Shake It !!

On 2015/5/2 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

研究室の皆と隔週でジャーナルクラブを開いています。(参照)

3月までは3人でしたが4月からは7人に増えました。順番が廻ってくる頻度が減ります。

この前の回はY口さんが担当でした。 4/18-4/22までフィラデルフィアで開催された“AACR Annual Meeting 2015”に参加されたのですが、いくつかトピックスを紹介してくれました。 その中で、強調していたのは癌の免疫療法でした。

ここ数年というかほんの少し前から爆発的に進んでいる癌の免疫療法がいよいよメインストリームに乗ってきているという話です。 癌の免疫療法といえば少し前までは結構いかがわしい感じを醸し出していたものでしたが今では全く様相が異なります。

5年もしないうちに現在行われている癌治療は全ての癌で根本的な見直しをうけることになると思います。

これは明確な革命だと思います。

ご老公に某N賞いくかもしれません。

すべての写真-1765


Precision Medicine

Nature誌に Personalized medicine: Time for one-person trials というタイトルの文章が掲載されていました。

Precision medicine requires a different type of clinical trial that focuses on individual, not average, responses to therapyという内容なのです。

著者が”Imprecision medicine”と呼ぶものの代表として様々な薬剤のNNT(number needed to treat)が取り上げられていました。

例えば胸焼けというか逆流性食道炎に対するesomeprazoleのNNTは25です。また喘息におけるfluticasone propionateのNNTは20です。 フルタイドでさえNNT=20 !!

多くの患者は本人にとって効果の薄い薬剤を投与されているという現実があるわけです。

Precision medicineが真により精密になりある特定の個人にとって無意味な処方を含む療法があると解かるようになればそんな療法は止めてしまう方が良いことになります。

ある薬剤の効果を患者集団で比較して有効性を判定する従来型の臨床トライアルと並立して個々人に焦点をあてたN-of-1 trialsがもっと推進されるべきだというわけです。 主張には十分説得力があると思います。

麻酔科の医者が使う薬は、NNT=1かつ5分以内に効果が現れるというストロングディシンがほとんどなのですがステロイド剤、ニコランジル、シベレスタットなど効いているのかどうなのかよく解らん薬もいまだ結構使われています。最もこれらは麻酔のためというより広い意味での周術期管理のために使われている薬剤なのでどうでもいいともいえるのですけど…

症例報告が結構好きです。皆がもっと気軽に自分が臨床現場で経験したことを明らかにしたらよいと思います。某学会は症例報告は原則受け付けないのですが麻酔記録ベースのケースカンファレンスを20名くらいのグループで行うようなセッションをいくつも作ったらどうかと思います。 朝7時くらいから朝食付きでやるのですが結構集まるし盛り上がるのではないかと思っています。

しかしこういったことも英語でして少なくとも検索にかかる形で公表しないと折角の価値が下がると思います。


プロポフォールの使い方

今日麻酔をしていてある事に気づきました。 Diprivanというpropofol製剤があるのですが、添付文書や箱に「使用前にアンプル又はバイアルを振盪すること」とあったのです。

最後に追加した項目-499

ちょっと気になったので別の会社が出している別のpropofol製剤の添付文書を確認するとやっぱり「使用前にアンプルまたはバイアルを震盪すること」とありました。

今まで「震とう」など意識的にしたことは無かったのですが用法を誤っていたことになります。あくまで「震とう」なのでshakeするのではないとは思います。

とにかく添付文書が絶対だとしたら… これが原因で、特定機能病院を取り消されたらどうしよう。


評判の「進化の謎を数学で解く」を読み始めました。明日の朝の出勤の電車で読み終わる見積もりです。 確かにこれは面白いしタメになります。

書店で山下和美先生の「ランド」が単行本で出ているのを発見しました。最近コミック雑誌をフォローしていないので見落としです。

進化の謎を数学で解く  ランド 1 (モーニングKC) (モーニング KC)

 


MacBookのキーボード

ちょっと前に思い出したようにMacBookを触りにApple Storeに出かけました。

新型のキーボードはぼくには良さそうです。ぼくは手が小さいのでしっかり押し込まないといけないキーボードでは抜けてしまうストロークがあるんです。触る感じで確かに反応してくれるこのキーボードは合っている様な気がしました。

今のところMacBookは必要が無いので今回はパスですがキーボードだけ発売してくれたら買います。


今日も出勤で明日もまる24時間病院に滞在です。 落ち穂拾いするしか能がないので仕方ありませんね。

 

すべての写真-1761

こよりのどらやき です。阪急百貨店の9階にあります。

PDF

ただひたすらそれの繰り返し

On 2015/3/31 火曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

手術室でコケた話

年度末シフトで昨日当直でした。 結構「働いた感」がある当直となりました。

床のモノを拾おうとして体勢を崩したり、あるはずの椅子に着地できずに後ろに倒れたりとか、その度にその場の先生方や看護師さんに「大丈夫ですか」とお声をかけられ「大丈夫でぇーす」と応えながら… 電池切れで筋力低下をきたしていたのだと思います。

今日くらいには「昨日のひろた先生ちょっとやばかったんじゃない」とか言われているかもしれません。別に酔っていたわけではありません。

IMG_4913

麻酔後に夜桜見物をしました

ただひたすらそれの繰り返し

 

土曜日と日曜日にある研究会に参加しました。

 

