今日もなんとか20時には研究室にたどり着きました。
4kgあると心安らかなのですが2kgない子の麻酔はすごく精神力を消耗しますね。

フォトストリーム-971

「がんとハイポキシア研究会」が11/26, 11/27に東京目白の学習院大学で開催されました。
今回で9回目です。
第1回の研究会-京都で行われました-の時代にはhypoxia-inducible factor 1って何?とかいう人が世の中に満ちていたし,HIF-1知っているよというクラスターの構成員でも「HIF=”低酸素”の印」という素人的なイドラに陥っているがたくさんいました。
この9年の間にHIFを知らない人は少なくとも生命科学の分野ではどんどん少なくなり低酸素でないHIFも浸透してきましたーこれをぼくらの研究会の貢献だと言いたいけど言うつもりはありませんけどー。
しかし,この分野基本的な問題でありながら解かれていないものはたくさんあります。そういった所をうまく補っていく研究をぼくはしたいと思っています。

こんな研究会ですが次回で10回目です。節目なので何かそぐう企画を近藤先生が考えてくれると思います。

今回での講演は三人の化学者の方々にお願いしました。

  • 花岡 健二郎先生 東京大学大学院薬学系研究科薬品代謝化学教室 動物体内を可視化する近赤外蛍光ケミカルプローブの分子設計および開発
  • 中村 浩之先生 学習院大学理学部化学科 がんの低酸素環境応答と分子標的
  • 永澤 秀子先生 岐阜薬科大学創薬化学大講座薬化学研究室 がん微小環境モジュレータの創製を目指す創薬研究

考え方とかアプローチが違うのですごく新鮮に思えました。

http://farm8.staticflickr.com/7019/6418271039_04f1200f4c_m.jpg

今回の会で知ってびっくりしたことを列挙してみます。

  • 研究室で使う位の量の化合物はベンチトップでヘルメットを被るでもなく合成できるのだということ。また一人で数百の化合物を作ってしまう学生さんがいるということ。
  • 東大の薬学の花岡さんは東大の麻酔科の花岡先生の息子さんだということ。
  • 学習院大学のグラウンドは朝から晩までホッケーかラクロスがやられていること。
  • 実は中村先生がぼくより若いという事。
  • 山の手線ではau-iPhoneに○が出て3Gに戻らなくなることがあること。
  • 関東の大学はしつけのよい学生さんばかりだと言うこと。
  • 関東の大学の院生はしゃべるのがとてもうまいということ。
  • 門之園,口丸両氏が学生さんを焚き付けて下克上を狙っていると言うこと。
  • 慶応の田久保さんが相変わらずさわやかなのに同じ慶応でも…の人がいること。また…な人に本来さわやか系の東大の武田さんが毒されていると言うこと。

などなどです。

フォトストリーム-910

京都からのお上りさんには東京は刺激が多すぎますね。


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License