最近のこと

On 2018/3/11 日曜日, in anesthesia & critical care medicine, book, books, Kindle, by bodyhacker

前回いつ書いたのかよく覚えていないのですが先日これをちょっと楽しみにしているという人がいると聞いたので書いてみました。

 

先週の日曜日に引き続きさっきまで24時間の日当直をしていました。学徒動員の大学院の先生に引き継ぎました。

24時間も病院にいると出動要請があるものでそれが普通の人間が起きている時間だとそれはそれで問題はないのですが普通の人達が寝ている時間だとやっぱり朝起きてそれなりにしんどいということになります。

日当直の場合、いつ出動要請があるか分からないので途中で中断されるとちょっと困るというような仕事を入れておくと困った事になる場合があるのでそうでない仕事をしている訳ですがそれでも〆切が迫っているというような場合は当直が明けた今のような時間を使うしかないという事になります。

IMG_3207


Dr. Bonoの生命科学データ解析-読書会 @大阪ですがついに満席となりました。

ありがとうございます。

当初席が埋まるかなという心配があったのですが現在「補欠者」5名という事になっています。


 

実は先週の日当直の時にこんな事書いていました。

オリンピックも終わってみればメガネ先輩と金メダル二つのお姉ちゃんの方に完全に話題が持って行かれてしまいましたね。

家内は、NHKがパシュートにfocusした番組を観て完全にはまってしまったようです。

個人的にはジャンプの高梨沙羅さんがとにかく銅メダルとって安心しました。メダルに届かなかったらちょっとやばい感じになるんじゃないかと思っていましたから。

昨日の夕方の麻酔反省会ーただの大阪王将をつまみながら麻酔関連の諸問題を討論する会ですーでも話題になりました。

 

IMG_0583


Nature誌にこんな記事が出ていました

bioRxivに出ているこれが

この論文原稿の記事です。

 

manuscriptsのテキストベースの重複はすでに検出するアルゴリズムが存在していますがfigureの重複も見つけちゃうよという訳です。

figureの画像などを使いまわす人なんているのかなと思うのですがいるんですね。時々manuscripts内での使いまわしもあったりしてバカじゃないのかと思う時もあります。

これを指摘しても無視する雑誌もあってそっちの方がびっくりするのですが。


プレスリリースをしました

詳しくはこちらをどうぞ


勉強の哲学

勉強の哲学のメイキングが出版されました。

「メイキング・オブ・勉強の哲学」

ぼくはしばらく前にkindle版で読みました。

メイキング・オブ・勉強の哲学 (文春e-book)


「勉強の哲学 来たるべきバカのために」 を読んでいるいないに関わらず楽しめる一冊になっています。

研究と勉強は違うのだという言い方もありますがぼくの中では小学生時代からづっと意識的に行ってきた勉強の延長線上に研究があります。

なので研究をする事になんの苦もなくやりたいことをやって給料がもらえるのだからこんな幸福な事はないなという感じなのですが時々「正気に」なって「俺ってなんでこんな事しているのだろう」と思わない事もないのこういう本が出るとやっぱり読んでしまいますね。

 


ぼくの半径200mくらいで盛り上がっていました

なお写真集は買っていません。

 


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License