Lacker賞関連の紹介論文

On 2016/9/21 水曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

iMacの話

いったん完全復活と思っていたiMacが二週間後再度初めの症状がすごい頻度で出るようになりました。

またもやAppleに回収してもらい今度は、ロジックボードの交換とチェックで問題が発見されたメモリー交換をしてもらい戻って来ました。 原因はメモリーだったとぼくは決めつけているのですが、また二週間ほどすると再度症状がでるのではという恐怖に苛まれつつ現在問題なく作動しています。

この間iMac無しで何とかなっていたのですがやっぱりあの画面で作業すると落ち着くというか本来こうあるべき感がわいてきて捗りますね。

と書いたところで再度奈落へ突き落とされました。顛末は後ほど。


Lacker賞関連の紹介論文

Lacker賞関連の論文をいくつか紹介します。 いわゆる超一流誌に発表された論文で全てfreeで読むことができます

NEJM

The Hypoxia Response Pathways — Hats Off!

M. Celeste Simon, Ph.D.

 

JAMA

Pathways for Oxygen Regulation and Homeostasis

William G. Kaelin Jr; Peter J. Ratcliffe; Gregg L. Semenza

3人の共著!?論文です。

 

JCIには

William Kaelin, Peter Ratcliffe, and Gregg Semenza receive the 2016 Albert Lasker Basic Medical Research Award

Jillian H. Hurst

 

Cellは豪華版です。

Into Thin Air: How We Sense and Respond to Hypoxia.

Thompson CB.

に加えて

Karen氏とRatcllife氏の対談的インタビュー

Semenza氏のessay

 

今回の,受賞理由は1990年代の研究に基づきます。

HIF-1研究の初期から酸素分圧の低下に依存しないHIF-1の活性化の研究が続いていてこのラインの研究ががん研究とマージしたことがHIF-1の学問がblakeした理由だと理解しています。

PHDのcloningの論文が発表されたときもGreggはアレが本当の低酸素のセンサー分子であるかどうかは解らないという感想を述べていました。

PHD(PHD2)の発現はHIF-1により亢進することが知られていてそのような性質の分子を「センサー」とゥ呼ぶのが適切か解らないという意見です。まあ格好はいいわけですが。

それを割り引いてもHIF-1活性化のbona fide hypoxia senserの実体はいまだ藪の中だとぼくは考えています。

 

またぼくはこの論文この論文をすごく評価しています。

 


を読みました。 15曲は

  • 名もなき詩
  • 私以外は私じゃないの
  • 君の名は希望
  • Story
  • 会いたくて会いたくて
  • 誰かの願いが叶う頃
  • 天体観測
  • キラキラ
  • 閃光少女
  • おしゃかしゃま
  • Dearest
  • A new one for all, All for the new one
  • Believe
  • RPG
  • YELL

です。

 

ぼくはAmazon Prime会員なのですがプライム・ビデオ サービスがついています。

最近旧いテレビドラマ「鈴木先生」にはまっています。

終わりに流れる曲は馬場俊英さんがカバーした「僕が僕であるために」。

尾崎豊の曲をまとめて聴くともう哲学する必要もないくらいストレートでしかも美しい。

 

ところで今日

ホント腹が立ちます。

研究にも無数の段階がありますよね。

 

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない

正しいものは何なのか

それがこの胸に解るまで

ぼくは街にのまれて

心許しながら

この冷たい街の風に歌い続けている

 

明日も頑張ろうっと

 


iPhone7

 

などとつぶやいていたのですがiPhone7にしました。

替えてみると

速い

広い(画面が)

きれい(写真が)

余裕がある(256GB)

 

で大満足状態です。

ちなみにつや消しの黒です。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License