特別講演の講師として登壇していただいた先生は、ぼくが大学院生の時にCold Spring Harbor Meetingに参加した折に途中Palo Altoに寄り道した時に当時麻酔科からStanford大学に留学してたN波さんと一緒にお茶した方でした。昔から立派な方でしたが、今ではトンデモない大きなお仕事をされていて講演内容も素晴らしいものでした。

 

懇親会などでお話しさせていただき昔、自分が大学院生だった時のことを思い出して一気に時間が20年ほど戻ったような気がしました。

ぼくは結構なハードワーカーでした。 何を考えてそんなにムキになってやっていたのかよく覚えていないのですがともかく「実存」が懸かっていたのだとは思っています。行けと言われたアルバイトも断ってやっていたので 家内もよくついてきてくれたなと今では思います。

院を終わったら直ぐに助手(今の助教)になったのでそれ以降やりたいだけ実験をするということができなくなりました。

 

病院でも今の言い方で言えば「社畜」のように働いていました。時間外手当などもらっていた記憶はありません。今の研修医の先生には想像も付かないくらいに働くというかなんというか手術室でうごめいていました。当時はそれがあたり前でした。疑問など持ったこともありませんでした。

 

そういっても、一番の推進力は、基礎研究も臨床もぼくにとって「面白かった」ということだったと思っています。

研究室でも手術室でもそれなりにつらい事はあったわけでいわゆる「トラウマ」を今でも抱えてやっています。

特別講演の講師の先生ですら「コールドルーム監禁事件」と自ら呼ぶトラウマ的なエピソードをお持ちなのですが見事にそれを現在に昇華させておられました。ぼくの場合はトラウマはネタにしかなっていません。

そんなこともあり、N波さんにmail書いたら脳天気な返事が返ってきました。昔から本質的に変わらんね、あの人は。

ぼくも、去年家内にまた実験はじめたと話したら「もう好きにして、あんたには何も期待しいないから」とご託宣をいただきました。

 

ここまで引っ張ってきた今回書きたかったことは「かくかくしかじか」の事です(以前書いたことがありました)。

その「かくかくしかじかマンガ大賞2015受賞受賞です。

同時に最終巻も刊行です。ぼくはKindle版で読んでいるのでまだ最終巻は読んでいないのです。

仕方ないので1-4を読み返していました。

 

ぼくも新幹線便使わせられたことがありました。(4巻参照のこと)

 

絵を描くということは

木炭にまみれて 絵の具にまみれて

ひたすら手動かして 思い通りにいかなくても紙の上で

もがいて もがいて

もがきつつけるうちに偶然なのか必然なのかごくたまにほんの一本自分が納得いく線が見つかる瞬間がある

その一本を少しずつ少しずつつなげて重ねて

ただひたすらそれの繰り返し

ちょっとほろっとします。

いっそ紙の方も買っちゃおうかと思案中です。

IMG_4914

五月山のさくら

〆切の重圧があったのですがついつい書いてしまいました。

何となく断りがたい査読をウケてしまい苦しんでいます。

 


PDF
Tagged with:  

麻酔を医者がしないといけない理由

On 2015/3/8 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

日当直です。

今まで二回の出動要請があったのですがいずれも一時間かからず決着がつきました。

某切開術28分で終わりました。

【追記】結局もう一回出動しました。今度も65分。

IMG_4568


R

某測定結果のfileが100近く溜まってどう整理したものかと途方に暮れていました。 データは時間と数値だけで構成される極単純なものなのですが、PCにはlegend付きのcvs形式で吐き出されていました。 Excelで開いてlegendの部分を手動で取り除けば良いのですが100もあると面倒だ、また0.2秒に一回測定結果が出力されているのだがこれを1秒ごととか5秒ごとの任意の間隔で取り出したいといこともあり、これまた手動でやってやれないことはないのだろうけどやる気にはならないという事がありました。

恥を忍んで後輩君に相談してみたところたちどころに、pythonで動くスクリプトを書いてくれて動かすと瞬時に解決。ちょっと感動するレベルでした。

一生ついていこうと決意しました。

 

整形され新たに生成されたファイルをまた一つ一つRで読み込んで解析しているのだがこれもなんとかならんかなーと…

今回すこし勉強してRでone-way ANOVAしてPost-hoc検定できる位にはなりました。これだけなら簡単ですね。

”P値”が出るのが良いです。でも<0.001だと”<0.001”とでちゃうんだけどどうすればいいのだろうか。

今度、メタアナリシスできるようになりたいです。

すべての写真-337


麻酔を医者がする理由

麻酔って日本じゃ医者がすることになっているのですが、その理由付けが今ひとつ自分の頭の中ですっきりとしなかったということがありました。

土曜日に、「麻酔科医が医師でなければならない唯一の理由は必要があれば対等な立場で発言できること」というtweetをみてああそうかと思ったのです。 「必要があれば対等な立場で発言できる」ってうまいこといいますよね。

関東の某国立大学の腹腔鏡手術だって麻酔科の医者が全例つぶさに術前・術中・術後の過程を見ていたはずなんですよね。

このtweetはぼくが医者としてはじめて担当した手術麻酔を横で指導してくれた先生のものでした。 この時、静脈確保で16Gの留置針を持たされぼくは失敗してしまったのです。


Google Scholar

自分の論文が引用されるとe-mailで教えてくれるというGoogle Scholarのサービスがあります。

結構な数の論文に引用されていてびっくりします。この一ヶ月で50回くらいの感じです。

でも引用されるのはいくつかの論文に集中していてh-indexの上昇は頭打ち傾向です。

 

IMG_4576


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License