日本語で科学をするとは

On 2015/2/16 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

日当直でした。何もありませんでした。珍しいです。

午前中にどうしてもしないといけないいくつかの事を済ませてしまっってどうしようかと思案して調べ物とか読書に時間を当てていました。


学生と実験しています

このところ学生と一緒に実験をしていますorしていました。 一回生で「研究医養成コース」と三回生で「配属実習」とのプログラムに参加している学生たちとです。

結構単純な実験系を使っての実験でそれなりの「結果」が出てきて一安心です。

 

– まず習得してもらうのはピペット、ピペットエイドの使い方です。 まずやってもらうと力が入りすぎて”おぼちゃん”みたいな不自然な持ち方になってしまうのです。何度かやってもらいここら辺が自然になってくると一応合格となります。

麻酔科研修に訪れる研修医くん・さんたちのマスク・喉頭鏡の持ち方も自然に見える人は大抵うまくできています。

 

– 次は実験の手順を頭にいれるということです。考えならが実験を進めると手順を間違ってしまうことにつながります。

 

– でも一番大切なのは一回一回の実験の目的の把握とそれに基づいた実験の遂行です。

96 wellのplateを使う実験などではいくら8連のピペットを使っていてもplateの左右・上下では処理に時間差などが生じてしまいます。

実験の目的にあわせて薬剤処理の順番などを決める必要がある場合もあります。一番大切なポイントを決めて実験ごとに微調整できるようになれば一人前ですがこれはなかなか実現は難しいです。何度かパイロット実験をしないと明らかになってこない場合もあります。

 

単純な実験でも議論しながら行うと学生の行動様式が変わってくるので面白いです。

 

この実験思いの外うまくいってちょっと実験を追加して論文にまとめたいです。


読んだ本二冊

一冊目

日本語の科学が世界を変える

世界をリードする日本の科学・技術。その卓抜した成果の背景には、「日本語による科学的思考」がある という仮説から出発した日本の科学論です。

生命科学の領域では、基礎研究でも臨床研究でも少なくとも原著論文は英語で書く場合がほとんどだと思いますが、

ここで英語を「使う」からといって「英語で科学をしている」という言い方はできないと思います。 少なくともぼくの場合、「日本語で考えて」いるしその意味では「日本語で科学をして」います。 留学していた初年度はlabで日本人はぼくだけだったので否応なく英語を使っていましたが「英語で科学をしていた」という意識はありませんでした。

医学教育に限っても日本は日本語だけで6年間の医学教育が可能となっている世界の趨勢から見れば特別な国です。 リアルタイムで外国の最新の知見を取り込むとかそのような必要に迫らなれければ英語が必須な訳ではありません。また最新の知見を臨床現場に取り入れていくことが必ずしも患者のケアの向上につながらないという場合もあります。いくつかの研究が揃ってメタアナリシスができる位に時間的な余裕があれば日本語での解説などもいくつも出てきますし日本語の医学系の雑誌もいくらでも存在して毎号結構興味をそそる特集が組まれます。 それ故独自の進化を遂げているという側面があります。

 

この「日本語の科学が世界を変える」も英語を使わずに日本語で論文をかけというような単純な議論を展開している訳ではありません。

養老孟司先生は実は英語がすごく得意なのだそうですがこんな事を言っています。

英語論文でも、英語と日本語の文化の違いからさかのぼらなくてはいけない。英語論文を書くときに、僕が二つの言語の性質の差を感じるのは、英語の文章を書くためには、日本語で記述するときとは違った部分を観察しなければいけないということ。僕が日本語の頭で観察するでしょ、観察が終わったと思って、今度は英語で書くでしょ、すると、途端にわからなくなって、現物に戻って見直すということがあるんです。なぜなら、英語の文章になるためには、ここが抜けていたら文章にならんというのがあるんですよ。主語が典型的にそう。日本語だったら、主語を省略することだってできる。でも英語では、「はて、主語は何だったっけ」と確認しなければいけない。

