例の”正義”の本にまして医学部の講義でじっくり読み込まれたらよい本だと思います。

この時期職場では学位の審査がそこここで行われます。朝7時半からとか言うときもあり閉口します。

今日、研究など大学でなくともどこでもやっていますが、学位を授与するという機能は大学がいまだほぼ独占的に持っています。

博士号を得ようと思えば結局は大学でのしかるべき審査を経る必要がある訳です。

ぼくらの研究科では申請者による講演、引き続きのーというか途中から絡んでくる先生もいますけどー質疑応答を経て、調査委員と専門委員による合議で合否が決まり署名捺印された審査結果が主査により研究科会議で発表、承認され最終的に博士号にたどりつくという手順です。

もちろん白熱するのは”質疑応答”のパートです。

こればっかしは言語明瞭意味不明だと火に油を注ぐことになるので注意が必要です。自分の指導した学生の講演会はほんと緊張します。変な質問されて”間違った”ことを答えたりすると緊張はどんどん増していきます。ときどきぼくの指導した学生の審査だけガチでやられていると感じることもあります。全員基礎の先生で専門委員まで基礎の先生とかで言いたい放題言われてちょっと不公平だと思った時もありました。こっちが手に汗握ってしまいます。どうせ出席していても発現はできないので今度から出ないようにしようかなと思っているくらいです。実際前回は出ませんでしたというか仕事を与えられて出席できませんでした。一回でいいのでどこか基礎の部屋の審査に出かけてコテンパンにしてやりたいなと思っています。

ぼくは教授でないので調査委員にはならないのですが時々専門委員として参加します。最近は麻酔科だけでなく他科の先生の審査に参加することもあり、科による芸風の違いを感じることもあります。

質疑応答の後の、調査委員と専門委員による合議で何が議論されるかは秘密ですがその場にいると結構引くかもしれません。

というわけでうちの大学の審査では論文のreviewerのコメントより厳しいコメントが出ることはしばしばあります。

別に心配することはないんですけど心配ですよね。やっぱり。

量子の社会哲学 革命は過去を救うと猫が言う


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License