この議論と似通った主張も含まれていますがそうでない議論も含まれています。

日本語の科学が世界を変える」 は、一読の価値はあると思います。

 

二冊目

最相 葉月さんの「れる られる

「れる られる」とは、助動詞の「れる」と「られる」のことです。

人の一生で受動と能動の転換点または境目を「生む・生まれる」「支える・支えられる」「狂う・狂わされる」「絶つ・絶たれる」「聞く・聞かれる」「愛する・愛される」の六つの動詞をきっかけに考えた一種の随筆です。

どの章も読むと考えさせられる内容なのですが、第四章「絶つ・絶たれる」研究不正、ポスドク問題を扱っています。絶つ・絶たれるとは文字通りの人生のことです。

医学部の授業で使ったらよいと思う一冊です。

 


麻酔科学会の資料

日本麻酔科学会が後期研修医向けパンフレットを発行しました。

昨年の秋に学会を通じて学会員には配布されていたのですが最近になって学会のホームページを通じて誰でもが閲覧できる形としたのです。

このパンフレットには、「麻酔科医以外の医師は、なぜ、子供に麻酔科をすすめるのか?」というタイトルが付いています。

曰く

麻酔科医、麻酔科医以外の医師それぞれに、麻酔科医の魅力についてアンケートで尋ねたと ころ、どちらも「QOLが高い」という回答がトップでした

麻酔科医という進路選択を語るうえで「QOLの高さ」は見逃せない要素になります

麻酔科医は基本的に集中治療、ペインクリニック領域以外の、いわゆる手術室におけ る麻酔管理に関して主治医になることは、まずありません。ですから、サマリーを書くことも、 まずありません。医師の業務のなかで、詳細なサマリーをまとめる労力と時間は、たいへん大 きな負担になっています。そうした負担から解放される事は、他科の医師から見て「正直、羨ましい」と思われているところもあるようです。

ここでいうQOLとはいわゆるQOLMの事でこれが麻酔科の魅力のトップであると学会が公言するのは問題があると思います。もっと言えば恥ずかしいです。

「サマリー」を書かなくてよいことがそんなに素晴らしいことなのでしょうかそれもぼくにはよく解りません。

やっぱり何か変だぞというような議論はなかったのでしょうか。不思議です。

今日あるブログエントリーを読みました。(『社会貢献曲線』 〜社会インパクトを最大化しようと思ったときに〜)

「社会インパクト」と「スキルレベル」の関係のグラフが書かれていて曲線に「多くの社会貢献活動で必要とされる領域」と「本業の人たちの領域」という二つの領域が存在するとの議論です。

医者にもいろんなレベルがあって「多くの社会貢献活動で必要とされる領域」で働いても社会へ与えるインパクトでは低くなくある意味すごく大きいともいえるのです。しかしこの領域は条件によっては他職種たとえば看護師にとって変わられる可能性も秘めています。「医師免許」に守られているのですね。

 

 

 


PDF

新潮文庫の100冊など

On 2014/5/17 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

〆切を過ぎている某案件があるのですが催促されないことを良いことにすこしじゃなくだいぶさぼっています。 文献も読み込み構成も決まったのですがそこからあまり進みません。 一刻もこの状況から解放されたいのですが…

で〆切のある作業に勤しんでいます。

 

確かに医者はお互いを「先生」と呼び合いますがこれはただ単に便利だからですよね。名前を知らなくても呼びかけることもできるし。

当然臨床実習に来ている学生さんも「先生」呼ばわりされます。彼らだっていまや立派な”Student Doctor”で「免許証」も携帯しています。なのでリスペクトする必要があります。(参照) 

とわいえよく「先生、じゃま」とか看護師さんに注意されたりします。大学病院のヒエラルキーの最下層に位置するのでそれはそれで仕方の無いことです。


職場は大学ですので学生がいます。週に一回は一時間半くらいかけて彼・彼女らといろんなことを話します。 まずは麻酔科診療を経験しての感想を語ってもらいます。なるべくおもしろい話をするように促します。 「期待」に答えてくれる人もいるし「あくまで優等生」的な感想を述べる人もいます。 今週はこれ以上ないというくらいに「麻酔科診療」を絶賛する学生が二人もいて聞いているぼくがすこし恥ずかしくなるくらいでした。

「ニセ医者」の話題を振るときもあります。

時々ニセ医者が摘発されたというニュースも流れますので「ニセ医者」ってかなり広く知れ渡っていますし確実に日本にも今現在も存在すると思っています。

映画「ディア・ドクター」や「サイダーハウス・ルール」にはニセ医者が登場します。映画などで取り上げられるニセ医者はだいだい「名医」です。そうでないとドラマが成立しませんから。

そこで学生さんに「ニセ医者も5年位ばれなかったら医者にしたらどうか?」という考えについて意見を述べてもらうわけです。

いろんな「回答」が出てきます。ここで書いてしまうとぼくのネタがなくなるので控えておきますが皆さんどう思いますか?

ニセ医者とは別で偽医療というのがあるようです。こっちの方が問題は大きいかも知れませんが偽医療の全てが患者を不幸にするという訳ではないとことがおもしろいところです。

 

もう一つ学生さんに「お題」として出すのは麻酔に関してです。

「意識がない患者に鎮痛剤の投与がどうして必要なのかもしかしたら必要ではないのではないのか?」という質問です。

「近代麻酔科学的な模範解答」に近い答えをする学生もいますがその人にはその根拠を尋ねることにしています。 実はその「根拠」はぼくも知りません。明確な「エビデンス」があるのでしょうか?知っている人は教えてください。

医師国家試験で以下の様な問題が出題されたことがあります。

 

50 歳の男性。胃癌に対する開腹手術のためプロポフォール、セボフルラン及び ロクロニウムで全身麻酔中である。皮膚切開を契機として、血圧が上がり脈拍数が増加した。膀胱温 36.5 °C。SpO2 99 %。 追加すべきなのはどれか。

 

a フェンタニル

b ダントロレン

c ニトログリセリン

d スキサメトニウム

e プロプラノロール

 

という当たり障りのない問題なのですが

 

もし選択肢が

 

まずすべきことはどれか

a モルヒネを投与する

b セボフルレンの濃度を上げる

c エスモロールを投与する

d フェンタニルを投与する

e 上級医を呼ぶ

 

だったらどうでしょうか。

 

というようなことで学生さんと一時間位を使います。

 


「カウンセリング」について話題になっている本が二冊あります。

最小葉月さんの「セラピスト」と信田さよ子さんの「カウンセラーは何を見ているか」です。二冊とも読みました。

大学生の時(ということは30年ほど前)に「魂にメスはいらない ユング心理学講義」という本を読んで結構影響を受けたこともあります。

 

このようなカウンセリングについてのぼくの最大の疑問は要するにカウンセリングって何のためにするの?って事でした。

 

ぼくの医学部の同級生で登山会でも一緒だった鈴木康広くん(以下鈴木)という精神科医がいます。 彼は精神科の医者なのですが何を思ったのかスイスのC.G.Jung Instituteに留学してDiploma (ユング派分析家の資格)を取得したのです。「セラピスト」で取り上げられている河合隼雄さんもC.G.Jung InstituteのDiplomaの保持者だったそうです。鈴木は、 帰国後、北山にカウンセリングのためのクリニックを開き開所式にはぼくも呼んでもらいました。現在は仏教大学の教授として臨床心理士の養成にも関わっています。

 

「結局、カウンセリングって何のためにあるの? 例えばぼくがカウンセリングを受ける意味ってあるの?」と尋ねると鈴木は迷わず「カウンセリングは人がより幸せになるために受けるものだ」と答えてくれました。 それでぼくは納得していました。

 今回ちょっと調べたのですが日本ではユング派の分析家ってごく少人数しかいないみたいです。すごく希少価値があるんですね。(参照

そう考えると鈴木もなんとなくすごい。だからといってぼく自身が鈴木の前で箱庭を作るのはちょっと嫌だなと思ってはいます。

 

セラピスト カウンセラーは何を見ているか (シリーズケアをひらく)

医師でないカウンセラーが統合失調症の人やアルコール依存症の人を診るのはぼくには少し抵抗があります。それはぼくが医者だからだと思います。セラピストで取り上げられている河合隼雄さんは医者ではないですけど中井久夫さんは医者なのです。


先日手術室の廊下を歩いていたら麻酔科の専攻医さんから突然「先生って新潮文庫の100冊ぜんぶ読んだって本当ですか?」と聞かれました。

本当です

でもそれは1995年の100冊です。 米国にこのCD-ROMを持っていて読むものがないので結局読破したのです。

『楡家の人びと』『二十歳の原点』も入っていました。『塩狩峠』 『錦繍』ははこれではじめて読みました。

『桜の園/三人姉妹』『嵐が丘』、もちろん村岡花子訳の『赤毛のアン』も入っていたので何度か読みました。


学会だそうですが三日とも病院におります。

夜とか結構時間はあったのですがとにかく会場に行かないとどうにもなりません。講演などはネットで視聴できるようにできないものかといつも思います。意欲がないので調べていませんが、もしかしたらそうなっているのでしょうか? 

実は以前ぼくの話をネットで中継して良いかと学会に訊ねたことがあるのですが断られたことがあります。それでも一部の講演のビデオは公開したりしていてよく解らない対応です。

とにかく学会の運営は学校の先生がやっていただけではうまくいかないと思います。


PDF

ぜんぶ雪のせいだ

On 2014/2/8 土曜日, in anesthesia & critical care medicine, by bodyhacker

雪が降るとの天気予報で昨晩の八時過ぎには結構な量の雪が本当に降っていて二時くらいに寝る前に外を見たらかなり積もっていたのですが朝起きると雨・みぞれになっていて積雪としては大した事がないというすこし「残念」なことになっていました。 それでも雪が積もって風が吹くと体感温度は低くなります。

朝から最寄り駅のスタバで仕事をしようと思っていたのですが書き込みをした原稿を大学の研究室に忘れて出たことが発覚。雪が降り出したら困ると思い慌てて出てきたのです。ぜんぶ雪のせいです。

今日から医師国家試験だということです。三日間の長丁場です。試験中には気晴らしというものは無いから大変だろうなと思います。そもそも長時間椅子に座っていること自体一苦労です。

 

カメラロール-1537

 


New York Timesに“A solution for bad teaching”というエッセーが掲載されていました。 著者はAdam Grantさんというペンシルベニア大学の心理学の先生です。”Give and Take: Why helping others drives our success”と題する著書を出版しています。

冒頭の一文は”It’t no secret that tenured professors cause problems in universities”。

つまりよい研究者がよい教師とは限らないという、よくある話から説き起こされます。 いくつかの研究では”the relationship between teaching and research is zero”という結果が出ているのだそうです。うなずける話ですですね。一部のスター研究者の醸し出す教育内容とは別物の「効果」はあると思いますけど。

それでこのエッセーはこの状態をどう解決していくかというお話です。

研究のみを行うポジションと教育のみを行うというポジションに分けてしまう。 しかし現実には第三の形態である研究も教育も行うポジションが存在するわけです。 このバランスをうまく取ることが最良のパレート効率性を得るために重要だというありきたりといえばありきたりの話ですが短いし一読の価値はあると思います。教育は真剣に取り組むとすごく労力を消費します。

前の職場では余り意識しなかったというか何も考えていなかったのですが今の職場では結構な加重です。

 

医学部とか医科大学では研究と教育に加えて臨床という業務が普通は加わります。全ての分野でよい教師であることは不可能、と思っています。

医科大学は第一義的には職業訓練校です。基本的な知識を授けて学生はその習得度を評価されます。その成果が最終的には医師国家試験で試されます。

実をいうと今年までぼくはよく知らなかったのですが学生でも国家試験予備校の授業を受講したりするのだそうです。 であればあらかじめそのような授業のビデオを大学での講義で使ってはいけないのでしょうか? そうでなくとも各学会などが内容、出演者などを決めてビデオを作成してそれを通常の講義で利用する。 ぼくは人前で上手に話す能力が極端に低いので上手に話すことのできる人に講義をしてもらうととても助かります。専門医を取ったくらいの見た目のよい上手に話すことのできる先生方を「講師」として投入すれば学生も喜ぶのではないかと結構本気で考えています。何とかなりませんかね。

職場は医科大学でーぼくは教職の免許はもっていませんが学校の教員です-1月の末から3回生の学生さんが5週間の予定で麻酔科学講座で研修をしています。5週間(プログラムによっては三週間)、基礎講座を含む各講座に学生さんが配属されてその教室の「日常に浸る」ことで何かを感得して頂くという趣旨だと理解しています。なので臨床実習の「先取り」をするということが趣旨としては目的ではありません。 実習ですので最終的にはレポートで成果を報告する必要があります。 この活動は今のぼく-来年度であれば問題は解決していると思います-にとっては結構な負担なのですが一方すごくよいチャンスだと思っています。

とにかく彼らとよく話します。

「某」幹細胞の話をしていてクローン人間の話題になったときにKazuo Ishiguroの小説”Never let me go”を読んだ事があるかと尋ねると「ない」ということで急遽 映画”Never let me go”を観ることになりました。 ぼくも久しぶりに観たのですが気合いを入れて観るといろんな気づきがありました。 その後解説をして議論を小一時間行いました。 (こういった活動をレポートにしてそれで受け入れてもらうと助かるのですがこれは無理かやっぱり)

お昼も大学の食堂で一緒に摂ることもあって、今まで知らなかった職場のいろんなことを学生が教えてくれます。ぼくにとってはこれは新鮮で今回の大きな収穫です。

 

さっきのNYTのエッセーによれば、米国では寛大な先生の評価は低いのだそうです。どんどん学生に負荷をかけていく先生の方が学生による評価は高い。要するにこんな先生!?

 

ところで、医者を目指す学生にはクローニンとは云わなくとも「罪と罰」とかくらいは読んでおいてもらいたいとは思います。

今の学生は医者になるという目的意識が明確なのでそれでいいのかもしれないなとは思うときはあります。 ぼくはまったくそのような意識が欠落したまま医学部に入ったので在学中にそのような意識を涵養するということが一つの課題だったのです。


昨日の夜始めて知ったのですが世の中では「ゴーストライター」が話題になっているのだそうです。 いくつかのブログエントリーを読みましたがどうもピンと来ません。理由を考えると要するにぼくは問題となっている「音楽」を聴いたことがない音楽に何ら造詣が高くないのです。 どうにも判断しようがありません。

少なくとも自分の専門分野であればそのまんま騙されてしまうということは少ないかも知れません。 専門分野であれば何らかの評価を下すし、その範囲で全体の胡散臭さとかも何となく感じてしまいます。もっと正確におかしな点をピンポイントで指摘できるときもあります。とにかくどの雑誌の載ったとかどこの研究室から出た研究だとかにあまり惑わされずに研究を咀嚼できると思います。これは 基礎研究の分野でも臨床医学の分野でも同じです。あれだけ明確なのに、何で皆がその胡散臭さに気付かないのかがぼくにとって不思議だと思う場合もあります。誰とかどれとかは云わんけど。

小林秀雄に「骨董」「真贋」という文章があります。 こんなときにいつも思い出します。

以前に少し書いたことがあります。(参照1, 参照2)

 


New Yorkerに載っていたこれ 読んだら背筋が凍りますぜ。

ANNALS OF SCIENCE / A VALUABLE REPUTATION


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License